Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

書く書くと言ってたので、書きます。
まぁ、今回はコレがメインと言っても過言ではないし。ワイナリー見学です。

サントリーのワイナリー以外は、勝沼にあるワイナリーを散策。
結局・・・7ヶ所か。(←サントリーを除く。)
同じワイナリーに2度行ったりもしたので、回数的にはもう少し多いんだけど。

で、一言!まぁ、どこも一緒ですよ(T◇T)
特にワイン工場。超ーーーーーー簡単に言うと・・・↓。
e0075832_154865.jpg
葡萄の実を房からガッシガッシ機械で取り、潰して絞って熟成させる。

熟成の時間や方法はワインによって異なり、よく見る樽はもちろん、金属のタンクもあり。それもこれも、ワインによって変えるそうだ。

以上。


あとは・・・・・樽は、フランスのオーク材がよく使用されているらしい。
どの木材を使うかは、これまたワインにもよるんだけど、フランス産は香りがイイらしい。
(↑もちろん、フランス産オークは、お値段も高いらしいでっせぇ~。)

基本はこんな感じですよ、ホント。
加えて、そのワイナリー(ってか、ワイン工場)によって面白いトコがあったのでご紹介。

e0075832_162164.jpg
その①。
丸藤ワイナリー

1890年創業の老舗。
写真にも写っている蔵では、試飲・販売が行われているんだけど、この蔵!味がある!
とぉ~ってもお洒落。


ぴよまめが行った時、工場見学は『ご自由に・・・』状態。
で、この蔵の脇から見学ルートを進むと、ワインセラーになってるトコ発見。
瓶熟成(瓶に入れた状態で熟成させること)中。そのセラーの壁↓を見ると・・・。
e0075832_164397.jpg

キラキラ光ってて綺麗でぇーーーーーーーーーーすっ(≧∇≦)
分かるかしら?小さく小さくキラキラしているのが♪

これ、酒石(しゅせき)って言うらしい。

酒石は、酒石酸とカリウムが結合したものらしいんだけど、それが壁に付着してるの。
そもそも、ココ自体がワインを熟成させておくためのタンクだったから付着してるらしい。

すっごくキレイ!キラキラキラぁ~って♪
このセラーの空間がとぉ~っても幻想的なので、オススメ!

e0075832_174442.jpg
その②。
マンズワイン

キッコーマンのグループ企業で、1962年設立されたワインとブランデーのメーカー。
ワイン以外のお土産も売ってます。


工場見学は相変わらずなんだけど、展示室がなかなか面白かった。
その中でも1番面白かったのはコルク↓!
e0075832_182522.jpg

コルクがどうやって出来るのかとか、どうしてコルクを使うのかとか、
そう言われれば考えもしなかったことが説明されてるんだけど、面白い!

コルクは、コルク樫という木の皮から出来てるって知ってました?
『木の皮』なので、再生されるの!なので、皮を剥ぐだけで木を伐採しなくても良いの!
(↑ぴよまめは知りませんでしたぁ~。)

コルクだけに限らず『ほぉ~』とか、『へぇ~』とか、関心しっぱなし。
他のワイン工場見学では触れられていない、かゆいトコロをかいてくれますのよ♪

e0075832_19139.jpg
その③。
原茂ワイン

言います・・・
単純にココの雰囲気が好きだーーーーーーーっ!

以上。


完全な趣味の世界ですが・・・
e0075832_1101362.jpg
工場見学はないんだけど、葡萄狩り出来ます。葡萄の販売もしております。
葡萄棚の下でBBQもできるのよっ!

ココ、母屋の1階がワインの試飲&販売になっていてるんだけど、味がありますのよ。
何て言い表したらイイのか分からないけど、古民家っぷりがイイ!

2階は4月から11月までの期間限定でカフェを営業しているらしく、この日もオオ香りがぷぅ~ん♪ってしてました!

まぁ、他のワイナリーでもぶどう狩りが出来るトコロはあるし、周りにぶどう狩り&販売の専門農園がたくさんあるんだけど・・・BBQやってるトコもあるし。


アレですよ、アレ。雰囲気がイイのっ(≧∇≦)
(↑結局、最初に戻ってるよ・・・)


こんな感じです。
意外(?)に、ぴよまめ家の好みは、大きいワイナリーよりも小さいワイナリーだったなぁ~。
大きいトコは『うちは、こぉ~んなにスゴイんだ!』オーラがすごくって・・・残念な感じ。
サントリーもメルシャンも、目玉商品は試飲できなかったし。
(↑いや、超高級ワインまで無料で試飲させろとは言わないけどさぁ~。)

ってか、試飲できたものはどれも大して美味しくなかったらしく、結局何も買わず。
シャトーメルシャンシリーズは、かなり興味があっただけに残念。試飲したかったな。
(↑さすがに、試飲もせず買うのもね・・・アレだし。)

ってわけで・・・↓。
e0075832_314280.jpg
これだけ購入しましたぁ~。

Ψ(`▽´)Ψ

呑める、呑める、呑めるぞ、酒が呑めるぞ☆

ちなみに、同じものを数本買ったのもあるよ。


どれも、ぴよダーセレクト。・・・・・・・・・・ぴよまめ、運転手だったからさ(丿>ロ<)丿 ┤∵:.
あ。数少ない徒歩で行ったワイナリーで買った赤ワインはぴよまめセレクト。
(↑唯一の赤ワイン。)

と、葡萄狩りも見かけるんだけど、ぴよまめのオススメの葡萄が決まりました!
マスカット ベリーAよっ!!!
ワインにも使われる品種なんだけど、そのまま食べても美味しい、濃厚な味。
濃いぃ~の、味が♪
聞いたこともなかったけど、今回惚れこみまして・・・お買い上げです(〃▽〃)

ふぅ~。こんな感じ。
今回思ったのは、日帰りでも十分楽しめるな・・・ってコト。
朝頑張って出れば、かなり満足できると思われます!ぜひぜひぜひっ!!!



=追記=2009.10.27。
Woman.excite.の『旅とお散歩』に採用されました~。
あざーーーっす!!!
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-30 01:04 | にほん。 | Comments(0)

勝沼観光③。

さてさて、3日目。早くも最終日。
天気予報では、昼過ぎから雨が降り始めるとのコト・・・降り出す前に帰りたい。
(↑雨の日の運転は神経遣うのよぉ~。・・・・・・はい、今日も運転します。)

今日は、まずワイナリー↓に行ってから、ランチして帰るというプラン。

 ・ 原茂ワイン(購入のみ)
 ・ マンズワイン(無料のガイドツアーに参加)

ワイナリー見学は後で(たぶん)書くとして、ランチですよ。ランチ!
ほうとうもイイけど、せっかくなので他のものも食べたいでしょぉ~♪
ってわけで、調べて良さそうなレストランをチョイス!『Restaurant Cepage』↓。
e0075832_22263279.jpg

ランチは、前菜・メインのチョイスにパン、食後のドリンクが付いたプリフィクス。
コースは3種類あって、それぞれで前菜&メインをチョイスできる数が違ってくる。
(↑1番お高いコースは、前菜もメインも2種類チョイスだったかな?)

ぴよまめは、1番お安いAコース(1,800円だったかな?)に、デザートを付けることに。
前菜・メインが1品ずつだったんだけど、それぞれアップグレードしましたぁ~↓。

e0075832_2227471.jpg
ほろほろ鳥のコンフィ。

+500円くらいだったっけかなぁ~。

結構な大きさですよ、コレ。皮はパリッパリ、中はジューシー♪


骨付きなので食べ辛い(ってか、手で食べたい)のを除けば、なんとも美味しい!
ほろほろ鳥は、栄養価も高いんだって!(←今調べたんだけど。)

ぴよダーが食べてた豚肉(←標準価格)も軟らかく煮込んであって美味しかったけど、
メインはほろほろ鳥の勝ちだわぁ~!美味しいぃ~(≧∇≦)

ちなみに、前菜。
ぴよまめはポロねぎを使った冷製の前菜、ぴよダーは魚のグラタンだったんだけど、
グラタンの圧勝!グラタン、超ーーーーーーーー美味しいっ!
コレが標準価格だなんてぇ~っ!と、ビックリするほどウマイっ(≧∇≦)
ぴよまめのねぎは・・・普通。これは、食材費用だな・・・って感じ。美味しいんだけど・・・ね。

結構ボリュームもあって、美味しくて、お得なランチだと思います!
デザート(いちじくケーキ)も美味しかったなぁ~。ドッシリしてボリュームもあったし。
+@で出すと、どんどん総額がふくらむから標準価格内で選ぶと満足度さらにアップよ♪

全部が美味しいと言えば、パン↓!

e0075832_22272638.jpg
天然酵母のパンらしいんだけど、美味しい!外はカリカリなんだけど、中はフワ♪

出されたままの温かい状態も、少し時間が経って冷めた状態も美味しい!

お替りは有料でぇ~す。


どうも、『パンテーブル』のパンらしい。そう言えば、ビジネスカードが置いてあった。
(↑一味屋やワイングラス館と同じ道路沿いにあったの、お店!)

と、いうわけで満腹。
平日にも関わらず、それなりにお客さんもいたし、そもそもお店が広いわけぢゃないので、
行くと決めたら電話しておいた方が安心かもぉ~。

お店は小高い丘の上にあって、ぶどう畑が目の前に広がり↓ます!
e0075832_2227432.jpg
窓の横には(たぶん)桜の木があって、春も綺麗そうだわぁ~♪

天気の良い日は気持ちイイ眺めだろうなぁ~。景色も楽しみつつ、満足できるお店でしたぁ~!!!


さて、普段の生活に戻るとしましょうか。
あぁ~、楽しかっ・・・・・・た?
いや、楽しかったけど・・・・・・ぴよまめ、全然ワイン呑んでないっ(丿>ロ<)丿 ┤∵:.



Restaurant Cepage
 →  山梨県甲州市勝沼町菱山3577-6
TEL) 0553-44-2676
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-29 22:28 | にほん。 | Comments(0)

勝沼観光②。

さて、2日目。

2日目の最終目的地は、勝沼から少し離れた(←車で1時間くらい)所にある
サントリー登美の丘ワイナリー』。

が、お宿をチェックアウトしてから直行するのではなく、まずは勝沼をプラプラ。
今日はワイナリーから始めます。

 ・ 丸藤ワイナリー(自由見学)
 ・ フジッコワイナリー(無料のガイドツアーに参加)

ワイナリーを見学したり、ぴよダーが試飲したりしてると意外に時間かかるのよね。
朝早くから活動したと思うんだけど、ココでお昼の時間です!今日のランチもほうとうで!
そんなつもりぢゃなかったんだけど、よく見たらガイドブックにも載ってた『一味家』↓。
e0075832_22245817.jpg

昨日お店の前を通った時は行列してたけど、今日はガラガラ。
まぁ、平日だしね。

e0075832_2225792.jpg
注文したのは、野菜ほうとう。
1,150円。

煮込まれているけど、味はサッパリしてるので、自家製の辛味(←そんなに辛くはない)を入れるとコクが出てウマイ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄^ ̄?かぼちゃが入ってないっΣ( ̄□ ̄;

ほうとうには欠かせないかぼちゃが入っていないではないかぁ~っ!!!
まぁ、季節の野菜を使ってるってコトだし、まだかぼちゃの季節ぢゃないってコトで・・・
(↑隣のお席の人のほうとうに、かぼちゃ発見Σ( ̄ロ ̄lll)入れ忘れではないかっ!)

自家製辛味を入れた方がぴよまめ的には好きな感じ。
入れないとサッパリしてるので、ちょいと飽きてきちゃうかも。量も多いしね。
かぼちゃが入ってなかったこの悔しさヽ(`Д´)ノ次はないな。

うぅ~ん・・・今回は、ぴよまめ好みのほうとうには出会えなかったな・・・残念。

一味屋と同じ通りにある『ワイングラス館』↓。
e0075832_22273113.jpg
ワイングラスを初め、ガラス製品がたくさん売ってます。
ワインも売ってるし、ワインを楽しむための小物も売ってる。ちょっとしたお土産を探すのにもイイかも。

敷地内には、石釜のパン屋さん(←美味しいらしい)や葡萄の量り売り屋さんもある。

そうそう。
ワイングラス館には体験工房があって、比較的手ごろな価格で物造り体験ができるから、時間に余裕があれば寄ってみるのも良いかも~。
何より、思い出作りになるわよね、きっと。


さて、本題。1時間に1回出発する、無料のガイドツアー目指して出発!
勝沼から甲府市内を抜けて、山に向かって進む。
そう、サントリーのワイナリーは山の上にありますのぉ~!
e0075832_22253935.jpg
『登美の丘ワイナリー』って言うくらいだからね。丘(ってか、山)からは甲府市街が見渡せまーーーす!

そして、運転手は首から『私はハンドルキーパーです』の札。


山の中という立地を活かして、ワインを熟成させるセラーは山を掘って作ってある。
セラーの中が暖冷房要らずで熟成に適した温度に保たれているのも、自然の力。
冷暖房を使うと、空気が乾燥して樽に良くないんだって。ほぉ~。

当たり前ですが、運転手はワインの試飲ができません(T◇T)
登美の丘ワイナリーでは、駐車場にいる係員の前で首に札をかけさせる徹底っぷり。

ということで、どこのワイナリーでも大抵ジュースが用意されてる。
まぁ、そのくらいしてもらわないと運転手なんてやってられないけどね。

とは言え、物足りない・・・ってわけで、楽しみにしてたのがぶどうソフトクリーム♪
デリカショップで売ってます。
お店の前にあるベンチは、見晴らしが良くて気持ちイイので休憩にピッタリ。
ソフトクリームは・・・・・・・ほんのりぶどう味。『ほんのり』ってトコがポイント。
超ぶどう!ってわけでも、牛乳!ってわけでもない・・・サッパリ味。

うぅ~ん・・・まぁまぁかなぁ( ̄^ ̄?

満足したところで、帰宅ラッシュを避けてお宿に向かう。今日のお宿は『鈴木園』↓。
e0075832_2229740.jpg

こちらも、昨日と同じくワイン民宿と呼ばれるトコ。
ガイドブックにも載っていて、今回ワイン民宿に泊まろうと思ったきっかけのお宿。
夕食の時、グラスワインが1杯ついてくるのも嬉しい♪
ゴハンも美味しいし、お財布にも優しいお値段だし(≧∇≦)
(↑タオルやアメニティは持参してくださーーーい。)
e0075832_22281287.jpg
コレ、中庭。

写真に写ってる建物は談話室で、各部屋にはないテレビがココにはある。

ワイン資料館にもなっていて、昼間は無料で楽しめる。・・・らしい。
(↑時間に間に合わなかった)

後ろに写っているんだけど、中庭からは山が見えるんだけど、この中庭からぶどうまつりの鳥居焼きが丁度見えるのよねぇ~。

かなり良いロケーションではあるけど、今年は臨時休業だって言ってたから、一般のお客さんには開放してないのかなぁ~?


部屋にテレビもないし、お風呂も結構早い時間で終わっちゃうから、あとは寝るのみ。
さささ、早く寝ましょ。
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-28 22:24 | にほん。 | Comments(0)

勝沼観光①。

さて、本当にギリギリ夏休みと呼べる時期に、山梨へ行ってきたわけですが、
今回の目的は『収穫の秋!秋の味覚を味わうっ!』。コレよ、コレ。

そんなわけで目指したのは、勝沼。
この時期の旬の味覚は、何と言っても葡萄でしょぉ~♪そして、ワインよねぇ~♪
ぴよまめの中では、『日本のワイン=勝沼』だったのよね。
それが大正解!勝沼ICを出たら、あっちもこっちも葡萄がたわわに実ってるわぁ~♪

それと、せっかく行くんだったらほうとうはハズせない!
ってわけで、今回まず行こうと決めたのが『皆吉』↓。
e0075832_0511384.jpg

朝晩はお宿で食事があるし、ほうとうを食べるなら昼しかないのよ。
しかも、2泊3日。チャンスは最大でも3回しかないっ!
なぁ~のぉ~で、今回は早起きして1日目のランチからスタート!!!

早起きした甲斐あって、11時(=開店時間)前には到着。
事前情報によると、ココは有名店らしく、すごい行列するらしいぢゃない。
さすがに開店時間前、数人待っている程度で、すんなり入れそう・・・・・・・・だ???

Σ( ̄□ ̄; 150分待ちって書いてあるっ!!!

そうなのよ、150分待ち。
名前と連絡先&注文を伝えておくと、ほうとうを茹で始める頃に電話してくれるの。
なので、みんな開店前に来て、どこかへ散っていくのよ。・・・・・・・甘かった(T◇T)

まぁ、まだ時間は11時前。順番まで2時間30分もあるんだし、ぴよまめもお出かけです。
向かった『白百合醸造』↓では、収穫祭なるイベントの真っ最中。

e0075832_0503845.jpg
普段、ワイナリー見学だけなら無料で出来るんだけど、収穫祭参加には入場料が必要。

1人1,000円。

収穫祭で試飲する用のワイングラスとお土産(ミニボトルのワイン)付きなので、まぁお手頃価格かな。


ワイン試飲のほかに、葡萄も配ってたし、手品ショーなんかもやってて賑わってた。
何よりも、葡萄畑の下で呑むワインは格別!(←ぴよまめは呑んでないけど。)
この収穫祭、毎年9月最終の土日に開催されているらしいです。

皆吉から白百合醸造までは歩いても10分弱。
お腹をすかせるためにもイイ運動なので、時間の有効活用にもオススメ!
そうそう、ココのワイン『勝沼甲州』は、美味しんぼにも描かれている1品。要チェックよ♪

ワインをぴよダーだけが試飲し、葡萄を食べてる間に電話が・・・
そろそろほうとうを茹で始めるらしい。サクサク皆吉へ戻ろぉ~ε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ

皆吉へ戻り、席に案内されて待つこと数分・・・念願のほうとう↓ですっ!

e0075832_11779.jpg
きのこほうとう(1,470円)。

ほうとうに欠かせないかぼちゃや、他の野菜もゴロゴロと入ってる。ほぼ原型。
味噌味は想像してたより薄味かなぁ~( ̄^ ̄?
全体的にあっさり。


想像してたほうとうとは少し違うんだけど・・・そして、何より熱い!暑い!
店内には扇風機しかなさそうだったし、夏にココでほうとうを食べるのは大変そう。

ちなみに、奥に写ってるのはこれまた名物の馬刺しなんだけど、イマイチ。
大きさ&厚みは十分で満足なんだけど、ちょっとクセがあって、ぴよまめはNG(T◇T)
熊本で食べた馬刺しの圧勝。

満腹になった後は、ワイナリーを数ヶ所。

 ・ メルシャン 勝沼ワイナリー(無料のガイドツアーに参加&資料館見学)
 ・ シャンモリワイン(自由見学)

ワイナリーの見学は、また後で書く(と思う)として、メルシャンの資料館がなかなかだった。
日本最古の醸造場を資料館にしてるのぉ~。
当時(明治時代!)の資料映像や、関連する資料が展示されてて、面白かった!

明治時代からワインを作ってたなんてビックリ!
しかも、販売してた=呑んでる人がいたってコトでしょ?ハイカラだわぁ~!!!

そして、お宿。1泊目は『川口園』↓。
e0075832_1101255.jpg

ココ、ワイン民宿と呼ばれているお宿なのぉ~。
ぴよまめの想像してる民宿(=海の近くの、ちょっとボロい)ではなく・・・・・ペンション?

とにかく、普通のホテルや旅館に泊まることを考えると、超リーズナブル(≧∇≦)

ただし、サービスは最低限のみ。タオルは持参しましょぉ~。
夕朝食付きプランですので、今回は食事アリ。外食したければ素泊まりすればOK!
(↑ちなみに、夕食は鉄板焼きでしたぁ~。自分でジュージュー焼くの。BBQ的な。)

ワイン民宿と呼ばれるくらいなので、勝沼のワインが比較的リーズナブルに呑めるの。
イイね、最高Ψ(`▽´)Ψ
ゴハンも美味しい、ワインも美味しい!
けどっ!!!ぴよまめ的美味しかった1品はコチラ↓。

e0075832_1102373.jpg
武田牛乳アイス。

学校給食向けの牛乳をアイスにしたらしいんだけど、コレがウマイ!

この象のマークもかわいらしい♪


アイスクリームなんだけど、ラクトアイスのようなちょっと安っぽい舌触り。
ちょっとジャリっとするのよね。
味は牛乳!甘いんだけど、甘ったるくなくて美味しいのぉ(≧∇≦)
可能であれば、お風呂上りに食べたかったな・・・

と、のんびりしてるとお風呂タイムが終わっちゃうヽ(;゜Д゜)ノ
ってわけで、お風呂に入って、明日に備えて早く寝ましょぉ~。
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-27 08:47 | にほん。 | Comments(0)

野口製麺所。 oishii

美味しいうどんを求めて『野口製麺所』↓へ。
e0075832_11155440.jpg

ちょっと前にテレビで紹介してて、気になってたのよ。
で、遠路遥々でかけたってワケ。(←多少遠くてもイイのよ、ヒマだったんだから。)

車で行ったんだけど、ナビの言う通りに進んで行ってビックリ・・・↓。

e0075832_11492432.jpg
周りは住宅×畑なのよぉ~。
道も細めだし、とてもテレビで紹介されるようなお店があるとは思えない感じ。
そもそも、お店自体が民家の敷地内だし。

でも、どこか懐かしい雰囲気だわ。ぴよ実家周辺もこんな感じかな。


外でも食べてるけど、中にもお客さんがいっぱい。
と言っても、店内はそんなに広くないんだけどね。全部で15席くらいかな( ̄^ ̄?
いや、小上がりの畳席もあったから、20席くらいかな。

11時オープンなんだけど、ぴよまめが行ったのは11時30分くらい。
その時はまだ空席があったけど、どんどんお客さんが来て、12時前には満席。
ぴよまめが帰るころには、待っているお客さんがいたんだよね。人気なんだぁ~。

肝心のうどん!そう、うどん↓よぉ~っ!!!

e0075832_1329311.jpg
ぶっかけうどん(500円)。
麺は普通サイズ。200gって言ってたかな?

小盛り、大盛り、特盛り、特特盛り・・・もあり。

普通サイズは、女性が丁度イイくらいだって言われたわぁ~。


温かいうどんも良かったんだけど、天気が良くてねぇ~。冷たいうどんにしました。
奥に写ってる天ぷらは、セルフサービス↓になってる。

e0075832_13443163.jpg
野菜天ぷらが80円、かき揚120円、海老天200円。
まぁ、良心的なお値段。

常時各品があるわけぢゃないので、出会えないこともアリ。

この日、ぴよまめは海老天に会えなかったし、かき揚は、途中で出てきたけど一瞬で完売。


野菜天ぷらは、8種類はあったかな。
すでになくなってた物もあったし、全てはタイミングみたい。

他にも、ゆで卵やおでんもあって、ついアレもコレもと取っちゃうのよねぇ~。
うどんが出てくるまでに少し時間がかかったんだけど、その間にちょっと・・・って感じで。
食べ過ぎ注意!

そうそうそう!うどんね!
美味しゅうございました!ツルツル&シコシコで、ペロリ完食。
小盛りにしようかなぁ~、大丈夫かなぁ~と思ったけど、そんな心配は無用だったわ。
タレ(スープ?)は、塩が効いてるのかな?濃い色ぢゃないのに、味はしっかりしてたな。

かき揚げはサクサクだった~。(←たまたま揚げたての時だったからね。)
他の天ぷらは・・・普通?
でも、あるとコクが出て美味しいんだけどねぇ~。(←と、言って食べる。)

あれもこれも食べたい!(←いや、実際は食べてる)と、目が欲するのよぉ~♪
次は温かいうどんを食べたいわぁ~!!!



野口製麺所
 →  東京都東村山市野口町4-46-1
TEL) 042-392-0856




=追記=2009.4.20。
Woman.excite.の『おいしい!』に採用されましたぁ~。
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-24 22:09 | ごはん。 | Comments(4)

AEON Lake Town。

AEON Lake Town』に行って来ましたぁ~。
シルバーウィークなるものがあったので、ぴよ姉・ぴよ姪と一緒に。

行って帰って来て思ったコト、今回の目玉はまさに『人ごみ』↓。
e0075832_2263076.jpg

すごいんだって、人が。
あっちも、こっちも、人!人!人っ!!!

ただでさえ店内が広くて疲れるって言うのに、人ごみは余計に疲れる・・・

シルバーウィークは高速道路もかなり渋滞してたらしいし、近場なら大丈夫かな?
なぁ~んて考えたのが甘かった↓(T◇T)

e0075832_22727100.jpg
ゴハンを食べようと思っても、レストランに入るためにはまず並ばないと。

フードコートもあったんだけど、すごい人!結構な広さはあるんだけど、それでも収容しきれないほどの人。
立って食べてる人もいたくらい。


そもそも、駐車場に入るのにも並んだんだよねぇ~。
近くの道路はAEON渋滞(T◇T)
ぴよまめが通ったAEONに向かう道は、1車線の道路。
それが、ずーーーーーーーーーっと車の列。
建物は(遠くに)見えてるのに、近付くのに時間がかかるという図で、結局30分以上。
駐車場入り口がいくつかあるんだけど、人気の入り口はこれまた渋滞。

『MORI』と『KAZE』という2つの建物に分かれてるんだけど、ここの連絡通路も人人人・・・
いやいやいや、疲れたよ(T◇T)

平日はすいてるらしいんだけど、ぴよまめは兼業主婦だから平日は行けないし。
ってか、ぴよまめ宅付近にあるAEONモールで十分なんぢゃないかという結論。

・・・・・・・・・・・だって、すごい人なんだもん。
しかも、入っているお店だって、結局はあまり変わらないんだよねぇ~。だから。
まぁ、1度は行ってみたかったからイイんですよ。満足した。

あぁ・・・
この分だと三郷近辺(IKEAとか、COSTCO、ららぽーととか)も混んでるんだろうな。
行ってみたかったけど、当分はイイや。

もちろん、帰りも渋滞で疲れますのよ。
高速道路の渋滞も大変だっただろうな・・・世のドライバーさん、お疲れちゃん。
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-22 22:07 | にほん。 | Comments(2)

サンマ。

あーーーーー、ヒマだ。
あ゛ーーーーーーーーーーーーーーーーー、ヒマだ。

ところで、スーパーでサンマをよく見かけるようになりましたぁ~。
北海道のサンマは夏が旬らしいけど、やっぱりサンマといえば秋よねぇ~。
何と言っても安い!
ぴよまめ宅付近のスーパーでは、100円を切る価格!
夕方にスーパーへ行って『半額シール』が貼ってあったら、2匹で100円!
安いよぉ~っ!!!

というわけで、最近は週に1回の確率でサンマ↓。
e0075832_16334516.jpg

しかも、毎回塩焼き。
あぁ、レパートリー増やした方がイイのかなぁ~( ̄^ ̄?って思いつつも、塩焼きで。

ちなみに、ぴよまめさんは頭&ハラワタを取ってから焼きます。
ハラワタの苦みが美味しいって人もいるけど、まだぴよまめはお子ちゃまだから・・・
ハラワタも家でツルっと簡単に取れるし、頭は食べないし。

ちなみに、この日の献立↓。

e0075832_1634343.jpg
 ・ ごはん
 ・ サンマの塩焼き
 ・ 茄子の味噌汁
 ・ 水菜ときゅうりのサラダ
 ・ 冷奴
 ・ 納豆
 ・ キムチ


ぴよまめ家で必ずと言ってイイほど食卓にのぼってたトマトがございません。
やっぱり、旬を外すとイマイチ美味しくないのよねぇ~。高いし。
だから、いっそのことやめちゃおうかと思って。またトマトの季節までお休み予定。

はぁ~、それにしてもヒマだなぁ~。
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-15 16:34 | こんだて。 | Comments(4)

Ristorante Kamiya。

四ツ谷駅から徒歩・・・・・・・5分くらいの『Ristorante Kamiya』↓でゴハン。
e0075832_17423718.jpg

5分以上は歩くかなぁ~。まぁ、ぴよまめの歩く速度が遅いのもあるんだけど。

新宿通りと並行している通り沿いにあるんだけど、これが静かな通りなんだよね。
いや、飲食店もそこそこあるし、そんなに寂しい感じぢゃないんだけど、静かなのよ・・・
そんな中、ポコっと出てくるちょっとオシャレなレストランがココ。

店内は外観ほど広くない印象だけど、個室もしっかりあるし、それなりの人数だったら
ホール部分を貸し切れるから使い勝手がイイのかも。

さて。
今回は女子2人だったから、前菜2品↓・パスタ・デザートをシェアってことで。

e0075832_17275716.jpg
Kamiya風サラダ。
ドレッシングが自家製らしくて、コレが結構美味しい。

・・・・・・でも、今どんな味だったかを思い出せと言われたら思い出せないんだけど。

まぁ、サラダだね。


e0075832_17282099.jpg
サラダだけでも・・・ってことで、もう1品は牛のカルパッチョ。

これまたサッパリしてた。チーズと葉っぱを一緒に食べると味に変化があって良いかなぁ~。

牛っぽいクセもなく、ペロリ。


前菜は両方とも、量はそんなに多くないし、パンチも少なめなので、簡単にペロリ完食。
これが良いんだか、悪いんだかは分からないけど、その後の食欲が高まるから、
前菜としての役目で考えるならば、かなりイイ仕事してるよねぇ~。

とは言え、それなりにお腹が満足してるトコロに、パスタ↓登場。

e0075832_17445882.jpg
米茄子とモッツァレラのトマトソース。

これで1/2皿。
お願いして1皿を2皿にシェアして出してもらいましたぁ~。

こうゆうサービスをお願い出来るの、高印象♪イイわぁ~!


これが!美味しいぃぃぃぃぃぃ~っ(≧∇≦)
米茄子って、アレでしょ?アメリカでよく見かけたデカくて大味っぽそうな茄子。
こんなに美味しいんだぁ~!って関心しちゃうくらい美味しい!
こんなことなら、アメリカでも試してみれば良かったなぁ・・・なんて思ったほどよ!

瑞々しくって、甘くって(〃▽〃)
このトマトソースも美味しかったなぁ~。うぅ~ん、ピザも気になる。

これにデザート&食後のドリンクを食べて、1人3,800円くらい。
(↑あと、ワイン1杯。&サービスドリンクでビールも1杯。)

パスタの価格を基準に考えると、デザートとか少し高めかな( ̄^ ̄?
いや、パスタがお手頃価格なのか。
まぁ、これだけ食べられて、この価格ならリーズナブルなのかなぁ~。

美味しかったし!

また行きたいと思えるイタリアンでしたぁ~。

・・・・・・・・・・・ってか!必ず行きたいのよ、もう1回っ!!!
なぜって?
それは、『必食のリゾット』なるものを食べたいからっ!
帰り際、チーズのイイ香りがぷぅ~ん♪って、ぴよまめさんの許へ来たのよ。
店員さんに聞いたら、リゾットだって言うぢゃない!

ででで、思い出したの!
『必食のリゾット』は食べる価値アリだって書いてあったことをっ!!!
くぅ~!悔やまれる!
ぴよまめとしたことが、チェックしていたのに食べなかっただなんてぇ~(T◇T)

と、いうわけです。次回、ぜひ!



Ristorante Kamiya
 →  東京都新宿区三栄町6
     第一原嶋ビル1階
TEL) 03-5379-6628
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-08 17:59 | ごはん。 | Comments(0)

梅シロップを飲む。

去年、青梅を買って作った梅シロップ。
その後、無事に育ち(?)まして、大活躍の梅シロップに変身。
なんとなく飲んでしまうのがもったいなくて、チビチビと消費してたんだよねぇ~。

今年はどうしようかと悩んだ結果、今年もシロップ作成しましたのよっ!
で、すでに美味しくいただいております♪今年は梅の実入り↓よっΨ(`▽´)Ψ
e0075832_2065478.jpg

今年の梅シロップ作りも、近所のスーパーで梅を買い、角砂糖を買ったの。
いやさぁ~、本当はこだわりの梅を取り寄せても良いんだろうけど、
今年は作る気なかったんだよねぇ~。何だかんだ言って面倒なわけよ。

それでも、ぴよダーの提案もあり、作ることに。・・・・・・・・深夜2時↓。

e0075832_2074057.jpg
『週が始まったら、絶対にやらないよ・・・』と、言われて深夜に渋々作業開始。
半分寝ながら、今年も綺麗な層に仕上がりました♪

って、すでに3ヶ月も前の話だけど。


e0075832_2089100.jpg
今年は、青梅ぢゃなく、南高梅にしてみましたぁ~。
青梅より、なんとなく軟らかくて、ほわ~ん♪と甘い香りがするの!
スモモのような、甘い甘ぁ~い香り。色も全然違うしね。

このまま食べても美味しそう♪


梅シロップの場合、本当は3週間くらいで出来あがるらしいのよ。
去年(青梅)は、3週間経過した頃には梅がシワシワ(←見た目も小さい)になったから
『おぉ、もう完成だな。梅、出さなくちゃ!』って思ったの。

で、その要領で今年もずっと待ってたんだけど、全くシワシワになる気配なし・・・
水分も出て、色付いて、梅シロップ完成かとも思ったんだけど、シワシワになってなくてさ。
そんなもんだから、シワシワになるまで待ってたのよ・・・・・・・3ヶ月。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・変化なし(T◇T)

さすがに、もうイイだろうと見るに見かねたぴよダーが梅を取り出しました。
(↑だってぇ~、面倒だったんだもん・・・)
その梅は、梅ジャムにしたりすると良いらしい。
んだけどっ!そんな面倒なことをぴよまめがするわけもなく、そのまま食べる用に。

ってわけで、梅ソーダや梅酒に入れて呑んで(食べて?)るってわけ。
(↑去年作った梅酒は、まだ寝てるので、今呑んでるのは市販の梅酒。)
(↑ちなみに、ぴよまめは家でお酒を呑まないので、酒類はぴよダー専門。)

そうそう、梅。
これが美味しいのよっ!ちょっとネットリ、甘くて美味しい!
確かに、コレをジャムにしたら美味しいかも♪もちろん、面倒なので作らないけど☆
[PR]
by piyomame_type-r | 2009-09-03 20:08 | にほん。 | Comments(6)