Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ヨーロッパ旅行 ( 67 ) タグの人気記事

パリ観光おまけ。

ヨーロッパ巡業も終わりが近付いて来ました。
本日は、午後のベルギー・ブリュッセルへの移動だけで、
特にイベントもないので、ゴハン話を少々。

ぴよまめの泊まったホテルの周りには、
色んなレストランがあったから、ゴハンには困らなかったなぁ。
日本食レストランもあったし、食べてないけど中華やタイ料理なんかも。
やっぱり、ホテルの周りにレストランがあると便利ね。

その中でも、超おすすめの1店をご紹介!
『Le Plomb du Cantal』↓。ホテルから徒歩2分。近い!
e0075832_544972.jpg

パリ市内にもう1つ店舗があるみたいね。

このレストラン、前を通るたびにお客さんで賑わってたのよ。
で、行ってみたんだけど、大正解!!!2回も行っちゃった☆

メニューは大きく分けて、サラダ料理と肉料理との2種類。
ぴよまめは、サラダ料理を注文。
だって、他の人が食べてた生ハムサラダが美味しそうだったんだものっ!
で、注文したのはコチラ↓。

e0075832_5445861.jpg
目玉焼き乗せ
ポテトサラダ。

芋は300gなり。

多いって・・・




え?生ハムは???
そうなの、そうなのよぉ~!
イモ好きなために、ついついイモ料理を注文しちゃったの。

これはこれで美味しかったんだけどねぇ・・・

まぁ、予想出来る味って言うか、何て言うの?
『やっぱり、生ハムにしておけばっ!』って言う無念な結果に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。°°(>д<)°°。

ってなわけで、2日目に突入する運びとなりました。

今度こそ注文したのはコチラ↓。

e0075832_5453022.jpg
山羊チーズの
トースト乗せ
生ハムサラダ!

念願の生ハム!





厚切り大サイズの生ハムが3枚も乗ってますよ、ダンナぁ~っ!!!
最高(/∇\*)
山羊チーズ乗せトースト、これも臭くなくって食べ易い。
何よりも生ハムですってばっ!
ウマイっ!!!

ぴよダーの食べてた、サーモン乗せトーストのサラダも美味しかったし、
周りの人が食べてたお肉料理も美味しそうだった!

これは、毎日通って全部の種類を食べ尽くしたいっ!
と、思うほど。
デザートも全部自家製なんだって。
ケーキは本当に大きかったよぉ・・・(←見ただけで、食べる勇気はなく・・・)
アイスにはしっかり果肉が入ってるし、美味しかった!

そりゃぁ、深夜12時過ぎてもお客さんが減らないわけだよぉ~!
美味しいお店には、やっぱりお客さんが入ってるってもんだね!!!

まぁ・・・多少お値段が高いんだけどね。
サラダで€10~€13。
メインのお肉料理は€20前後。

でも、サラダorメイン1品だけで十分お腹いっぱいになるし、
何品も何品も注文することを考えれば、そんな高くないか。


パリに行ったら、ぜひっ!!!


ってなわけで、パリ観光も終了。ブリュッセルへ移動なり。
電車で1時間30分。
パリから日帰り旅行も出来そうな距離。

今回のお宿はこちら↓でぇ~す!!!

e0075832_5473629.jpgトラム駅から
まぁ、近い。

デザイナーホテルって
感じで綺麗。
部屋も広いし、お安い。

ただ・・・
エアコンのリモコンが
使用不可・・・

あと、比較的新しいホテルなのに、インターネットが使えないのが残念ね。
ってか、エアコンのリモコンがあるのに使えないってどうなの?
天井にある主電源で『入⇔切』をするしかないのは大変ですってば。
温度設定も変えられないしねぇ・・・

まぁ、エアコンがないよりはマシなんだと思うけど。






Le Plomb du Cantal(ゴハン)
 →  3,rue de la Gaite
    Paris 75014
TEL) 01 43 35 16 92


Hotel Floris Avenue(ホテル)
 →  Avenue Stalingrad 25/31
    Brussels,Belgium
TEL) +32(0)2 548 98 38
Mail) julie.dereyt@grouptorus.com


<電車>
Paris Gare du Nord
↓THALYS(15:55発 17:20着)
Bruxelles-Midi
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-08 05:41 | せかい。 | Comments(2)
パリに来たら、行ってみたい場所がある!
ヨーロッパって、歴史深い場所だし、色々触れたいものもある。

がっ!ぴよまめは『ディズニーランドパリ』に行きたかったのだ!
(↑またディズニーですか?)
だって、次にヨーロッパ来るコトなんてないかもしれないし、
パリ市内から1時間くらいで行けそうだし、ねぇ?

ってなわけで、行って参りましたよぉ~!
『ディズニーランド』と『MGMスタジオ』の2つあるんだけど、
やっぱり基本のディズニーランドに決定。
パリのディズニーランドのシンボルは『眠れる森の美女城』↓です!
e0075832_755352.jpg

なんだか、ちょっと・・・物足りない(T◇T)
シンデレラ城と比べると、ちょっと地味なんだよねぇ・・・

まぁ、ディズニーランドはどこの国で行ったって夢の国には変わりない。
雰囲気だって、そんなに変わらないのよ?

ってなわけで、ぴよまめ的お勧めアトラクションを少々。

まず、何と言っても『スペースマウンテン』↓!コレっ!!!

e0075832_87553.jpg
名前が
『Space Mountain
       :Mission2』
と、ちょっと違う。

外観も違うね。




ミッション2って何ですか???って感じだったんだけど、『2』だよ!
東京ディズニーランドのスペースマウンテンを想像してたら、度肝抜かれた。

暗い中をただ早いスピードで走り抜けて行くだけぢゃない。
音楽に合わせて、ノリノリで暗い中をグングン行くのよぉ~!!!
(↑2回目に乗った時は音楽かかってなくて、イマイチだった。)
音響と光の効果により、かなり興奮いたしました。

東京ディズニーランド開園と10年違うだけあって、
かなり高度なスペースマウンテンになっております。
ぜひっ!

と、もう1つ。
『ビッグサンダーマウンテン』↓。

e0075832_812518.jpg
見えますかぁ~?
湖に浮かんでるの。

完全に浮かんでます!






そう、そうなのよ!すっごく不思議だったのよねぇ~!
乗り場と、この山の部分とが分裂してるのよ。
なんとも不思議。
内容的には、そんなに変わりはないかなぁ( ̄^ ̄?
(↑東京ディズニーランドとね。)
ちょっと、短いかもしれない。あと、高低差は少ないかも。

でも、この完全に浮いてる状態が不思議だったので、書いてみた。
ただ、それだけ。



そうそう、パレード。
夜のパレードがなく、昼のパレードだけなんだよねぇ~。

このパレード、色んなキャラクターが勢揃い!
もちろん、ミッキーやミニーも出て来る↓わよぉ~!!!

e0075832_9252687.jpg
ミニー・・・・・
ちょっと前に出過ぎ。

もっとミッキーを
堪能したかったのに。





ミニーがね、前に出過ぎていたため、ミッキーを堪能出来ませんでした。
残念。
園内でも、ミッキーに会うコトはなかったし。

(丿>ロ<)丿 ┤∵:.

パリのディズニーランド、なかなか楽しかった!
いや、かなり楽しかった!!!
なんとなぁ~く、雰囲気がのんびりしてて、イラっとするコトもあったけど、
気にしない、気にしない。
園内はちょっと狭かったかなぁ( ̄^ ̄?
(↑本当は意外に広いらしいんだけど。)

フランス人は英語を喋らないって聞いてたから、ビビってたんだけど、
さすがにテーマパーク内では、普通に英語で会話してOKだった。
(↑ように、思える。=ぴよダーの行動より解釈。)
まぁ、いつもの通り、ぴよまめは英語すらNGなので、
そこらへんの実感は湧かないんですけど。おほほ。

でも、なんとなく英語OKだと聞くと、親近感湧かない?
なんとなぁ~く、行き易くなるでしょ?

それに、同じディズニーランドでも、ちょっとずつ違うから、
その違いを探しながらってのも楽しいかもしれない。

ただ、下手したらミッキーに会えないかもしれないけど・・・
でも、満足、満足。
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-07 09:31 | せかい。 | Comments(3)

パリ観光続きの続き。

パリ3日目の今日は、美術館のハシゴをば。
パリって、本当にたくさんの美術館があるのねぇ( ̄^ ̄?

とりあえず、ルーヴル美術館は行こう。
ただ、すごい人混みの日は3時間待ちもあるって言うぢゃない。
それは困った・・・
が、ガイドブック情報によると、パリ美術館のフリーパスを買うと
毎回チケットを買わなくて済むのに加え、
行列に並ばなくて良いらしいぢゃないっ!!!
コレは買わねばっ!

1日券を買って、3つの美術館に行けば元が取れるんだけど、
2つの美術館なら、料金€2くらいだから、並ばなくて良いなら買いだね。
ルーヴル美術館で1日券を買うとすると、これまた並びそうなので、
もう1つの目的場所・オルセー美術館で購入するとしよぉΨ(`▽´)Ψ

がっ!!!

大変です、隊長っ!!!
美術館フリーパス・1日券は販売してないそうですヽ(;゜Д゜)ノ
2日券からだって言うぢゃないですか・・・
しかも、連続した2日間ぢゃないとNGとは・・・
そ、そ、そ、それは・・・フリーパス購入断念で。
(↑だって、ねぇ・・・)

気を取り直して、美術館巡りへレッツラどん!

①オルセー美術館。
昔、駅だった建物をそのまま改装して造った美術館だそうで、
外観はもちろん、中に入ったメイン通路が駅そのまんま!こんな↓感じ。

e0075832_7254794.jpg

ホームっぽくない?
駅にあるような
大きな時計も
通路正面にある。





1階、2階、5階に分かれてるんだけど、5階に有名な絵がたくさん!
(↑3階、4階はどこに行っちゃったんだろう・・・)
モネ、マネ、モマ、ゴッホ、セザンヌ、ルノワールなどなどなど・・・
ぴよまめでも知ってるような名前がずらりっ!!!
そして、写真も撮り放題Ψ(`▽´)Ψ

コレ、嬉しいね!

それにしても、相変わらず惜しむコトなく大解放↓ですよ。

e0075832_7261178.jpg
ほとんどの作品には
ガラスすら付いてない。

柵もロープが
張ってあるだけ。

ガラスに入ってるのも
あるけど。


やっぱり、どこかで見たコトのある作品を見るのは楽しいね。
『あっ!コレ、どっかで見たコトあるよ!』ってな感じ。
たいていは、美術の教科書で見ているはずなんだけど。
(↑詳細は覚えてない・・・)

ルーヴルが待っているので、サクっと1階・5階だけを見たんだけど、
十分お腹いっぱいになるね!
ちなみに人気がないのか、2階には人がパラパラしかいなかった。


さぁ、次行こうっ!
②ルーヴル美術館。
名前はかなり有名なので、ぴよまめも知っておりました。
(↑基本だって?)

コレねぇ~。広いっ!!!
30万点を越えるコレクションがあるんですってよ?すげぇ~。
今日は平日だからか、さすがに3時間待ちって感じぢゃなかったなぁ。
ルーヴル美術館って、入り口が1箇所ぢゃないんですって。
中央入り口を入れて3つ。
この、中央入り口以外の入り口は比較的空いているんだって。

ぴよまめも、そちらを使用。
そしたら、バッチシ空いていましたがなぁ~!
チケット購入だって、待ち時間ゼロ↓でぇ~す!!!

e0075832_7263420.jpg
どうだっ!

この入り口を
使わない手はない!

今回は、
ポルト・デ・リオンって
入り口を利用。


これまた、これでもかぁーーーーーーーーーーーーーー!ってくらい、
作品がずらぁ~っと並んでたよ・・・
ただねぇ。写真撮影は禁止です。残念っ!!!
(↑彫刻部門はOKみたい。絵画部門がNGなのね。)

そして、人がうじゃうじゃ・・・
人気のある作品の前には、人がずらぁ~って感じ。
『モナ・リザ』とか。
(↑これが1番人が集まってた。)

ま、ぴよまめもそのうちの1人だったんだけど。

相変わらず、ほとんどの作品にはガラスケースもなく展示されてた。
たまぁ~に、ガラスケースに入れられてるのもあるけど。
きっと、それは『超』高い作品なんだと、思われる。
(↑価値も値段も、超1級品って感じ?)

これまた、どっかで見たコトのある作品を見るのは楽しい。


でも、『どっかで見たコトがある感』のある作品は、
オルセー美術館の方が多かった気がするなぁ( ̄^ ̄?
ルーヴル美術館は、浅めに広く多くって感じなのかな???

それにしても、美術館観光って疲れるぅ・・・
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-06 07:24 | せかい。 | Comments(2)

パリ観光続き。

AM5:30起床。辛いぃ(T◇T)

朝も早くから、向かった先は『モン・サン・ミッシェル』。
・・・・・・・・・・( ̄^ ̄?
世界遺産らしいんだけど、知ってます???
ぴよまめは、知りませんでした。おほほ。

なんでも、孤島の上に建ってる修道院らしいよ。
歴史的にも建造物的にも貴重なものらしいで、ございます。

パリ市内から電車で2時間30分、その後バスで1時間30分。
約4時間もかけて行くわけですよ。
モン・サン・ミッシェル行きのバスも、1日に数本しかないし、
何とも行き辛いのねぇ~。
でも、フランスで最も人気のある観光地になってるらしいよ。
(↑ガイドブック情報ですが。)
本当かね?

朝9:30のバスには、日本人を中心に、アジア人構成。
修学旅行に行くような気分。
(↑ほとんど寝てたくせに・・・)

そんな大移動の末に見える景色はこんな↓感じです!
e0075832_848919.jpg

この写真に見えてる道路、これが島までの唯一の道路になるわけ。
で、周りは干潟になってる↓感じ。

e0075832_8482571.jpg
ずぅ~っと砂浜。

満潮時には
あっと言う間に
潮が押し寄せるらしい。

すげぇ~。




1枚目写真の天気と2枚目写真の天気が違うでしょ?
そうなのよぉ~。
現地に着いた時に雨が降り始め、その後ザーザー降り。
しょうがないから、ランチしてたら止み始めたのよねぇ~。ラッキー!
この修道院の中も見学出来るんだけど、
見学し終わったら、晴れて来た感じ。

ラッキーΨ(`▽´)Ψ

修道院の中と言えば・・・・・・・・・・・( ̄^ ̄?
コレと言って、面白い物があるわけではなかったなぁ・・・
ごめんなさいね?中途半端なレポートで。

そうそう、18世紀頃は牢獄に使われてたんだって!
修道院→牢獄って、不思議な感じよね。

この島の周りにも何もないし、外観を楽しむのが大半だったかしら。

ぴよダーは、念願叶ったみたいで良かったらしいけど。
ここは、好みが分かれるわね。
嫌いぢゃないけど。

時間が許すなら、訪れてみるのも良いかも。


あ、そうそう。
モン・サン・ミッシェル名物って書いてあった『オムレツ』↓!

e0075832_8495212.jpg
本家本元のオムレツは
€35以上!

高過ぎるので、
近くで食べられる
お手頃なお値段の
お店で食す。
€8なり。




コレね、普通だった。
普通の大きい卵焼き。まぁ、フワフワしてたけど。

€8なら、名物ってコトで許せるけど、€35はちょっと・・・
本家本元は、もっともっと美味しいのかもしれないけど・・・
でも、所詮・・・・・オムレツよね(T◇T)
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-05 08:47 | せかい。 | Comments(5)

パリ観光。

寝台列車にはTVも何もないので、11時前には就寝。
それは、それは、良く寝たぁ~っ!

ただ、朝食が付くって聞いてたのに、なかったけど・・・
何だか、損した気分。
(↑本当に朝食付きなのかも分からないくせに・・・)

でっ!
朝起きたら、フランスでぇ~すΨ(`▽´)Ψ
フランスで、まず最初にしたいコト。
そ・れ・は☆シャワーを浴びたいっ!!!

ってなわけで、今回のお宿↓へ直行。荷物もあるしね。

e0075832_3441783.jpg
フロントまでの螺旋階段。
これが、意外に辛い・・・

もちろん、駅近。

エアコン完備!
コレ、大切ね。
でも、冷蔵庫はない。


1泊€78だし、文句は言えないか。


すっきりさっぱりなぴよまめが向かった先は、コチラ↓。

e0075832_3443355.jpg

エッフェル塔。

東京タワーみたい。
展望台は3段階になってる。
これも東京タワーみたい。

最上展望台まで€11。
安くはないわよね・・・








とりあえず、最上階の展望台まで行きましたわよ。
せっかくだし。
階段でも登れるけど、ココは大人の手段を使ってエレベーター。
だって・・・もう疲れたんだもん。

この1番上の展望台がねぇ~。
怖かったぁ~。
ってか、混んでたぁ~。

混んでたのよ、さすがに。
チケット買うのに並んで、上りエレベーターに乗るのに並んで、
下りエレベーターでも更に並ぶ・・・
人混みに疲れた感がたっぷり。

そして、怖かった。バビった。
1番上の展望台は、本当に高いのよね。
周りに高い建物がないから、余計に高いトコロにいる気になる。
見下ろすとこんな↓感じ。
e0075832_3445176.jpg

へっぴり腰のぴよまめ、出来上がりぃ~!!!

ふぅ~、怖かったぜ。

でも、風が吹いてて気持ち良かったし、
パリの街並みを一望出来るので、良い観光スポットだね!



そうそう。
特別、日本食が恋しいわけぢゃなかったんだけど、
今日は日本食フェアーでした。
だって、うじゃうじゃ日本食店があるんだもん。
うどん、ラーメン、寿司などなどなど。

で、『地球の歩き方』にも載ってた讃岐うどん屋さんに行ったの。
コレが、美味しかったぁ~!その名も『国虎屋』↓。

e0075832_3452297.jpg

日本食レストランが
並ぶ中にある。
地下にも席があって、
思ったよりも広い。

結構混んでた。



地球の歩き方に載ってるからか、混んでた。
でも、フランス人だけで来てる人もいたし、
普通に美味しいんだと思う。

ただ、『薄味でだしの効いた讃岐うどん』って書いてあったけど、
薄味ではなかったなぁ( ̄^ ̄?
どっちかって言うと、濃い味。
まぁ、ぴよまめは少し濃いくらいの方が好きだけど。

うどん自体は、ツルツルしてて美味しかったΨ(`▽´)Ψ
これで、もう少しお値段設定が低かったら言うコトないんだけど。
まぁ、物価を考えればしょうがないか。

いかがでしょぉ~!!!




Hotel Du Parc(ホテル)
 →  6 Rue Jolivet
    Paris,France
TEL) +33 143 209 554
Mail) mail@otelduparc-paris.com


国虎屋
 →  39 rue Ste-Anne 1er
    Paris,France
TEL) +33 147 033 365
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-04 03:43 | せかい。 | Comments(2)
ローマの中にある、世界で1番小さな国・ヴァチカン市国。
行って参りました。
普通にローマの中にあるのね。
歩いてると、城壁が突然現れて、そこからは別の国。
なんとも不思議。

ローマの中にあるからって、一応ちゃんとした国なわけだし、
パスポートとかのチェックがあるのかと思ったら!
ございませんでした。
さらぁ~っと入国完了。
美術館や聖堂なんかの建物の中に入るには
ちゃんとしたセキュリティーチェックはあるんだけど。

とりあえず、ヴァティカン美術館↓へ。

e0075832_339058.jpg
入るまでに
超ーーーーー!長い列。
1時間は待ったな・・・

スリ集団にご注意を!





ここは、インターネット予約が出来ないので、
地道に並びましょう。
昼過ぎには行列も少なくなってたとか書いてあったけど、
そんなコトないよぉ。°°(>д<)°°。
暑い中、並びましたよ、隊長。

こちらでも、バッチシ教科書に載ってるような絵がたくさん。
例えばコチラ↓。

e0075832_3392065.jpg
『アテネの学堂』。
ラファエッロの作品。

この絵の中に
自画像を入れちゃったって
話は聞いたコトあった。



なにぶん、写真も撮り放題だし、嬉しいぃΨ(`▽´)Ψ
と、思ってたらっ!
メインの絵のある部屋(ってか、礼拝堂)は撮影禁止だって~っ!

ココまで、自由に撮らしてくれてたくせに・・・

ちなみに、その『システィーナ礼拝堂』には、
ミケランジェロの『最後の審判』や『アダムの創造』なんかが
壁に描かれておりました。
まぁ、この礼拝堂はローマ法王の公的礼拝堂だって言うし、
入れるだけでも有り難いのかしらねぇ( ̄^ ̄?

そして、相変わらず貴重な絵や彫刻が多すぎて・・・
有難味が薄くなっちゃったわぁ・・・


そして、もう1つ。
『サン・ピエトロ大聖堂』↓。

e0075832_3395181.jpg
後に見える部分。
ちなみに、手前は回廊ね。

聖ペテロの墓の上に
建てられてるんだって。
へぇ~。
(↑反応がニブイ・・・)


この大聖堂、すごいよっ!!!
さすが、カトリックの総本山っ!!!
デカイ!豪華!!!
でも、キラキラと金が豪勢に使われてるのとは違って、
落ち着いている感じがしたわぁ~。
でも、すごいよ、本当にっ!!!

いやぁ、『すごい!』としか言えなくて申し訳ない。
でも、すごかったんだって。
(↑結局、『すごい』しか言ってないけど・・・)

コレ↓だけぢゃ、分かり辛いと思うけど、写真を1枚。

e0075832_3402115.jpg

デカイ!
豪華!
神秘的に造られてると、
ぴよまめは思う。





ぴよまめが、美術館に並び始めた時は、
大聖堂の列も、これまた激しく長かったんだけど、
美術館を見終わった後に見てみたら、列は減りに減って、
サラっと入るコトが出来ました。

良かった、良かった!


そんなヴァチカン市国観光も終了し、次なる地・パリへ移動。
今回、ぴよまめ初体験の1品。寝台列車でぇ~すΨ(`▽´)Ψ
車内はこんな↓感じ。
e0075832_3404231.jpg

カーテンで仕切られてるのかと思ったら、
しっかり個室になってた。最大3名ね。
洗面台とベッドがあって、とりあえずは生活出来そう。
椅子の部分にベッドが出現する仕組み。
鍵もかかるし、安心だわねぇ。

ちなみに、ぴよまめはどんな状況でも寝れるので、
電車の揺れや音なんか、全く気にならなぁ~い(≧∇≦)

ただねぇ・・・
食堂車のゴハンがイマイチだった。
メイン料理とデザートが2つから1つ選べたんだけど、
あとは全員同じメニュー。
しかも、1人€26と、少々高め。
なのに、味はそんなに美味しくはなく・・・

ドイツ鉄道の食堂車の方が断然良かったっ!




<電車>
Roma Termini
↓EN(18:40発 翌9:10着)
Paris Bercy
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-03 03:37 | せかい。 | Comments(2)

ローマ観光続き。

暑いっ!
どうにかならないものかねぇ、この暑さ・・・

ローマ観光2日目は、連日の疲れもあってか10時過ぎ起床。
今回泊まってるホテルの朝食は、部屋食↓だから、食べてから観光。

e0075832_5231773.jpg
←コレが朝食セットね。
部屋食って言っても、前日のうちに
パンが部屋に用意されてるだけ。
ジャムは数種類あるけど・・・

あとは、紅茶とジュース。


向かうは1つ!『コロッセオ』↓。

e0075832_5354637.jpg
映画・グラディエーターで
お馴染みですね?
またもやセレクトが古い?

残念ながら、
ラッセル・クロウは
いなかった・・・
(↑当たり前だって。)


この中に入れるんだけど、チケット売り場の長い列ときたら・・・
日陰だからイイとは言え、蒸し暑そう・・・
ってなわけで、裏技を試してみよぉΨ(`▽´)Ψ

『コロッセオ』と共通チケットになってる『パラティーノの丘』があります。
共通チケットって、1つのチケットで両方とも入場出来るのよ!
だったら、先に空いている『パラティーノの丘』でチケットを購入し、
その後にコロッセオに行けばイイぢゃん?みたいな。
(↑って、インターネットに載ってた。)

ってなわけで、『コロッセオ』のお隣にある『パラティーノの丘』へ!
そしたらっ!
チケット売り場の列はほんの少しでしたぁΨ(`▽´)Ψ
正解っ!
時間がなくて『パラティーノの丘』の見学をしないとしても、
チケットの購入はこっちでした方が良いみたい!
だって、買いに行くまでの時間を考えても、時間短縮になるんだもん!

その『パラティーノの丘』はこんな↓感じ。

e0075832_5502825.jpg
要は遺跡ね。

古代ローマ時代の
高級住宅街
なんだってぇ~。





丘の上に遺跡がずぅ~っとあって、その中を散歩する感じ。
辺り一帯が高級住宅街の遺跡ってコト以外は、
コレと言って見学するようなトコロもないので、プラプラ散歩。

これはこれで気持ち良いんだけど、時間のない人は高台に上って
写真を撮るついでに眺めるような感じで十分かと。

さぁ、さぁ、さぁ!
お次は、本目的の『コロッセオ』へ!
チケット売り場の行列を横目に、中↓に入りましょうε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ

e0075832_5562848.jpg
デカイ!
広い!

当時の収容人数は
5万人以上っ!

東京ドームにも
負けませんよぉ!


コレ、手造りでしょ???
考えられませんな。素晴らしいっ!!!
しかも、アリーナ部分は大理石だったんだってっ!豪華ぁ~!

横で話してたガイドさんの話(盗み聞き)によると、
アリーナには砂利が敷いてあって、血が付いても交換可能だったとか。
水を張って戦わせたりもしてたって言うし、
血が出るわ、天国に行く人もいるわ、命懸けだね・・・
(↑本当に命懸けてるんだけどさぁ・・・)

いやぁ~、すごいっ!

そんな、すごい1品を見た後は、もう1つの目的地↓へ!

e0075832_65288.jpg
真実の口。

オードリー!
ってか、アン王女ぉ!

もちろん、
写真撮影の際には
口に手を入れましょう☆


写真撮影のための人の行列が凄いとは思ったけど、
みんな写真撮影をパパっと終わらせて、帰って行くからあまり待たない。

今日もやってしまった、『ローマの休日』ロケ地観光。
まぁ、どこに行っても有名なトコロはロケに使ってるんだと思うけど。

それにしても・・・暑かった(T◇T)
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-02 05:18 | せかい。 | Comments(4)

ローマ移動+観光。

今日から7月ですね。早い。
そして、ぴよまめの世界征服・ヨーロッパ巡業も1ヶ月。長い。
おかげさまで、体調も崩すことなく、無事でございます。

諸事情のために壊れたスーツケースも、大破するコトなく無事に機能中。
ブログも、夏仕様に涼しくしてみました。

さて、本日はローマに移動です!
そう、『ローマの休日』のローマですがな!!!
(↑ちょっとセレクトが古かったかしら?名作だから、イイわよね。)

電車で約1時間30分。
イタリアの電車は遅れるって聞いてたけど、しっかり遅れてた。
電車の旅は、多少余裕を持たないといけないわね。
フィレンツェ→ローマの途中、車内からは自然たっぷりな風景が。
『今までの車窓風景で1番キレイだったかも』と、思ったのはコチラ↓。

e0075832_5422410.jpg
ひまわり畑。

しかも、
色んなトコロで
発見!





ぴよまめ的には、『TOYOTA・WiSH』のCMが思い出され、
『宇多田ヒカル・COLORS』が頭の中で流れたわぁ~Ψ(`▽´)Ψ
(↑分かっていただけますで、しょうか。)

イタリア旅行の中での最南端・ローマは暑いっ!!!
穿いているジーンズが、ジトぉ~って張り付いて来る。
暑いの、イヤだぁ(丿>ロ<)丿 ┤∵:.
(↑アトランタも暑いらしいよ・・・)

負けずに、ローマ観光!
ローマと言ったら、コレっ!ベタだけど、『スペイン広場』↓!

e0075832_5592562.jpg
お馴染みですね。
オードリーですよ!

今は、ココって
飲食禁止なのね。
つまり、アイスを
食せない・・・

残念・・・

こちら、人、人、人っ!!!
写真撮るのにも一苦労・・・スリには気を付けましょう!
と、言っても、人ごみのトコロには警察屋さんをよく見掛ける。
注意深くしてれば、大丈夫なのかな( ̄^ ̄?

そして、『トレヴィの泉』↓。

e0075832_693518.jpg
人、人、人っ!

そして、ココも
オードリーぃ~!






意外に大きくて、迫力があって、ビックリした。
もっと小さいのかと思ってたもんだから、ねぇ。

スリに注意ですよぉ~!!!
でも、ここでも警察屋さんがいらっしゃる。有り難いわね。

そして、『肩越しにコインを投げると再びローマを訪れられる』っていう
有名なエピソード。
ミーハーぴよまめは、もちろん投げて参りました。
がっ!
インターネットしてたら、『肩越しに投げて振り返らない』と、
あるではありませんかぁヽ(;゜Д゜)ノ
バッチシ確認しちゃった☆振り返っちゃった☆

ま、いいや。気分的な問題だしね。

ふぅ~。暑い・・・

そして、本日のお宿はコチラ↓でぇ~す!

e0075832_6213512.jpg
Aenea Superior Inn。

普通のアパートの
中にある感じ。

かなり内装は
新しい。




駅からは近いと思うんだけど、坂が多くて辛い・・・
エアコンは完備だし、無料インターネットが出来るのもイイ!
まぁ、贅沢は言ってられないってトコロか・・・



Aenea Superior Inn(ホテル)
 →  Via Urbana156
     Rome,Italy
TEL) +39 034 840 67222
Mail) aenea_rome@yahoo.com


<電車>
Firenze S.M.Novella
↓ES(8:53発 10:30着)
Rome Termini
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-07-01 05:31 | せかい。 | Comments(3)

フィレンツェ観光続き。

暑い、暑い、超ーーーーーーー暑いっヽ(`Д´)ノ
フィレンツェ2日目は、ちょっと遠出。
どこにって?ピサにε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ

フィレンツェからピサまで、電車で約1時間。
ピサ駅からバスに乗って、約20分。
目指すは1つっ!『ピサの斜塔』↓なりよぉ~!!!
e0075832_451554.jpg

分かるかしら?傾き。本当に傾いてるの!
(↑傾いてなければ、『斜塔』ぢゃないんだけどさ・・・)

バスで移動したってコトで、周りには何もナイ・・・
そこらにいる人も、観光客か、露天商か、パチ物売りの兄ちゃん。
ピサの斜塔行き&帰りのバスはすっごく混んでたし、
『混んでいるバスはスリに注意!』って書かれてるから不安だったけど、
ちゃんと気を付けてれば、まぁ大丈夫そう。

普通の路線バスだし、観光客だけしか乗ってないわけぢゃないし。
(↑だから危険だってウワサも少々。)

でっ!
斜塔ね、斜塔っ!!!
ココにも登れまぁ~すΨ(`▽´)Ψ
当日でもチケットは買えるけど、待ち時間が分からないし、
予約して行くのが無難かも。
世の中、インターネットって便利になったわよねぇ~。

バッグは預けて登るんだけど、水とカメラは持ち込みOKだから、
お忘れなくぅ~!!!
(↑カメラはイイとして、暑い日の水は必須だと思う!!!)
またもや階段。
斜塔って言うだけあって、傾いてる建物の中の螺旋階段は不思議。
傾きのおかげで、登り易くなってる部分もあれば、その逆もアリ。

で、登った先には↓っ!!!

e0075832_545488.jpg
・・・・・・・( ̄^ ̄?
意外に普通。

綺麗だけど、
景色の綺麗な
高いトコロに
登り過ぎた・・・



そうなのよねぇ~、周りには何もない分、普通だった。
見てて意外にキレイだったのは、同じ敷地にある隣の大聖堂。
あと、観光客を上から見下ろすのは楽しかったよ(≧∇≦)
(↑みんなして、同じ斜塔を受け止めるポーズで写真撮ってるの☆)

まぁ、ぴよまめもしっかり同じポーズしたけどさ☆

斜塔に登ってると、『ココが斜塔なんだ!』ってのが分からず、
意外に下から見てる方が『斜塔に来たんだぁ~!』と、思えるかも。

でもね?
登るのもイイわよ?
なぜって???
傾いている斜塔に立っている気分は最高!に、恐ろしい。
柵があるから、イマイチ分からないんだけど、
1度気付いちゃったら・・・恐ろしいですがな、隊長・・・


まぁ、早起きして行った甲斐があったってもんよ。
暑かったけど(T◇T)

その後、『アカデミア美術館』に『ダヴィデ像』を見に行くも、
すっごい長い行列を見て断念・・・
だって、並ぶ列は長いし、日向だし、イヤだったんだもん。
(↑根性ナシ。)
しょうがないので、ウフィッツィ美術館の前にあったコレ↓で我慢。

e0075832_5242119.jpgにせダヴィデ像。

ぴよダー曰く、

『本物は
もう少し白くて、
もっと大きい・・・』

だ、そう。


まぁ、本物を見たかったけど、自分の根性のなさは承知してるし、
暑い中ずぅ~っと待って、体調不良になっても大変だ、しょうがない。

ってなわけで、ピサの斜塔→アカデミア美術館コースの方、
ぴよまめのお勧めは、朝にピサの斜塔へ行き、
夕方の4時くらいにアカデミア美術館です(≧∇≦)

もちろん、両方共予約をする時の場合ね。
これだったら、時間に余裕があるから、夏場でもゆっくり行動出来る!
いかがでしょぉかぁ~!!!
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-06-30 04:43 | せかい。 | Comments(3)
今日は、AM6:30の電車に乗るため、AM5:30起床。
はっきり言って、辛かったぜ(T◇T)
朝も早い電車だから、人も少ない、少ない↓(左)。
e0075832_6522880.jpg

飛行機でもないのに、ドリンクとお菓子がサービス(右)されちゃったり☆
(↑贅沢にも、1等車に乗り込んだかららしいけど。)

そして、『水の都・ヴェネツィア』から移動するは、『花の都・フィレンツェ』。

フィレンツェね。フィレンツェに行ったら、ココ↓に行かなくちゃでしょぉ!

e0075832_6561917.jpg
ドゥオモ。

クーポラっていう
展望台は階段で
登れる!
€6なり。




464段の階段があるらしい。(←ガイドブック情報より。)
プラハ城の時で飽きたので、今回は段数数えてません。多いし。
でもね?
最近、運動量が増えてるからか、意外にラクチンだったの(/∇\*)
まぁ、暑いし、息もあがるけどさ☆
(↑エバって言えないってば・・・)

そして、(たぶん)464段の階段の先にはっ!!!
e0075832_72629.jpg

フィレンツェの街並みが一望っ!!!

   『 フィレンツェのドゥオモは
          恋人たちのドゥオモ
                永遠の愛を誓う場所 』

コレですよ、コレ。『冷静と情熱のあいだ』ですってば。
って、ぴよまめもこの旅行に来る前に予習として、
ぴよ友様にDVDをお借りして初めて見たんだけどね・・・おほほ。

もちろん、竹野内豊もケリー・チャンもいませんがね。
(↑当たり前だって?)
でも、DVD効果は大きかったぁ~!おぉぉぉぉっ!これか!って感じ。
(↑基本的にミーハーだから☆)

そして、ウフィッツィ美術館(の、写真がなかったから美術館の廊下)↓。

e0075832_7121685.jpg
美術の教科書で
見たコトの
あるような絵が!

ボッティチェッリの
ヴィーナスの誕生
春(プリマヴェーラ)



良い作品だろう物がたくさん!
暑さに負けて倒れた勢いで、絵に傷付けちゃったらヽ(;゜Д゜)ノ
と、思うと恐ろしくてしょうがない。
『ごめんなさい』で済まないんだろうなぁ( ̄^ ̄?
だったら、美術館の中をもう少し涼しくして欲しいところだわ。
(↑作品を保存するためには、多少の暑さもしょうがないの???)

ただ・・・
これだけ『これでもかぁ~!』って具合に、作品が所狭しと並んでると、
有難味が薄くなっちゃうわよねぇ~。
やっつけ仕事的な感じ?
美術好きの人にはたまらないんだと思うけど。

ごめんなさいね?芸術の心が薄くて。
(↑嫌いぢゃないんだけど。)

そうそう。
ウッフィツィ美術館に行こうとしてる方、予約は必須ですぜぇ~!
インターネットで出来ちゃう時代だし、ぜひっ!
予約のない人の列は、長いし、暑そうだった。

インターネット予約に不安のある人は、美術館に直接行ってもOK。
前日の予約も取れそうだし。
当日『とりあえず行くかぁ~!』ってのは、危険な香り。

それにしても、暑い・・・
(↑ヴェネツィアに比べて、湿度が少ない分助かるんだけど・・・)


そして、本日のお宿はコチラ↓。

e0075832_7474551.jpg
Hotel Caravaggio。
駅からは、
まぁ近い。

観光にも便利。





今回のホテルにも、無料のインターネットがっ!
コレ、ポイント高いね。





Hotel Caravaggio(ホテル)
 →  Pizza Indipendenza5
     Florence,Italy
TEL) +39 32 878 172 16
Mail) carlo@carlomagnos.com


<電車>
Venezia S.Lucia
↓ES(6:32発 9:21着)
Firenze S.M.Novella
[PR]
by piyomame_type-r | 2006-06-29 07:58 | せかい。 | Comments(1)