Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:南米旅行 ( 11 ) タグの人気記事

世界征服度。

そう言えば、あれから4年経ちまして。
ぴよまめ、すっかり世界征服度チェックを忘れておりましたぁ(T◇T)

ここらで、ちょいと世界征服度チェックを行いたいと思いまーーーーす。
はい!ドラムロールっ!!!ダララララララララララぁ~、ジャンっ↓!

visited 19 states (8.44%)
Create your own visited map of The World
16ヶ国・7%→19ヶ国・8.44%っ!

3ヶ国増えただけなのに、こんなに赤い部分が増えてるっ!
スゲぇ~、カナダ中国(香港&マカオ)効果!国土広いぞぉ~っ!!!

そして、この数年の間に地図がグレードアップしてるねぇ~。
前はヨーロッパの国々がグチャっと赤く塗り潰されちゃってたけど、
今はちゃんと白い部分が残ってる。

国境もくっきり出てるし、パーセンテージも細かい数字出てますがなぁ~。
進歩してるねぇ~。

今後はやっぱり、ロシアに行っておきたいよねぇ( ̄^ ̄?
そうすれば、かなり征服した感が強まるんぢゃない???
[PR]
by piyomame_type-r | 2010-11-12 01:28 | せかい。 | Comments(0)
ペルーから帰って、そのままDCに行っちゃったんで
のびのびになってたけど、書きましたよぉ~!!!!!

ぴよまめ的に頑張って書いたので、良かったら見てね☆

 ペルー旅行総集編① クスコ。
 ペルー旅行総集編② マチュピチュとワイナピチュ。
 ペルー旅行総集編③ アグアス・カリエンテス。
 ペルー旅行総集編④ プーノ。
 ペルー旅行総集編⑤ リマ。
 ペルー旅行総集編⑥ パラカス。
 ペルー旅行総集編⑦ ナスカ。
 ペルー旅行総集編⑧ おまけ。

です!
行った都市ごとに書いてみました。
いかがざんしょ?

今回の宣伝部長は、コイツ↓に決定。
e0075832_1550312.jpg

ビクーニャ
数が減っているそうですよ。大きな目がポイント!
アルパカとかリャマとかの仲間。

ちょっとペルー旅行総集編、見たくなって来たでしょ?
せっかく書いたから見て!

そうそう。
このまえテレビでやってたけど、このビクーニャの毛で作った毛布。
315万円もするんだって!ビックリ!!!

ちなみに、このビクーニャさん。
好物は飴だ、そうです。ハードキャンディー。
ぴよまめがあげた飴を、ムッシャムッシャ舐めてたよ。
手から食べてた。かわいいヤツだ♡

※全てのビクーニャが飴を食べるか知らないので、あげる時は要確認!
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-26 15:41 | せかい。 | Comments(9)

プライスレス!

2007年、1発目の日記を書いた後、ご無沙汰しちゃったわね。
失礼、失礼。

実は、旅行に行っててね。ペルーに行ってましてん。

ヨーロッパ旅行&アメリカ旅行と、毎日日記を付けてたけど、
今回はやめた!
今までは写真もバシバシ撮ってたけど、今回はこれも厳選するコトにした。
だって、気付いたんだもの!
何て言うの?

『写真よりも、自分の目で見て思い出に残した方がイイ!』

ってね☆
(↑本当は、旅の途中でPCがクラッシュして写真が消えたらしいよ。)

。°°(>д<)°°。

『旅の写真より思い出・・・そんな、ぴよまめの強がりプライスレス☆』


あう・・・
ってなわけで、ペルー旅行は総集編として日記に残そうと思います。
写真も、3日分・400枚消えただけなので、まだ傷は浅かったし。
ちなみに、PCの復旧は出来てません。
ちょっとくらい、悪あがきさせてよぉ~っ!!!
(↑ってなわけで、そこのあなた!救いを求める連絡するかも・・・)

当分は、ぴよダーの協力のもと、たま日記をお送りします。



=追記=2007.1.26。
ペルー旅行総集編は、旅行日程に合わせて書きました。
なので、この帰って来た日の日記と前後しちゃうんだけど・・・まぁ、いっか。

 ペルー旅行総集編① クスコ。
 ペルー旅行総集編② マチュピチュとワイナピチュ。
 ペルー旅行総集編③ アグアス・カリエンテス。
 ペルー旅行総集編④ プーノ。
 ペルー旅行総集編⑤ リマ。
 ペルー旅行総集編⑥ パラカス。
 ペルー旅行総集編⑦ ナスカ。
 ペルー旅行総集編⑧ おまけ。
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-13 17:21 | せかい。 | Comments(13)
一挙公開します、ゴハン!
まず、ペルー料理は美味しかったですっΨ(`▽´)Ψ
旅に出掛けても、ゴハンが美味しくなければつまらない!と、
ぴよまめは思うわけですが、ペルー料理は美味しかったぁ~!!!

基本的に、何を食べても美味しかったし、量もたっぷり!
物価が安いだけあって、お値段もかなりお手頃価格!!!
特に、鶏肉とジャガイモはよく見掛けた。
芋好きなぴよまめには、たまらない国だったわよ!!!

さて。場所別に書いていこうかしらね。


<クスコ>
e0075832_1444019.jpg

◎Pucara。
ガイドブックにも載っていた、日本人の経営するレストラン。
写真付きの日本語があって、どんな料理かが分かるので助かる。
聞いた事もない料理名から、想像して注文するのは難しいもんね。

高山病だったのか、ちょっと気持ち悪かった時に
ここのハーブティー(ちゃんと葉を使ってた)を飲んですっきりした記憶が。

また行きたい!

e0075832_14474977.jpg

◎Granja Heidi。
これまた、ガイドブックに載ってた。日本語メニューあり。
ドイツ人のおじちゃんの経営。おじちゃんは、接客もしててイイ人だった。
ガイドブックには、『カフェ・朝食・デザート』として載ってたけど、
ガッツリ食べに行ける、ちゃんとしたレストラン。
これまた、量がたっぷり!しかも、良心価格。
ここで使っている材料は、全て自家製!肉も魚も牛乳も安心素材ってわけ。

昼に行ったんだけど、夜にもう1度ガッツリ食べに行った。
昼も夜も混んでいて、夜なんて次から次へとお客さんが来てた。
ここは、ぴよダーのお気に入り。

e0075832_1454822.jpg

◎INKA WALL。
ちょっと高級なお店。お値段はお高めだけど、味は美味しい。
ただ、ショーが見れるので、行く価値はあるかな?
ぴよまめが行った時は、PM8:30から歌と踊りと2種類のショー。
全部で1時間くらいだったかな?

ビュッフェもあったけど、これはかなり高い値段設定だったので、断念。

ショーを見るための料金設定はなかったし、なかなかだった。
(↑マチュピチュからの帰りの電車でも民族舞踊、見れるけどね。)


<マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)>
e0075832_152546.jpg

◎Indio Feliz。
これまた、ガイドブックに載ってた。
料理は、量もたっぷりだし美味しかった。お値段は、ちょっと高めかな?
マチュピチュ村のベストレストラン賞を何度も受賞しているらしい。

ただっ!!!
超ーーーーーーーーーーーーー!従業員の態度が悪い!

ペルーのレストランで受けるサービスって日本に近いと思うのよ。
つまり、好印象ってコトね?
でも、ここだけは違った・・・料理が美味しくとも、もう行かない!

ぴよ友様に『お店の人の対応が悪かった』って聞いてたけど、
ここまでとは思わなかったぁ(丿>ロ<)丿 ┤∵:.

味は美味しいのに・・・残念っ!

e0075832_1582190.jpg

◎INKA WASI。
ってなわけで、もう1店・・・
ここは、なかなか美味しかった。
ピザの小さいサイズは、本当に小さくって、1人で食べられるサイズ。
ぴよダーの食べてたパスタも美味しかった。
パスタはすっごく量が多かったけど。

昼に行ったから軽く食べたけど、夜も気になるわね。

やっぱり、接客の良いお店の方がイイ!


<プーノ>
e0075832_153109.jpg

◎Don Piero。
これまた、ガイドブックに載ってた。
ドンガバチョみたいな名前だよね。はたまた、マフィアのボス。
生演奏が聞けるって書いてあったので行ったけど、なかった。
時期によるのかしら?
味は美味しかったし、量もモリモリ。良かった。

がっ!
店員がスペイン語のみっ!全く英語通じません!
これも、行く時期によるのかしら?
想像以上に英語が通じないので、困った。本当に困った・・・


<ナスカ>
e0075832_1515695.jpg

◎Plaza Mayol。
これまたガイドブックに載ってるんだけど、ここまで連れて来てくれた
運転手の兄ちゃんもお勧めだって言ってた。

両方がお勧めと言ってた、ロモ・サルタードを食べたけど、なかなか。

でも、横で食べてた鶏の丸焼きも美味しそうだったなぁ。
良心価格だし、量もたっぷり!良かったです!



ってなわけで、どれも美味しかったんだけど、
ぴよまめのお気に入り料理を紹介しちゃいますよぉ~っ!!!

①ロモ・サルタード。

e0075832_15192626.jpg
フライドポテトと
牛肉の他に
トマトや玉ねぎなど
野菜がたっぷり!

ゴハンと一緒に。




フライドポテト好きのぴよまめには、たまらない1品!
牛肉ぢゃなくって、鶏肉バージョンの『ポロ・サルタード』ってのもあった。
『Pollo・ポロ』ってのが鶏肉みたい。
この旅行で、4回は食べた!(1回は飛行機の機内食だけど。)


②アンティクーチョ。

e0075832_1524876.jpg
牛の心臓を
串刺しにした物。

ちょっと
ピリ辛の味付け。





え゛っ!?牛の心臓ですか?
内臓系は苦手なんですけど・・・と、思って食べるのを躊躇してたんだけど、
ひょんなコトから注文してみたんだけど、うまかったっ!!!

牛タンに近い食感かな?
柔らかいし、くさくないし、本当に美味しかった!!!
にんにくソース(チミ チュリ)を付けて食べると、最高でぇ~すΨ(`▽´)Ψ


と、こんな感じで。
どれもこれも美味しかったなぁ( ̄^ ̄?
ペルー料理にハマっちゃいそうな予感だわぁ~っ!!!
(↑DCでさっそくペルー料理を食べに行ったぴよまめ家。)

どう?どう???
ペルー、行きたくなって来ちゃった???
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-12 14:00 | せかい。 | Comments(0)
ペルーの最後の目的地は、ナスカです。
お目当ては、もうお分かりですね?ナスカの地上絵!!!

午後は風が出て来て飛べないコトもあるらしいので、
ぴよまめ家は午前中に飛ぶコトにしましたよぉ。念のためね。

e0075832_12584380.jpg
ぴよまめ達の乗る
飛行機と
パイロット。

小さい!





飛行機、かなぁ~り小さかった・・・
パイロットの席も入れて、6人乗りだったんだけど、ギューギュー。
隣の人とはもちろん密着。
前の座席とも、かなり接近・・・

で、飛行時間は全部で30分くらい。
飛行機を乗るナスカ空港から、地上絵のあるあたりまで行くのにも
多少時間がかかるから、地上絵を見ている時間自体はアッと言う間。

地上絵のポイントに着くと、機体を傾けてくれる。
右に傾けた状態で2回旋回、左に傾けた状態でも2回旋回・・・
そんな旋回の繰り返し。
三半規管の弱い人は、酔い止めを飲んで行くと良いかと思われる。

で、肝心の地上絵。
見たよぉ~!『おぉっ!これは、どこぞやで見たコトのある!』と、感動。
もっと堪能しよう!見よう!と思った時には次の地点へ移動って感じ・・・

つまり、あまりゆっくり堪能する時間はなくってよ。

そもそも、まずは自分で絵がどこにあるのかを発見しないといけない!
これにてこずると、堪能出来る時間はさらに少なくなるのだ・・・
頑張って、探すべし!
(↑だんだん、探すのも慣れて来るんだけどね。)

で・・・一応、写真を載せますか。コレ↓です。
e0075832_1314521.jpg

ハチドリです。見えます?微妙に見えるかしら???

そうなの、そうなのよぉ・・・
写真にすると、見えないのよねぇ・・・
でも、これはかなりよく写っている1枚なのよっ!!!

コントラストも上げて、見易くしたし!
地上絵と言えば!の、コンドルも写ってた↓んだけど・・・

e0075832_13182860.jpg
微妙・・・

はっきり言って
見えないっす・・・






ね?
1枚目のハチドリはよく写ってるでしょ?

地上絵って言っても、よく言われてる地上絵の他にも
ナスカラインとかって呼ばれている線がたくさんあって、
その中に絵もあるから、混じってて見辛いのよ。しかも、線が薄い!
ナスカラインはよぉ~く見えるんだけどね。

ってなわけで、高性能のカメラがない限りは、
目で見て堪能するコトをお勧めいたします!!!
(↑記念に、ハチドリくらいは写真撮っても良いかも。)

何て言うの?旅の写真より、思い出だよっ!!!
(↑例の事件をまだ引きずってるらしいよ・・・)

そうそう。
飛行を終えると、証明書↓がもらえます。

e0075832_1336317.jpg
パイロットが
 ・日付
 ・機体番号
 ・サイン
を、入れてくれる。

名前は自分で
書くシステム。


記念にね。
こんな感じで、ペルー旅行は終了。
この後、これまた遺跡なんかを見学しつつ、リマへ帰るのでした。
ちなみに、リマまではワゴンで7時間。

ぐっすり睡眠・・・


そうそう。
いつも通り、ぴよダーが何かと旅行のコトをしてくれたんだけど、
今回は現地のアレンジを『西河トラベル』にお願いしました。
行きたい場所と日程を伝えると、旅行日程を組んでくれるので有難い。
移動は全てお迎えに来てくれるし、楽チン♪
現地で何かあった時に24時間対応してくれるというのがポイント!
もちろん、良心価格。

色んな旅行会社から見積もり取った(みたい)なんだけど、
日本の旅行会社で、西河トラベルの倍の見積もり額だったコトもあったって!
やっぱり、比較検討は必要だね。

どうざんしょ?
ちょっと、ペルーに行きたくなって来た???
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-11 03:18 | せかい。 | Comments(2)
次の目的地はパラカス。
リマからは車で3.5時間くらい。ワゴン車で移動。

このパラカスで泊まったのが、ちょっとリゾートっぽかった♪
なんだか、イイ気分(〃▽〃)
プライベートビーチもあったし。(←泳げる感じではなかったけど。)
海で泳げない分、プール↓もあったわよ!

e0075832_15482736.jpg
ぴよまめ家の
旅行にはなかった
リゾートな感じ?

ちょっとイイ雰囲気
ぢゃない???




ただねぇ・・・蚊がいた。かなり、いた。
部屋にベープが置いてあったもんなぁ( ̄^ ̄?
あと、周りには何もなかったような気がする。
(↑ホテルの中から出てないから、断言出来ないけど・・・)
ゴハンもホテルの中で済ませましょう!みたいな雰囲気だったわぁ。
探せばあるんだろうけど、交通手段も歩くしかないし。

時間がなくってプールに入れなかったし、
結局リゾート気分を味わうコトなく終わっちゃったんだけどねぇ(T◇T)

で、ここに来た目的!それは、バジェスタス島ツアーに参加するコト!
ぴよまめ達が泊まったホテルも主催してるのよ。
(↑ホテル以外が主催しているツアーもあるらしい。)

ガラパゴス諸島って知ってる?エクアドルらしいんだけど。
(↑ぴよまめは知りませんでした・・・)
色んな珍しい動物がいるらしいんだけど・・・
このバジェスタス島は、『リトル・ガラバゴス』とも呼ばれてるらしい。

つまり、動物がいるわけだ。

ってなわけで、ボートに乗って島↓へ向かったのです!

e0075832_165771.jpg
約2時間のツアー。

ツアーって言っても
ボートに乗ったまま
島にいる動物を
見学するだけ。




で、どんな動物がいるか?主に、アシカと鳥!
時々ペンギン!って、ペンギンも鳥なんだけど・・・

ガイドブックによれば、アシカぢゃなくってオタリアって言うらしい。
アシカ類って書いてあったけど・・・どう違うの?
ってか、アシカもアザラシもトドも、見分けが付かないっす。すまぬのぉ。

さぁ、動物のお時間です。いきましょうか・・・
e0075832_16215236.jpg

鳥、鳥、鳥っ!!!
何種類もの鳥がウジャウジャいる。本当にウジャウジャ・・・
フンもすごいって話ですよ・・・1年に何十センチも積もるんだって。
気を抜いてると、上から降って来るから注意よ!

このフンは、年に何回か回収に来るんだそうよ。
イイ肥料になるんだって。イイお金になるらしいですぜ、ダンナ。

ちなみに、普段は上陸しちゃダメなんだよぉ~。

e0075832_1625450.jpg

オタリア・・・だっけ?
海岸に打ち上げられちゃいました状態で、抵抗ナシ。
デローーーーーーーーンとしてる。
そして、これまたウジャウジャ・・・・・・・すごいっすよ。

ちょっと洞窟っぽくなってる所にもいるもんだから、鳴声が響いてた。
すごいんだ。オッ!オッ!オッ!オエッ!!!みたいな。

e0075832_16284959.jpg

癒されるねぇ~、ペンギン!かわいいっ!!!
数は多くないんだけどねぇ。
でも、どっちかって言うと赤道に近いこの島になぜかペンギン。
暖かい場所にもいるんだねぇ~。

と、思ってたらぴよダーが解説してくれたんだけど、
冷たいフンボルト海流っていうのが流れてるらしく、生息出来るらしい。
だから、フンボルトペンギンって言うんだってぇ~。へぇ~。


はい、動物の時間終了ぉ~。
行き帰りの時間も合わせて、2時間くらいのツアーでした。

ちなみに・・・
これだけ動物がいるんだもの、すごかったわよ・・・
何がって?ニオイが(T◇T)
ぴよダーに怒られるほど、『くさい!』と、連呼しちまっただ・・・
今となっては反省してるけど、その時は本当にすごかったんだって!
絶えられず、連呼しちまった・・・

自然よ、申し訳なかった・・・

そして、途中博物館とかに寄りつつ、次の目的地ナスカへ移動。
これまたワゴンで、約3.5時間の予定。
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-10 14:52 | せかい。 | Comments(0)
次の目的地への移動は午後のため、リマの市内観光。
これまた、半日ツアーに参加。
そして、これまた英語なので、ぴよまめにはぴよダーの通訳付き。
観光バス↓で市内観光でぇ~す。

e0075832_1535141.jpg
真ん中らへんに
見えるバスが
市内観光バス。

ガイドの
お兄さん付き。




バスが止まっている後ろに見える建物。
ホテルなんだけど、ここのバーで『ピスコサワー』が誕生したんだって。

半日の観光ってだけあって、パパパぁ~って感じ。
博物館に行っても、ちょちょちょっと見て終了!みたいな。

その中でも、長い時間観光したのはコチラ↓。
e0075832_1511558.jpg

サン・フランシスコ教会。
教会の内装なんかを説明してくれるんだけど、メインは別!

メインは、カタコンベ。墓地です。
この教会の地下にあるんだけど、すごかった。
地下3階まであるそうなんだけど、2階・3階部分はまだ研究中。
見学は、地下1階部分だけ。
それでも、25,000体の骨があるんだって。

すっごく、どよぉーーーーーーーんとした空気でした。
雰囲気っていうか、空気がどんよりしてるのよ。
土臭いって言うか、カビ臭いって言うか・・・すごいんだって。
ぴよまめ、こんなにたくさんの骨を一気に見たのは初めてです。

ガイドの兄ちゃんは、カタコンベの入り口で
『これから、骨をたくさん見るから、苦手な人は待っててね☆』
って、言ってたらしい。
(↑見学後に聞かされたので、ぴよまめには拒否権はなかった。)
でもね?
入り口とは言え、骨を目の前にした地下の薄暗い中、
1人で待っているのは辛いっす。°°(>д<)°°。

時間が長く長く長ぁ~く感じそうだよねぇ・・・

前にも後ろにも進めないし、ただ待ってるだけ・・・辛いっす(T◇T)
あ。写真はないの。
撮影禁止でしたのよ。すみませんね、言葉ばっかりで。

様子が気になる人は、HP探してね☆(←人任せ。)

そうそう。
リマの旧市街って、ユネスコの文化遺産に登録されてるんだって。
なので、景観を壊してはいけないのだ!
ってなわけで、お店の看板もこんな↓感じに模様替え・・・

e0075832_15261431.jpg
とぉ~っても
見辛いけど、
ピザハットなの!

見逃しそう・・・






ケンタッキーもシティーバンクも、全部が黒い字の看板でした。
お店があるかないかも分からないよね・・・
まぁ、景観重視ってコトだし、しょうがない。

お昼を食べたら、ワゴンに乗って次の目的地パラカスへ移動!
3.5時間くらいの予定なり。
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-09 14:45 | せかい。 | Comments(0)
マチュピチュへの拠点であるクスコから、次の目的地プーノへ。
プーノまでは、長距離バス↓を利用して移動。

e0075832_13301189.jpg
インカ・エクスプレス。

ガイドとお姉さん付き。
お姉さんは
車内でドリンクの
サービスをしてくれる。




もう少し安い他のバス会社もあるらしいんだけど、
治安などに心配が残るらしい。
そして、他のバスを見たんだけど・・・ボロい!非常にボロいっ!!!
治安以前に、バス自体に不安が残るよ。マジで。

長距離バスと言っても、観光付き。
途中で遺跡や教会、博物館なんかに立ち寄っては、説明してくれる。
アルパカだか、リャマだかが飼育されている所にも連れて行ってくれて、
餌をあげるコト↓も出来たりした。
e0075832_14384326.jpg

アルパカとリャマの見分けが付けられないぴよまめ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・動物接近戦は、意外に危ないです!隊長っ!!!
(↑かわいい顔して、意外に血の気が多いコト、発見したのだ。)

戦ってた。

この旅で1番高いトコロを通過↓して行きます。

e0075832_13371980.jpg
4,335mっ!

鉄道の駅も
あるんだけど、
そのラ・ラヤ駅が
電車で行ける
実質世界最高峰!



なんか、本当は4,800mの所の駅が最高峰らしいんだけど、
定期列車がないらしく、2番目のラ・ラヤ駅が『実質』世界最高峰らしい。

さすがに寒かったぁ・・・

でね?目的地のプーノ。ここでの目的は、チチカカ湖!
昔、世界ふしぎ発見!で見た浮島・ウロス島で生活する人々のいる所!
湖の大きさは、琵琶湖の12倍!8,300k㎡!広い!
プーノの町で、島の人達へあげるパンとバナナを購入。

これ、かなり必需品です!
私達にしてみれば、決して高くない物。ケチらずに、買いましょう!

プーノの桟橋から、小さいボートでゆっくり進むこと約30分。
浮島↓が見えて来る・・・

e0075832_1414182.jpg
トトラ(アシ)で
作られた浮島。

大小合わせて
40ほどの島がある。
全部で約700人が
生活している!



そう、生活している!島には学校も教会も病院もある。
少しだけど、意外にも家の中には電気があったし、テレビもあった。
ソーラー発電してたよ。
小さな家で家族全員が生活しているそう。ベッドも家族で1つ。

不思議な時間が流れてた。

ぴよまめ達は、今回のツアーで2つの島に行ったんだけど、
島と島の間の移動はこの舟↓で移動。
e0075832_1427943.jpg

これまた、トトラで作られてる舟。
おじさんが漕いでくれるんだけど、これがすごく良かった!
なんだか、時間がゆっくり流れてる感じ?
すっごく不思議な気分になって来たよ。すっごく不思議な気分。

別料金なんだけど、ぜひトトラの舟で島を渡ってみて!ぜひ!

と、こんな感じで島の人達がどうやって生活しているかとか、
学校はどんな感じなのかとかを見せてもらう。
学校に行った時は、子供達が歌を歌ってくれた↓よぉ。

e0075832_14332198.jpg
現地の歌はもちろん、
日本の歌も・・・

チューリップとか。

島を研究しに来た人が
教えてくれたんだって。



やっぱり、お土産は必須です!!!

島の観光後、これまた遺跡を見つつ空港へ移動。
次の目的地へ行くために、リマへ一旦戻るのであぁ~る。
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-08 11:32 | せかい。 | Comments(2)
本当は、マチュピチュ村って言うらしいんだけど・・・
かつては、アグアス・カリエンテスって呼ばれていたんだって。
駅の名前は、『アグアス・カリエンテス』って言うんだけどね。

そんな、マチュピチュの麓にある村。
ぴよまめ家は、ここに1泊して1.5日のマチュピチュ観光でした。
でだ!
このアグアス・カリエンテスで行っておきたいトコロがある!
それは、温泉♪
だって、アグアス・カリエンテスってスペイン語で温泉って意味よぉ!

素敵でしょぉ?イイ響きでしょぉ~?

さぁさ、イイ湯を求めてレッツゴォε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツっ!!!

まず・・・↓。

e0075832_7473964.jpg
入り口で
チケットを購入。

1人10ソル。
(※3ソル=約$1)
$3.5くらい。




この入り口の手前のお店で、水着やタオルが借りられます。
はっきり言って、水着はかわいい物ではないけど。
タオルは普通のバスタオル。
ホテルから持って来てもイイんだけど、そんなに高い物ぢゃないし、
ぴよまめ家は迷わずレンタル!(←3ソルくらいだったかな?)

そして、山道をグングン歩いて進んで行くと!
e0075832_7493697.jpg

温泉↑でぇ~すっ!!!

そう、ちょっと想像してたのと違うでしょ?
どっちかって言うと、市民プールのような雰囲気。
大衆的な感じがムンムンするわぁ。
石鹸持って体や洗濯物洗ってる人もいたもん・・・すごい。
(↑さすがに、湯船の中でなくって、外でだけど。)

更衣室も一応アリ。
掃除はされてるけど、美しい物を想像してはダメよっ!
ぴよ友様に『ビーサンが役に立つ!』と言われ、持って来たのが正解!
ただ、ホテルに置き忘れてきたのは大失敗(T◇T)
(↑ダメぢゃん・・・)

ビーサン、お忘れずに・・・

で、肝心のお湯ね!
これ、なかなかだったわよ。ぴよまめ家は好印象!
お湯は茶色だし、足元には砂利っぽいのが敷き詰められてるっぽいし、
そもそも外にあるんだし、美しい物は想像しちゃダメよ!

でも、イイ湯だった(〃▽〃)

湯加減はちょっとぬるめかな?
いくつかあるお湯の中で、1番暖かいトコロを選んでゆっくり入る。
そうすれば、体はポカポカです!
意外に深いので、要注意!(←浅いのもあるのかな?)
ぴよまめ(154.2cm)が立って入浴すると肩まで湯に浸かって丁度良い。

ただ、座ってゆっくりって感じぢゃないのよねぇ・・・

でも、それでも満足でごじゃるぅ~っΨ(`▽´)Ψ


ちなみに・・・
帰りも電車に揺られて4時間かけて帰るわけですが。
車内でファッションショー↓と即売会が行われますっ!おいっ!!!

e0075832_821381.jpg
乗務員が
モデルも販売員も
両方やる。

ちなみに、
全部アルパカ製品。

安くはないみたい。

でも、日本人は
イイお客さんなのか、
ショーの前には
日本語アナウンス有。




4時間も車内に監禁座らせるだけでは飽き足らずですよ。

高い電車料金なんだから、お土産として1品くれてもイイくらいだよぉ!
しかも、音楽をガンガン流してるから、寝ているコトも出来なかっただ・・・

ってか、ファッションショーが始まる前に起こされた感じ。
いやね?ショーの前に民族舞踊を披露てくれるんだけど、
その時に寝ている人にちょっかいを出して起こしている!!!
と、ぴよまめは考える。

ちなみに、その民族舞踊は『リャマ使いの踊り』↓っていうらしい。

e0075832_8271155.jpg
手に持っているのが
リャマ。

子供には
刺激が強そう・・・

とか言いつつ、
ちょっと笑える。


こんなリャマ使いが、寝ているあなたを優しく起こしてくれます♡
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-07 07:28 | せかい。 | Comments(2)
皆さぁ~ん!写真が復活しますよぉ~っ!!!
そうなの、そうなの!
PCが壊れたのはクスコでの出来事。マチュピチュに行く前!
つまりは、前菜を逃しただけなので、傷は浅かったってわけ!!!

ってなわけで、元気にマチュピチュへGoε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ

移動手段は、電車です。しかも、山を越えるし4時間もかかるのだ。
寝て起きても、まだ電車の中という状態。
ぴよまめ達の乗った電車は、行き帰り共に軽食サービス↓付き。

e0075832_13355125.jpg
行きは、
サンドイッチとケーキ。

帰りは、
クッキーとケーキ。

それぞれ、
ソフトドリンク付き。


それでも、4時間の電車の旅は辛いっす。席、狭いし・・・
(↑車で行けば、ずっとずっと早いらしいよ。)
(↑途中から先の道路建設が出来ないんだって。大人の事情で。)

さて、本題。マチュピチュねっ!!!世界遺産ですよぉ~。
マチュピチュは山の上にあるんだけど、麓の町からはバスで行く。
30分くらいかな?
ジグザグっと進んで行くわけです。

入山にはパスポート(コピー可)のチェック有です!お忘れなく!

で、いざマチュピチュ↓だ!どーーーーーーーーーーーーんっ!!!
e0075832_13423598.jpg

どこかで見たコトのある風景でしょ?
しかも、晴れてまぁ~すっΨ(`▽´)Ψ

多少雨も降ったんだけどね。でも、すぐに止んだし、上出来!

いやぁ~、すごいよ!
全部が石で出来てるんだもん!しかも、広いの!!!
水路もあって、当時住んでいた人全員分の水量が確保されてたんだって。
素晴らしい!
昔、子供たちが遊んでいたとされる大広場↓には、動物!
e0075832_1405087.jpg

リャマだか、アルパカだか、両方だかがいた。
呑気に草をムッシャムッシャ食べてましたがな。

暑くてノビてるヤツもいたけどね。

なんだか、時間がのんびり過ぎてる感じ?
特に、午後!
ぴよまめ達もそうだったんだけど、午前中に英語ツアーがあったのよ。
他にもグループツアーがあった模様。
午前中は、本当に人がたくさんいたっ!!!

なのに、ランチを食べて再度行った時には人が少なくなっててね。
日帰りの人を含め、帰りの電車の時間がある人は午前中だけなのよね。
午後遺跡内に残っている人は、泊まる人だけってコト。

しかも、早く下山してゆっくりしている人もいるだろうから、
午後は人が少なくなってるってわけだ。
(↑オフシーズンだってコトもあるんだろうけど。)

いやぁ~、堪能!
迷子になるくらい、遺跡の中は広い!もちろん、段差もある!
体力必要だわよぉ~。

そして、マチュピチュ2日目!
今日の日記の1枚目の写真の後ろに写ってる山に登ります!
この山、ワイナピチュって言うらしい。

マチュピチュ(=老いた峰)に対し、ワイナピチュ(=若い峰)です。

ワイナピチュに登るために、頑張って早起きしましてね。
朝1番のマチュピチュは、小雨模様だったんだけど、すぐに回復!
登りましたとも、山道↓を!

e0075832_14223317.jpg
豆粒のようなのが
人間サイズです。

少しだけ見える
スジみたいのが道。

結構急なんです。



そう、急なんです。
気軽な気持ちで山登りってよりは、岩登りみたいな部分もあり。
ロープ使って登り下りする部分もあるんだよ!!!!!
それでも、サンダルで登ってる兄ちゃんもいたけどね。
(↑お勧めはしません・・・)
ぴよ友様にもらったアドバイス通り、軍手が大活躍!
手をつくコトに抵抗がなくなるし、何よりも安全!

時間的には・・・1時間~1時間30分くらいかな?
ゼーゼー言いながら登った先には、マチュピチュを見下ろす景色↓。
e0075832_14325376.jpg

高いトコロまで来たもんだ。
そんな高い場所にも、家の跡があるのよねぇ。畑とか。

2つの山を行き来してたんだとしたら、随分タフな人達だったんだろうな。

それにしても、頑張って登った甲斐はあった!
爽快だもの!
天気もギリギリセーフだったし。
(↑ぴよまめが下山したら、雨が降って来たのだ。)

いやぁ~、すごい!
日帰りの人には時間的に厳しいと思うけど、時間のあるひとにはお勧め!
ただし・・・天気が悪いと何も見えないと思うので、注意ですな。

その後、雨が降り始めたわけですが、雨のマチュピチュもいとをかし。

ちなみに。
ぴよまめのお気に入りのうちの1枚をご紹介。

e0075832_1443414.jpg
2日目。
朝1番の写真。

直前まで
雨が降ってて
晴れた状態。

雲が少しずつ
上がって来てる。

すごく綺麗。


と、いつも通り
自己満の1品。





こんな感じでいかがざんしょ。
[PR]
by piyomame_type-r | 2007-01-06 13:29 | せかい。 | Comments(6)