Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:せかい。( 158 )

バルセロナ観光2日目は、バス観光からスタート!ゲホ、ゲホ・・・

e0075832_17394427.jpg
目的地① モンジュイック展望台

展望台って言うの?ただの見晴らしが良い丘の上ってウワサもあり。
海方面と街方面が見渡せるんだよぉ~。天気がイマイチだなぁ~。


サグラダ・ファミリアは街の中にボコっと建ってるのが分かるねぇ~。
地中海には客船がズラリ。魅惑の響きだわぁ~、地中海♪

e0075832_185286.jpg
目的地② Hospital de Sant Pau

すでに病院機能は移転しちゃったらしいけど、数年前まで活躍してた病院なんだって。中も見学できるらしいよぉ~。


モンタネールっていう人の設計。当時はガウディより有名人だったんだって。
正面玄関で後ろを振り返ると、サグラダ・ファミリアが見えま~す。

e0075832_1945948.jpg
目的地③ Sagrada Família

最大の目的地よね!向かいの公園で写真撮影。
大きいから離れないと全形が写真に納まらない。この公園、イイ仕事してるわぁ~。


ちなみに・・・
市内観光バスツアーなんで、コロンブス記念塔とかスペイン広場にも行ったよ。
バスの中からチラーーーーーーっと見るだけなんだけどね(T◇T)
あと、グラシア通りを歩いたんで、チョコっと写真撮れたりはしたけど。
まぁ・・・どこもオマケ程度だわよね。メインは上記3ヶ所っす。

ただ、重要なのがサグラダ・ファミリアですよ!入場が出来る手はずなの!
しかも、入場制限のある塔に上るエレベーターチケット付きΨ(`▽´)Ψ
e0075832_19202420.jpg

あのねぇ・・・ビックリした!!!!
サグラダ・ファミリアって工事中だから、中は埃っぽくて暗いものかと。
ほら、日本人の彫刻家・・・だっけ?の人。
その人のドキュメント(だったかな?)を観た時、まさに工事現場だったの。
まぁ、観たのがかなり昔の話なんだけど。でも、絶対に埃っぽそうだった!

それが、こんなにも美しさに圧倒されるなんて!!!
本当に幻想的で息を飲む美しさだった!心臓がバクバクっすよ!!!
いつか完成したら、生きているうちに完成したら、絶対に再訪したい!

まぁ、内側はまだしも、外側は超工事中っぽさムンムンだけどね。

e0075832_0511516.jpg
塔に上ると遠くから見るだけぢゃ分からないディテールまで分かるね!
豊穣の作物だと思うんだけど、よく見るとタイルっぽいのでモザイク作品になってるんだね!
意外と鮮やかな色も使われてるんだなぁ~。


思った以上に満喫して、想像以上に時間をかけて見学終了。
いや・・・見学終了せざるを得ない状況っす!次の目的地↓に急げっ!!!

e0075832_1152553.jpg
Palau de la Música Catalana

ガイドツアーに参加しないと中には入れないってコトで、事前予約してみましたぁ~。時間が決められてるんで、ココまでダッシュでしたのよ。


気付けば外観の写真が・・・あんまりないねぇ(T◇T)
ココは、サン・パウ病院と同じモンタネールの設計。モデルニスモ建築だって。
リハーサル室で簡単なビデオ上映を観てから館内見学スタート。
(↑もちろん英語なんで、ぴよまめは写真撮影班として参加。)

e0075832_1231911.jpg
現役で使用されているコンサートホールなんだって!すごいよね!!!

ガイドブックの写真で見た通り、きらびやかで綺麗なのよぉ~。大ホール天井のステンドグラスはため息もんですってば。

ただ、なんかねぇ・・・すっごいゴテゴテしてるの、全体が。


金ピカ系の派手さとはまた違った派手さなのよ。そう、ゴテゴテしてるの。
彫刻もゴテゴテ、色使いもハデハデ。現代建築だったら趣味を疑うかも。

とは言え、豪華絢爛ですっごく綺麗だったのは確か。
ツアーに参加しないと中には入れないけど、参加しなくても入口から少し奥に
入っていけるから、時間があったら来ても良いんぢゃないかと思う。
外観だけでもゴテゴテ感は感じられるしね<( ̄▽ ̄)ゞ

カタルーニャ音楽堂の売店で小腹を満たしたら、すぐ移動っ!徒歩15分!

e0075832_12261132.jpg
Palau Güell

事前予約チケットは時間指定ないんだけど、閉館時間を考慮してダッシュで来たってワケ。じっくり見学したいもんね。
チケット購入のすごい行列を横目にサラっと入場。


よぉ~く見ると、凝った格子だったり、屋上に変なオブジェがあるんだけど、
パッと見た感じでは派手さもないし、行列がなかったら通り過ぎちゃうかも。
(↑この写真は最終入場時間過ぎてから撮ったんで、人がいないだけ。)

e0075832_12354741.jpg
外観の印象と同じで、中に入っても地味な印象。部屋の柱や格子、飾りに使われてる鉄材の黒と、木材の茶色。
色と言えば、装飾の金色と、少しのステンドグラスくらいぢゃないか?(←実際にはタイルとか色物あるよ。)
細部まで拘りが強くあって、さらに機能的にも考えられた建物なんだと思い知らされる。


入口は馬車が入って来た時、うるさくないように木材が使われてたり、
乗り降りし易いように台が備え付けられてたり。
馬車庫のなんて、防虫でセラミック素材が使われてるんだとかね!
変な形の柱も、実は強度を考えられてるデザインだとかね。

屋上にある不思議な形したカラフルな煙突も、素材に拘ってるんだよ!
(↑どっかの何かを再利用したんだって。)
(↑再利用品の方が機能性が高いってコトらしい。)

『ただの変な形の建築を造る人』ってイメージだったんだけど、違ったよ。
考え抜かれた機能性と、拘り抜かれたデザイン性。共に求めるのは大変かと。
ガウディの才能を理解したグエルと、一緒に造り上げた職人達。スゴイっす!

サロンを初め、どの部屋からも楽しめるパイプオルガンは、
定期的に音楽が流れるんで、ぜひ楽しみたいトコロΨ(`▽´)Ψ

さささ、閉館時間なんで、ゴハン↓食べに行こうかと。お腹すいたーーー!

e0075832_13472225.jpg
Les Quinze Nits』。
行列ができてたけど、2人だったからかツルっと入店。ラッキーだ!

やっぱり、1度はパエリア食べたいよねぇ♪
パエリアは注文してから出てくるまでに時間がかかるみたいなんで、前菜を1品。2人前からのパエリアを考えると1品で十分。


イカ墨パエリアが美味しいらしいけど、初心者なんで素直にミックスパエリア。
お肉も魚介も入ってて、食べ応えのある1品。まぁ、普通に美味しかったよ。
(↑飛び上がるほどの美味しさを求めたらダメだと思うけども。)

隣に座ってた陽気なアメリカ人夫婦とぴよダーが会話してたんで、
久しぶりに楽しい食事となりましたぁΨ(`▽´)Ψ
(↑海外の観光客が多いらしい、このお店。)

お店のあるレイアール広場にある街灯は、ガウディ初期の作品なんだって。
行列に並びつつ、見に行ったら良いんぢゃないかと思うよーーー。
(↑ぴよまめは・・・見損ねたけどね。)
(↑いや、なんとなくは見たんだけど、意識してなかったんだな。あはは。)

やっぱり、下調べは重要だね☆
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-14 14:10 | せかい。 | Comments(0)
おはようございます・・・朝早いです、結構(T◇T)
朝から時間に追われてるのです、なぜならグラナダに来た目的地↓に行くから。

e0075832_17395511.jpg
La Alhambra
市内からはバスで10分くらいかな。意外に近いんだけど、坂を上るから歩くのはなかなか大変だと思う。
入場時間が厳しく制限されてるんで、事前のチケット購入がオススメ。


しっかり事前に予約購入してあったんで、現地でチケットに引き換えて入場。
この予約時間が曲者だったぜーーー。
メインのナスル朝宮殿に入る時間なんだけど、入場口から結構遠いんだ!
しかも、微妙に迷子になったから時間ロスしちまったぜヽ(;゜Д゜)ノ

チケット引き換えたり、オーディオガイド借りたりするコトを考えると、
予約時間よりも1時間くらい早く行っても良いんぢゃないかと思うよ・・・
本気で敷地↓広いっす。
e0075832_1894054.jpg

ナスル朝宮殿・アルカサバ(軍事要塞)・ヘネラリフェ(別荘)の入口でも
チケットのチェックがあるから、無くさないように気を付けないとね!

基本的に超ーーー細かい細工があるイスラム様式の建物。
部屋数もたくさんあるし、完成させるのはどれだけ大変だったかと思うよ。
色タイルが使われてたり、すごくお洒落なんだよねぇ~。

ここもイスラム教からキリスト教に変わった歴史があるんだね。
宮殿入ってすぐのメスアールの間にあるタイル。
幾何学模様のタイルなんだけど、改築された時に紋章が加えられたらしい。
この他にも、キリスト教と結び付くシンボルが入れられたんだって。

基本的に、イスラム様式の宮殿を壊すことなく、そのまま使ったみたい。
まぁ、壊して造り直すのも大変そうだしね。

それにしてもオーディオガイド・・・説明が長い(T◇T)
プラド美術館の優秀なオーディオガイドを見習って欲しいよぉ~。
時間はかかるし、何よりも話が長過ぎて全部理解するのが難しい。
1回聞いただけでよく分からなかったから、リピートするんでさらに時間が。
悪循環だよねぇ~。
(↑しかも、イントネーションが変だったり、つっかえたりする有様・・・)

アルカサバからはグラナダの街が見下ろせて気持ち良かったよぉ~。
ヘネラリフェは別荘って言っても近くにあるのね。別荘よりは、離れ的な?

今回、なんと!6時間も滞在するという贅沢な時間の使い方よねぇ~。
基本的には室内だから良いけど、庭の見学は暑いし、歩きっ放しで疲れたぁ!
頑張って早起きして、朝早くから見学して大正解だったね!

喉乾いたし、お腹すいたし、ゴハン食べよう!サングリア呑もう!

e0075832_19291133.jpg
Blanca Paloma, Centro』。昨日の反省を生かして事前にチェックしたわよ!
無料タパスは、茄子の揚げ物。スライスした茄子がカラっと揚がっててウマシ!サングリアがすすむよねぇ~♪
葉っぱ系と予想して注文したcogollos。にんにくと酢、オイルのシンプルな味付けだけど超ウマシ!


2杯目以降の無料タパスは、立ち呑みゾーンの人にしか出て来ないらしい。
このお店だけのシステムなのかは不明だけど。
(↑でも、お兄さんが親切でキャベツだけ出してくれたぁ♪その優しさに感謝!)

ホテルに帰る途中、Capilla Real↓をサラっと見学。

e0075832_2055257.jpg
中は写真撮影禁止なんで、サクサク見学できるね。
アルハンブラ宮殿にも縁深いイザベル女王のお墓があるの。地下には棺もあったよ~。
美術品も必見!


なぁ~んだ、写真撮れないのかぁ(T◇T)と、プラプラ見学してたらっ!
プラド美術館にあった絵のレプリカがあったのっ!!!
『どっかの教会が持ってた本物の絵とレプリカを交換してもらった』って絵よ!
ココだったのか、奇特な教会っていうのは。いやいや、興奮したぁ~!

この後、バルセロナまでの移動は飛行機。空港まではバスがあるんだけど・・・
今日は土曜日・・・16時過ぎに空港行きのバスが終わったらしい(T◇T)
早過ぎやしないか?と、思っていても仕方ない。タクシー使いましょ。
(↑バスの時間はちゃんと調べておこうね☆っていう教訓。)

VLG2015(19:00)でバルセロナまで。空港からはお馴染みrenfeで移動。
(↑空港からrenfeの駅までは連絡バスで移動。この駅が超ーーー暗いんだ。)
(↑財政難ぢゃないかと無駄な心配をしちゃうほど暗い。暗過ぎて怖い。)

e0075832_20362769.jpg
Hotel Acta INK606』。気付いたらホテルの写真が少ない!

都会のホテルって感じだよねぇ~。設備は最小限だけど、コンパクトにまとまってて使いやすい。
シャワースペースの仕切りが優秀で、豪快にシャワー使っても水浸しにならないのが嬉しいトコロ。


近くにスーパーがあるのは、お土産を買ってホテルに戻れるから嬉しいよね。
周辺にはお店が色々あったらしいんだけど、散策できなかったのが残念。

ちょっと遅くなっちゃったし、調べるのも面倒なんで近場で適当にゴハン↓。

e0075832_2055977.jpg
Suyapa Braseria Restaurante/Bar』。

入口からは想像できないほどに奥のスペースが広い。宴会できる感じ。
1日目に食べた恋しい鰯の酢漬けを中心に色々と注文。
チョリソーはパンの上に乗ってくるという想像してなかったスタイル。結果、ビックリするくらいのボリューム。


なんか・・・疲れたぁ(T◇T)
旅行中は湯船に浸かることはないんだけど、しっかり浸かるコトとしよぉ~。
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-13 17:33 | せかい。 | Comments(0)
っゲッホ!ゲッホ!ゲッホ!!!
熱が下がったと思ったら咳が・・・激しい咳がヽ(;゜Д゜)ノ
(↑こんなに早く体調悪化すると思わず、咳止め持って来なかったよ。)
(↑熱からの咳に変化するのがぴよまめの風邪パターンなの。)

でも!飴なしのムチで観光。昨日と同じく市内フリーツアー↓に参加。

e0075832_1831215.jpg
Free Tour Cordobaは、青い傘が目印。
パンフレットが準備されてたり、そこにレストランの広告が入ってたり。昨日のツアーより商売っ気のある雰囲気。
(↑いや、無料ですけどね。)


もちろん、今日も写真↓撮影班として参加で。英語が全く分かりません。
e0075832_18533860.jpg

うーーーーーーーん・・・あんまり記憶に残ってるエピソードがない!
時間が経過し過ぎてるってウワサもあるけど、そうゆうわけでもないのよ。

この時のガイドさんが結構早口だし、テンション高くって。
で、間髪入れずババーーーっと説明するから、話の途中途中で通訳が入らない。
移動中にポイントをまとめてもらうものの、なんとなくしか伝わって来ず。

そうねぇ( ̄^ ̄?
要は、コルドバにある聖人の像は全部ラファエルだってコト、
そのラファエル像はセビリア方面(だったかね?)に向いて建ててたってコト、
(↑セビリアで流行してたペストが来ないようにっていう・・・願掛け的な。)
コルドバで新しく造られた建造物はローマ人が造ったってコト。

重要と言えば、『ラファエル』と『ローマ人』。こんな感じっすよ。
(↑これさえ覚えればテストも怖くないってさ。)

あと・・・見た&したコトと言えば・・・
ドン・キホーテの作者が泊まったお宿だったって言う建物見たよ。
その向かいの広場にある噴水の水は今でも飲めるってコトで飲んでみたり。
(↑噴水の下の方は鳩が水浴びしてたりするんで、1番上の水が良いらしい。)

超天才だったユダヤ人の賢者の足を触って願い事をすると叶うらしい。
ユダヤ人街に残ってる唯一のユダヤ教会は修復中で見学出来ず、外観だけ。

そうそう、城壁に囲まれた土地では足りなくなっちゃって、
拡大しちゃった街の外に城壁を造りなおしたらしい。城壁二重構造ね。

・・・・・・・・・・・お?結構書けたぢゃーーーーん<( ̄▽ ̄)ゞ
ただ、やっぱり記憶にないって言うか、何て言うか・・・ね。まぁ、いいや。

解散後、Mezquita↓だけは中に入ってみたいよね!ってコトで入場。
e0075832_18135142.jpg
どんどん増築されていって、最終的には25,000人収容できるらしい。
元々はイスラム教のモスクだったのが、キリスト教会に改造されちゃってるという不思議な空間。同じ建物の中に全く異なった空間があるんだもんね。
キリスト教会にする時、最大限イスラム様式の建物を壊さないようにした設計者に拍手。


オレンジの木が植えられた中庭も綺麗だし、中に入って本当に良かった!

この後、Granadaにバスで移動するんで、とりあえずバス停へ。
バスターミナルはrenfeの駅と隣接してるんだけど、時間ギリギリで滑り込み。
ゆっくりランチする時間がなかったんで、ダッシュで軽食↓を頬張るコトに。

e0075832_18455823.jpg
バスターミナルのコーヒースタンドで軽食をば。
チーズとハムのサンドイッチ。ファンタもね。
その場で調理されてるんで、熱々ジューシーでウマシ!缶ジュースにも氷入りのコップが一緒に出てくるし、意外に高品質。


ちなみに、ぴよまめがフォークをブっ刺したわけぢゃないよ。念のため・・・
ボリュームあるし、美味しいし、大満足!結果、ココで食べて良かった(≧∇≦)

ALSA社のバス(15:30)↓で出発ε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ

e0075832_18562121.jpg
バスの中でWi-Fiは繋がるし、水ももらえるし、結構快適。

最終目的地はMurciaってトコらしい。グラナダまでにも数ヵ所の街に寄ってた。停留所のある街で建物を見る以外、オリーブ畑が続いてるだけで何もないんだけど、たまぁ~にお城っぽいのとかが出現。発見できると、なんか得した気分。


グラナダのバスターミナルからホテル↓までは、またまたタクシーΨ(`▽´)Ψ

e0075832_19875.jpg
Suites Gran Via 44』。
部屋に入ると左右にスペースが分かれてる。ベッドルームと、リビング&キッチン。リッチな気分を味わえるんだけど、使い勝手が落ちるよね・・・
地下に共用スペースがあって、そこにコーヒーマシーンがあったりしてくつろげるらしい。


今日もフラメンコ鑑賞しようかと思って。
時間までは、夕飯のお店を物色しつつ、アイス食べつつ、街をプラプラ。
グラナダは人が多いね!お店もたくさんあるし、賑やか。

e0075832_19181669.jpg
列になって並ぶシステムがないから、入場前のポジション取りが重要!入場開始したらグイグイ入って行って良い席を選ぶべし!
先日同様、食事とかない本格派劇場。期待が高まるぅ~!


なんか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うぅ~ん( ̄^ ̄?
期待し過ぎちゃったのか、先日のショーが素晴らし過ぎたのか・・・

舞台すぐ横に控室があるんだけど、その中の音が漏れててさぁ~。
せっかくのショーなのに、雰囲気崩れちゃってたんだよねぇ~。
あと、凝った(?)照明が主張してきて、踊りの邪魔をしてるんぢゃないかと。
なんか、全体的にイマイチ感が強くって・・・残念。
(↑セビリアのショーが素晴らしかった事実が分かっただけでも良しとするか。)

なんとなく残念な気分のまま、夜ゴハン。
グラナダのバルは、飲み物(←たぶんジュースでもOK)を注文すると、
無料タパスが出てくる素敵システムらしいってわけで、3軒↓ハシゴしてみた。

e0075832_19291280.jpg
La CASA DE TODOS
にんにくがガッツリ効いたハム&玉ねぎのサンドイッチ登場。サイドにポテチ付き。にんにく好きにはたまらない1品。

La Buena Vida
タパス登場せず。
待つだけぢゃ出てこないシステムなのか、忘れられただけなのか、不明。スペイン語しか通じないんで、質問することも出来ず。

La Gran Taberna
パンの上にスパニッシュオムレツが乗って登場。サイドにはオリーブ。見た目以上にボリューミーな1品。


1軒目は、2杯目はまた違ったサンドイッチが登場してたよ。
2軒目は、言葉の壁のブ厚さを思い知ったよねぇ~。
(↑トリアドにはタパス出て来たって口コミあったんで、原因は謎のまま。)
3軒目は、ヌエバ広場の向かいという好立地。
もう2杯目を注文しないで、素直にもう1品タパスをオーダーしてみた。
(↑水分でお腹がいっぱいになって来てたんですよ・・・)

もっと色々なバルがあっただろうから、事前調査しなかった自分を恨む。
とは言え、どこも美味しいお酒と食べ物が食べられて幸せだよねぇ~。

2軒目の無料タパスの件は謎のまま、超満腹で帰ります。
明日も早いんでね・・・
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-12 18:26 | せかい。 | Comments(0)
やっぱり熱っぽい。そして、喉がスッキリしないなぁ(T◇T)
でも、観光。飴なしのムチ!ムチ!ムチ!ね。

今日は、市内観光をしまーーーす。フリーツアー↓に参加するっす。

e0075832_1504939.jpg
Feel The City TOURSは、紫色の傘が目印。
ツアーは英語、スペイン語、フランス語。
残念ながら日本語はないんで、説明を聞くのは英語担当・ぴよダーにお任せして、ぴよまめは写真を撮るべし。


超簡単に自己紹介をして出発。お約束通り、ぴよまめは写真↓撮影班で。
e0075832_17591714.jpg

3時間で市内の見所を網羅するんで、広く浅く案内してくれる感じ。
(↑途中で休憩時間が入るものの、約3時間ミッチリ歩きまっせ~。)
広く浅くって言っても、建物の中に入ったりしないだけの話。
説明は丁寧だし、内容も充実してるから、時間のない観光客には最適かと。
ってか、この効率の良さは、ガイドさんがいないとできないよねぇ~。

それに、ガイドさんがいてこその話とかは興味深いよねぇ~。
Horno San Buenaventuraはヨーロッパ・・・いや、世界一古いパン屋なんだとか、
実は対岸のトリアナ地区がフラメンコ発祥の地らしいとか、
ヌエバ広場中央にある銅像の英雄はミイラになってて、年に1回見れるとか。

まだまだあるんだよっΨ(`▽´)Ψ
ヒラルダの塔のブロンズ像は妊婦らしいとか、カテドラル外壁の落書きは
意外と由緒あるらしい(←落書き出来る権利販売してたんだって)とか。

ぴよまめ、1番のお気に入りは↓。

e0075832_20555029.jpg
市庁舎。
長い年月をかけて建設しているうちに財政状況が変化して、壁細工の質も変化したらしい。写真手前は細かい細工、奥にいくにつれて質素になっていくんだな。
両端の差は歴然よ。


さらに建物の裏側・ヌエバ広場に面している壁は完全にツルンとしてるよぉ~。

ガイドさんによって違うかもだけど、本当に充実満足Ψ(`▽´)Ψ
(↑ぴよダー調べによる、口コミ評価が高かっただけあって、超満足の内容!)
満足したら、ぜひチップをお願いしまーーーーーす!!!

この後、ランチのお店を探しつつ、写真撮ったりしながらプラプラ移動。
アルカサルも外観だけだけど、忘れずに写真撮影。

あーーーーーーー、お腹すいた!喉も乾いたなぁ~。ってわけで↓。

e0075832_21355192.jpg
EL PASAJE。嬉しい英語メニューあり。

暑い中、水分補給を我慢した後のサングリアは最高にウマシ!
料理は生ハムと豚の「たたき」で簡単に。TATAKIですよ、TATAKI。メニューにTATAKIって書いてあるの♪

半生の豚肉!美味しいねぇ♪


青い空!気持ち良い気候!美味しい料理とサングリア!
これぢゃぁ、仕事したくなくなっちゃうよねぇーーーーーーーー(/∇\*)

はぁ~、もっと時間をかけてゆっくり観光したかったなぁ~。
後ろ髪を引かれつつ、renfe・AVE3945(16:15)でCordobaまで。
1時間もかからないから、飲み物すら出て来なかったよぉ~。残念・・・

そして今回も♪Cordoba駅から♪ホテル↓までタクシーです♪

e0075832_22335128.jpg
HOTEL DON PAULA』。

この旅で1番の最高コスパホテル!こじんまりしてるんだけど、清潔感あるし、快適。それに家族経営らしく、温かみがあるの!
あと、水の他にジュースもサービスなのが嬉しいよねぇ~♪
コルドバならではのパティオもあるよぉ~。


体調のコトもあるし、何より夕飯には早いんで昼寝してからお店探しで。
(↑早いって・・・もう6時だけど、まだお店が開店してない時間なんだよ。)

e0075832_22503843.jpg
La FlamenKa』。
ガスパチョ押しらしいんで、もちろん注文。1度は食したかったんだ♪

料理はコルドバの名物料理を中心に数品。全体的にスパイスが使われてるイメージ。
生ハムを豚肉で巻いて揚げたフラメンキンはマヨネーズで。生ハムを揚げちゃうなんて贅沢ね♪


せっかくだから夜の街をプラプラ。ローマ橋からの眺め↓が綺麗だったよ。

e0075832_23212599.jpg
市内観光は明日するんだけど、1泊だけだから今日のうちに夜景を楽しまないとね。
Mezquitaがライトアップされてて綺麗♪
橋もライトアップされてるし、結構人通りもあるから安心。


e0075832_23274271.jpg
ちょっとデザート食べたいよね♪ってコトで、帰り道でジェラートをば。

迷わずにMANDARINAチョイス!オレンジのイメージだったのよ、スペイン。
さっぱりしててウマシ!


ジェラートに満足したら、サッサと帰って寝るぞーーーーー!
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-11 01:43 | せかい。 | Comments(0)
フィーバーしております、ぴよまめです☆
(↑体温計持って来てないから分からないけど、かなりの高熱とみた。)
でも、観光・・・

今日は朝早くに出発。
朝食は8時からと聞いてたけど、実際にはもう少し早くに準備されてたんで、
くすねたいただいたバナナをバッグに入れて、出発。

バスツアーでSegoviaに行くんどす。
昨日のツアーとは違って、参加人数が4人と少なかったのよねぇ~。
ってわけで、バスと言っても公共交通機関・高速バスを使って移動。
現地のバスターミナルからは、タクシーとなっておりますーーー。
(↑ガイドさん曰く、この方が歩く行程が少なくてラッキーなんだってさ。)

セゴビアのバスターミナルに着いたら、まずは原っぱ↓へ。
e0075832_231248.jpg
白雪姫のお城(って、どんなんだっけ?)のモデルになったらしいAlcazar de Segoviaを見ることが出来る・・・展望台的な感じ?の、原っぱ。
岸壁の上に建つお城と、木々の緑とのコントラストが美しいのぉ♪


朝露でグッシャグッシャの芝生の原っぱと、近くを流れる川を散策。
ひとしきり写真を撮ったら移動という、気ままなツアーも少人数だからこそ。

e0075832_231281.jpg
原っぱからタクシーでグーーーーっと坂を上った先に、お城への入口があって、そこでバババっと簡単にお城内部の説明をされたら、その先は自由見学。
王座の間だったり、武器とかが展示されてたり。とは言え、火事で大部分が焼けちゃって、再建されてるから、調度品とかも当時の雰囲気を出してるだけだって。


お城の中は、どこでも写真撮影OK。
しかも、当時からそのまま残ってるものはほぼないってコトで、フラッシュも◎。
見学できる部屋数は多くないし、説明も簡潔だから全部覚えられそうなものの、
なかなか上手くはいかないもの・・・
その場では覚えたつもりが、どの説明がどの部屋だったか曖昧に・・・
結果、なんとなーーーーーく写真を撮りながら見学して終了(T◇T)

30分程度の滞在時間を終えたら、街中を散歩する感じで移動。

e0075832_23283975.jpg
民家の壁に入ってる模様は少ない予算で豪華に見せるための工夫なんだとか、建物の壁がトゲトゲしてるのはユダヤ人が買った家で『ユダヤ人の家』って呼ばれたくなくて違う話題作りのためだったとかって話は、ガイドさんがいてこその情報だよねぇ~。
途中の建築物はサラサラっと説明がある程度だったな~。


Catedral de Nuestra Senora de la Asuncion y San Frutosが中間地点。
この大聖堂は『カテドラルの貴婦人』って呼ばれてるんだってさ。
なんとなく、フワっとしたスカートを穿いてるみたいでしょ?!

記念写真撮影と、近くの散策をする自由時間の後はRoman Aqueduct↓へ。

e0075832_136477.jpg
この水道橋、石で出来てるわけだけど、積み上げてるだけなんだって!接着剤ナシでこんなに大きな建造物を造るって、昔の人はすごいよね。
ちなみに、728mもあるらしいよ。すごい石の量だな・・・


水道橋前の広場からズドンと迫力ある姿を見るも良し、
少し階段を上って石造りのアーチを間近に感じるも良しでぇ~す!!!

この後、バスターミナルまで歩いて移動して、マドリードに戻ります。
高速バスの時間が決まってるから、乗り遅れないようにしないとだし、
午前中だけのバスツアーってコトで、やっぱりバタバタになるのが残念よね。

マドリードに戻ったら、ホテルで荷物をピックアップして、
renfe・AVE2160(16:00)でSevillaに移動ε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ

e0075832_2538.jpg
軽食が出て来るんだよぉ!サンドイッチとケーキ、フルーツ。
出発してすぐにドリンクとスナック、食事に合わせてドリンクが出るしね。しかも、アルコールを含めて種類が豊富♪席も広いし超快適!


Sevilla Santa Justa駅からホテル↓まではタクシーで。

e0075832_2144351.jpg
Hotel Casa del Poeta』。

ホテルの中心にパティオのある造りが特徴。セビリアの伝統的な建物の特徴なんだって。
部屋は2階構造になってて、入口は2階でベッドがあるだけ、バスルームは1階にある、狭いんだか広いんだか分からない状態。


すごく紳士な対応をしてくれるホテルだなぁ~っていう印象。
屋上からの眺めもまた良かったよぉ~。

この後フラメンコを観に行く予定なんだけど、ちょっと時間があるんで観光↓。

e0075832_0472822.jpg
Metropol Parasol

セビリアの新名所だって。展望台があって、上に上れるらしい。これ、木造建築なんだって!しかも、世界最大級。

地元での通称・きのこ。


歴史ある街並みには似合わない気もする近代的な建築物だけど、
夜はライトアップされるし、市場や飲食店も入った複合施設だってコトで、
観光の新名所になっているみたいどすーーー。まぁ、異質感ムンムンだけどね。

さて。

e0075832_1103198.jpg
フラメンコ発祥の地とされてるセビリアでフラメンコを観ないわけにはいかない!
Casa de la Memoria』は、食事などのない本格的な形式。劇場自体もコンパクトで、ハンパない臨場感!


事前にお金を支払っておいて、チケットは当日引き換えればOK。
すごく人気で開場前に並ぶほど。良席ゲットするためには早めに行くべし!

公演中は撮影禁止だけど、最後に写真撮影タイム用に少し踊ってくれる↓の♪

e0075832_126552.jpg
撮影タイムを作ってくれるって、至れり尽くせりだよねぇ!この撮影タイム含めて全部で1時間くらい。
ダンサーは女性と男性1人ずつだけど、一緒に踊るのは撮影タイムの時だけ。


本編は、①ギター&歌②男性踊り③ギター④女性踊りの、4部構成。
本当にアっと言う間!
すっごーーーーーーーーーっく、素敵だったぁ(/∇\*)

フラメンコって女性が踊るイメージだったんだけど、男性が素敵だったの!
フラフラっと舞台袖にチャラい人が出て来たと思ったら踊りだして。
長髪が胡散臭いとか思ったけど、最後はその髪すら素敵に思えたさ!!!
足の動き、表情、手の動き、体を叩いて出すリズムっ!!!
本当に素敵だったんだよ、惚れてまうやろーーーーーー。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。
(↑忘れられない体験になりましたぁ~。)

この興奮を抑えきれないまま、軽くステップ踏みながら夜道を帰るべし。
その前にゴハン食べるべし。周辺散策した結果『MAMARRACHA』↓で。

e0075832_1533128.jpg
店内は奥に広くて、思った以上にお客さんが入って盛り上がってた♪期待が上がるわぁ~!

1品1品が結構ガッツリ量があって、タパスを数皿頼んだらお腹いっぱいになったかな~。
ってか、味が独特だったり、油っぽかったりして、ちょっと残念な結果だったなぁ。


明日は平日だっていうのに、みんな遅くまで呑んで騒いで楽しそうだなぁ~。
ぴよまめは・・・なんか体調も優れないし、早く帰って寝ようっと。
(↑夜ゴハンがイマイチな結果だったのがショックらしいよ。)
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-10 22:26 | せかい。 | Comments(0)
おはようご・・・・・ざ・・・・・・・・・・います。
やばい、風邪ひいてる(T◇T)
この旅行、実質1日目だって言うのに・・・高熱パターンだ、コレ。
今までも、帰国日とか日程後半で体調崩すことがあったから、
念のために持って来た常備薬を飲んで様子見・・・だけど、やばいよぉ~。

さて。
高熱になりそうな予感満々ながら、観光行きますよ!ムチ打つでーーー!
午前中は『MUSEO NACIONAL DEL PRADO』↓で芸術鑑賞をば。

e0075832_353035.jpg
館内はエントランス以外、撮影禁止。はっきり禁止と言われると、諦めてじっくり鑑賞できるよねぇ~。
当日券は買うのにも並ぶし、入場制限出ることもあるらしく、事前購入がオススメだって。


チケットは入場時間が決まってるからか、開館前なのに結構並んでるね。
(↑観光地で朝イチにしっかり並ぶのって、日本人だけぢゃないんだね。)

館内マップに加えて、オーディオガイド(EUR3.50)も日本語アリ。
このマップ×オーディオガイドが優秀で!
見所となる作品を上手く網羅してくれてるのよ。しかも、説明が簡潔!
説明が長くても全部頭に入らないし、何よりも時間がかかり過ぎるのだよ。
時間に余裕のない観光客にとっては致命的でしょ?だから。

ボッシュエル・グレコベラスケスゴヤルーベンスあたりが有名なの?
(↑ゴヤとルーベンスの名前を知ってる程度っすよ・・・しかも、ギリ。)

中でも、ベラスケスのラス・メニーナスは必見らしいよ。
(↑美術品に詳しくない人が美術館に行くとこうなるんですよ・・・)
(↑優秀なオーディオガイドを借りれば大丈夫!)
個人的に面白かったのは、どっかの教会が持ってた本物の絵を
レプリカと交換してもらったんだって!本物とレプリカの交換って・・・
(↑エピソードの印象だけ強かったけど、どの絵だったかは忘れた・・・)

オーディオガイドのおかげで効率良く回ったものの、気付けば4時間経過。
広い美術館って、どんなに時間があっても足りないと感じるよねぇ~。

でも!次の予定が迫ってるんで、移動。バスツアーでToledo↓に行くのぉ~。
e0075832_1236929.jpg

きゃーーーーーーー!カワイイっ!綺麗っ!バースを思い出すねぇ~♪
三方が川に囲まれてて、城壁代わりにこの地形を有効利用してるらしい。

『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け』
っていう名言もあるんだってぇ~!この展望台からの景色は美しい!!!

写真をサササっと撮ったら、旧市街↓散策へ。
e0075832_12562985.jpg

Catedral de ToledoIglesia de Santo Tomeを見学しま~す。
大聖堂は写真撮影OKという太っ腹。祭壇の後ろにある金ピカの祭壇画は圧巻。
なんか・・・教会ってどこも金ピカなのかしらねぇ( ̄^ ̄?
何やら美術品も重要なものがあるらしいんで、時間があれば見たいトコロ。
(↑時間がなくて見れなかった人。)

サント・トメ教会は、エル・グレコのオルガス伯の埋葬のためだけに入場。
絵は入口すぐの壁にドドンと飾ってあるんで、教会内部には入りません。
(↑本気でこの絵を見るためだけに入場したってコトよ。)
写真撮影はNG。残念よねぇ~。
でも、この絵は門外不出で、ココに来ないと見ることが出来ないらしいから、
易々と写真なんて撮らせてくれないくらいの方が有難味があるのかも。

ちなみに・・・
エル・グレコは、死ぬ前の40年近くをトレドで過ごしたらしいよぉ~。
2014年は彼の没後400年ってコトで、盛り上がってたとか。

自由散策時間が少しあって、ぴよまめ用のお土産にサフランとマサパンを。
(↑トレド近くの町がサフランの産地として有名らしいんで。)
(↑マサパンが有名らしいんで、SANTO TOMEってお店で試食用に数個。)
(↑このマサパン、超ーーー甘い!ネットリした甘さ。1~2個で十分。)

暑いからってアイス食べてたりしたら、本当にアっと言う間の自由時間。
迷路のような旧市街を早足で歩いてバスに戻ります。
旧市街案内付きと言っても、目的地までの道のりを歩くだけだったね。

マドリードまでは1時間くらい。解散はPlaza de Espana↓近くで。

e0075832_173981.jpg
色んな所でスペイン広場を見かける気がするけど、やっぱりスペインにあるのが本場っぽいよね!
ドン・キホーテとサンチョ・パンサの像もあるよ。写真手前の黒っぽい小さい像ね。


夕飯にはまだ少し早いし、せっかくだからPalacio Real↓に行ってみることに。

e0075832_17443797.jpg
スペイン広場から見えたし、意外に近かった。

どことなく、ヴェルサイユ宮殿を思わせるよね。と思ったら、建設を命じた国王はヴェルサイユ宮殿で生まれ育ったんだって!


国王はこの王宮に住んでるわけぢゃないらしく、行事の時だけ使うんだって。
ってわけで、普段は一般公開されてるらしいけど、今日は営業終了~。

昨日写真を撮り損ねたPlaza Mayor周辺を散策しつつ、レストラン探しへ。
まだまだ時間が早いからお客さんの入り具合で決めるのは至難の業だよぉ~。
で、結局なんとなく雰囲気良さそうな『Taberna del Chato』↓に決定。

e0075832_17592084.jpg
これがっ!超ーーー大正解っ!!!

創作系のタパスで、どれを食べても美味しいのよっ!アレもコレも美味しくて追加注文したのに、まだ食べ足りない!タパスは1皿EUR3.00前後なのに、しっかりとした量!そして質!

最高Ψ(`▽´)Ψ


嬉しい英語メニューがありましたぁ~。本気でオススメできるお店だね!
ぴよまめ1番のお気に入りは、Pollo Crujienteだっ!
鶏のフライ(←パン粉系)なんだけど、チリソースで食べるのが斬新で。
いやいや、でもでも、どれも美味しゅうございましたっ(≧∇≦)

ちなみのちなみに・・・↓。

e0075832_18114975.jpg
ピッチャーのサングリアが嬉しいEUR10.00。
呑み応えあるし、美味しいし・・・って言うんで、この夜からサングリア呑み比べがスタート。

お店によって味が違うんで、結構面白かったなぁ。


美味しいゴハンをお手頃価格で堪能できて、超ーーーー満足!!!
上手い具合に日本で営業しないかなぁ( ̄^ ̄?って言いつつ、帰りましょ。
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-09 03:00 | せかい。 | Comments(0)
ドーハ到着。ここからQR149(7:35)でマドリードへ。

乗り換え時間が短いんで、サクサクっと行動したものの、遅延。
搭乗するまでに遅れ、搭乗してからも遅れ・・・
(↑搭乗後に飲み物とおやつ出て来ちゃって、長丁場覚悟ですよ。)


これまた無駄に食事が2回↓。

e0075832_21623100.jpg
またまた卵料理のオムレツと、パンケーキからのチョイス。
もちろんパンケーキで。

想像してた形状と違うけど、甘さ控えめで結構美味しい。そして、ボリューミー。


e0075832_217629.jpg
マドリード到着前に軽食。

チョイスなしで、サンドイッチセット。カレーっぽいスパイシー挽き肉の入ったパンみたいのと、バナナマフィン。
お腹空いてないはずなのに、美味しくて完食。


食べてばっかの移動だねぇ・・・
1時間30分くらいの遅れでマドリード到着。
あぁ、移動で疲れた。座りっ放しでお尻が痛いよぉ(T◇T)

空港からは国鉄・renfeに乗って市内まで。30分くらいかな。
次の移動も考えて、Atocha駅(←renfeの駅)から歩ける場所のホテル↓で。

e0075832_2193642.jpg
Hotel ARTRIP』。小さいホテルだけど、部屋が広い!綺麗!
補充はないけど、林檎と水、ポットセットが装備されてて快適な滞在の予感。しかも、嬉しい朝食付き。さらに、カフェマシーンが24時間使える素晴らしさ。

地下鉄のLavapies駅からは5分も歩かないし、良いね!


Atocha駅からは、スーツケース転がしながらだと15分弱かなぁ。
夜も、地下鉄からホテルまでなら危険も感じるコトなかったなぁ~。
(↑なんか、危険地帯だって言う人がいたんすよ・・・)

実は今日、マドリードにいるぴよ友様と夕食の予定なのよぉ~。
でも、その前に行かないといけないところがあるのだよ!
日程的に、このタイミングを逃したら行けなくなるんで、ダッシュ!!!

e0075832_238568.jpg
Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía
Atocha駅に近い。近代的なビルで、すごくゆとりのある展示をしている印象。
写真撮影OKな部屋もあるけど、NGな部屋も意外と多いのと、部屋が混在してるから少し困る。

ダリとか、ピカソなんかが有名どころ。比較的現代の作品が中心。


飛行機が遅れた影響で、結局1時間くらいしか時間がなくって(T◇T)
とは言え、それでも押さえておきたいと思う部屋は押さえられるという。
ってか、目的はただ1つ!ゲルニカだったのだよ!!!
(↑写真撮影できませんでしたーーー。)

ぴよまめの過去の中で、このゲルニカは大きな存在でさぁ~。
本物を1回見たかったんだよね!!!
想像以上に大きくて、想像以上に迫力のある絵で、本当に見て良かった!

じっくり鑑賞すれば貴重な作品が多々あるんだろうけど、時間切れーーー。
(↑実は、この1時間で比較的満足できちゃったっていうウワサは内緒。)

すでに遅刻気味なんで、待ち合わせ場所↓までダッシュヽ(;゜Д゜)ノ

e0075832_12554398.jpg
Puerta del Solにある、大きな熊と木の下で待ち合わせ。渋谷のハチ公前的な感じ?
地下鉄の駅があるんだけど、この広場が広い!各地方に向かう国道の起点らしいよ。へぇ~。


お店はぴよ友様チョイスの『El Gallego』↓で。

e0075832_1318336.jpg
ビールから始まって、ワイン→食後酒までガッツリ呑んだわよ。

料理も、生ハムと鰯の酢漬け、タコ。どれも定番のタパスみたい!(←地球の歩き方に載ってたから、定番なんぢゃないかと。)
タパスって言うか、ガッツリ量があるんだけどね。どれもお酒が進むわぁ♪


生ハムはもちろんハモンイベリコベジョータ!香り高く、甘みがあって最高!
鰯の酢漬けは初めて食べたんだけど、臭味がなくて美味しい!
酢好きのぴよまめには最高に美味しい1品。
ただ・・・タコは・・・柔らかいんだけど、味がしない残念具合。
味がしない状態で正解みたいだけど、個人的には塩が欲しいトコロ。

お忙しい中、お時間割いてくれたぴよ友様に大大大大大感謝!
ありがとうございました!(って、この日記読んでないけどね。)

結果、1番体調の良い時にお会いできて良かったですΨ(`▽´)Ψ
(↑翌朝起きたらガッツリ体調悪いなんて、誰が想像するでしょう・・・)

次回は日本でお会いしましょう!センベロしましょうねっ!!!
(↑あ、このぴよ友様は、センベロデビューさせてくれた人なんす。)

さささ、デロ酔いホロ酔いで足取り軽く帰って寝ましょう!
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-08 02:22 | せかい。 | Comments(0)

スペイン旅行① 移動。

今年の夏休みが始まりましたーーー!
この前夏の終わりを感じていたトコだけど、夏休み。

今回は羽田空港から夜便で出発。
しかも、この夜便・・・深夜出発なのよぉ~。
ってわけで、今日は羽田空港に移動するのみ。

空港のお店は閉まってるし、両替するくらいしかないのよ。
あぁ、暇だぁ~。

とりあえず、QR811(1:00)でドーハまで。
食事も無駄に2回↓出るよーーー。

e0075832_1144650.jpg
夕食。
牛、魚に加えて、和食も選べる素敵な感じ。

どれも美味しそうだけど、鶏の照り焼きに心惹かれて和食に決定。
冷たいサラダ、デザートまで美味しかった!


e0075832_1152949.jpg
朝食。
定番の卵料理のオムレツと、ぴよまめが選んだお粥からのチョイス。

出発する前からお粥が食べたかったという奇跡!美味しいねぇ♪


カタール航空は!なんと!アルコールもサービスでぇ~すΨ(`▽´)Ψ
ビールやワインはもちろん、スパークリングワインやリキュールも♪
ジュース類も充実してるし、本当に満足できる食事だよぉ~。

さぁ、映画観つつ、一眠りしよぉ~っと。
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-07 01:04 | せかい。 | Comments(0)
ラッタッター、ラッタッターーーΨ(`▽´)Ψ
すっごく早く書いた気がする!『旅に出る』って書いた翌日だもん!

まぁ、実際は2ヶ月近く経ってはいるけど、その間に北海道挿んでるからね!
すごいよぉ~!!!
(↑言わないで!大丈夫、自分には甘いタイプだって分かってるから。)

 5月27日 韓国旅行① 移動+ソウル観光1日目
 5月28日 韓国旅行② ソウル観光2日目
 5月29日 韓国旅行③ ソウル観光3日目
 5月30日 韓国旅行④ ソウル観光4日目+移動

寒くはなく、暑くも・・・・・・・なく・・・・。
日中の日差しは厳しかったけど、朝晩は涼しかったし、過ごし易かったかと。
雨も降らなかったし、本当に天気に恵まれた旅行だった!

そして何よりも、2人旅行のトコロにお邪魔虫をさせてくれたぴよ友&ぴよ友様、
現地でぴよ友様を呼んでくれたぴよ友、本当にありがとうございました!
おかげで、本当に楽しい時間を過ごすことができまして。°°(>д<)°°。

あざーーーーーーーーーーーーーっす!!!
これに懲りず、また遊んでねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

ってわけで、食べてばっかの旅ですが、観光もしてるんで良かったらぜひ!
あ!忘れちゃいけない!この旅の宣伝部長はコイツら↓だ!
e0075832_127615.jpg

南大門で出会った・・・・・・・・・民芸品ですか???
インパクト大だよぉーーーーー!即採用決定だったね!

『コラ!ぴよまめっ!!!何遊んでばっかいるんだーーーー!』
『本当よねぇーーー!いや、でも、事情が変わったらしいですよ。』

ってな感じで、見てみてねーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-07-15 12:09 | せかい。 | Comments(0)

旅に出る⑧。

気付けば暑い暑い日が続いてますが・・・
ぴよまめ、旅に出てたのーーーーーーー!5月に<( ̄▽ ̄)ゞ

北海道ぢゃないよ、韓国だよ。
e0075832_19565631.jpg

普段は旅に出たって書いてから、ダラダラじっくり日記書いてたけど、
今回はある程度書き終わる目途がたってからにしまして。

深い意味はないけど・・・
(↑単純にサクサク書けるか不安だっただけっていうウワサは内緒。)

ってわけで、ラストスパート頑張るぞーーー!!!
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-07-14 20:27 | せかい。 | Comments(0)