Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マリーザ浜名湖』↓で、腹ごしらえ。
e0075832_1336783.jpg

イタリアで行われる『世界ピッツァ選手権』に連続出場しているらしい。
ガイドマップにも、もちろん掲載されてたし、店内にも写真があった。

e0075832_16425973.jpg
なんと、6年連続出場!

すごいねぇ~。

こうやって新しいピザが
誕生するんだねぇ~。
なるほどぉ~。


『○○年出場時のピザ』って感じでメニューなってて、選手権のピザを味わえる。
ちなみに、この選手権ピザは、ちょっと割高。

そんなメニューは、色々あって迷っちゃう!
ピザはもちろん、パスタもサイドメニューも、デザートまで美味しそう♪
とりあえず、基本の『ピザ・マルゲリータ』と『カルボナーラパスタ』を注文。

e0075832_10484235.jpg
←これ、マルゲリータ。

ベーシックだけど、
食べたくなる1品。

今回参考にした
ガイドマップにも写真が
掲載されてた!


e0075832_11154777.jpg
←これは、カルボナーラ。

ピザがトマト系なので、
クリーム系のパスタに決定。

どっちかっていうと、
サラサラした感じ。


これがっ!美味しかったんだーーーーーーーーー(≧∇≦)
ピザは、もちろん美味しいっ!でも、パスタも超ーーー美味しかったっ!!!

ぴよまめは、カルボナーラ(と、クリーム系パスタ)は、ごまかせないと思うの。
そのカルボナーラが美味しいときたもんだ・・・
そりゃぁ、他の品々も美味しいに決まってるでしょうよ。

それにしても、このソースがたまりませんのぉ~。
カルボナーラだけど、卵が少なめなのか、普通のクリームソースのパスタっぽい。

日曜日のランチに行ったんだけど、ソフトドリンクとフォカッチャがフリー!
そのフォカッチャが美味しくって、新しく出てくるとすぐになくなるほど・・・
そして、そのフォカッチャにカルボナーラのソースをつけて食べたら・・・
たまりませんっ。°°(>д<)°°。

ソフトドリンクだって、ジュースが10種類以上、紅茶も数種類あるし、
コーヒーだって、エスプレッソからカプチーノまで・・・大満足っ!!!!!

うぅ~ん・・・
家の近くにあるお店だったら、かなり頻繁に通ってたこと間違いなし。




マリーザ浜名湖
 →  静岡県浜松市細江町中川5386
TEL) 053-523-2123
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-30 17:39 | ごはん。 | Comments(0)
ぴよまめの小旅行は2泊3日でしたので、今回の大きな目的は
ズバリ『ぴよ友様達に会いに行く』だったわけです。

そんなわけで、観光レポは2回で終了。
そして、残るは食事レポでしょぉ~。

第1弾は、かなり楽しんだうなぎパイ工場の中にある『カフェサロン』↓。
e0075832_171394.jpg

そう!うなぎパイ工場見学の最後にはお土産屋、その手前にはカフェなのです!
おぉぉぉぉっ!!!
意外に込んでいて、名前を書いて待つこと数分・・・
(↑写真で見る限りは込んでなさそうだけどさぁ~。)

店内↓、明るくてとぉ~っても小洒落てるのよ。

e0075832_1714823.jpg
横長の店内。

入口横には、
オープンキッチン。

そして、入口正面には
松(偽物)がある・・・

すげぇ~


うなぎパイを使った物ばっかりなのかと思ってたんだけど、違ったみたい。
逆に、うなぎパイを使った物の方が少なかったわぁ~。

せっかくだから、うなぎパイ使って色々と挑戦してみればイイのに・・・

そんなぴよまめが注文したのは、もちろんこちら↓っ!!!

e0075832_1764521.jpg
うなぎパイのミルフィーユ

・・・・・値段忘れた。


季節によってサンドされるものが違うらしい。ちなみに、今は抹茶アイス。
HPに載っている写真は、このミルフィーユの秋ver.かな?
モンブランっぽい。
下から、生クリーム→抹茶アイス→うなぎパイ→バニラアイス→うなぎパイ。
お洒落でしょぉ~?
うなぎパイも、小袋から出されて、こんな風に盛り付けられると素敵ねぇ(〃▽〃)

ただ、バランスが悪いので、美しく食べるのは困難なのよね・・・
しかぁ~っしっ!
味はとぉ~っても美味しいでございます。

『うなぎパイ、なかなかやるな?』って感じ。

ちなみに、ここで使用されているうなぎパイは、ナッツ入り(ミニ)でした。
ここまで手をかけられないかもしれないけど、家でも出来そうぢゃない?
うなぎパイが手に入らなくても、源氏パイとかでさ。

うぅ~ん、美味しいっ(〃▽〃)
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-27 17:39 | にほん。 | Comments(6)
書こうかどうしようか迷ったんだけど、書きます!
はままつフルーツパーク』に行きました。

夜に行ったんです。
何をしにって?蛍を見にっΨ(`▽´)Ψ

で、なぜに書こうかどうしようか迷ったかと言うと、写真がない。
暗い中、撮ったところで写らないのねぇ~。
(↑フラッシュを使うのはやめましょう・・・)

蛍の光って、肉眼で見ると明るく見えるけど、やっぱり微かな光なわけ。
しかも、普通のデジカメだし、川の向こうで光っている蛍を激写することは無理だ。

でもっ!
野生(らしい)の蛍、キレイだったよーーーー!
フルーツパーク内にある都田川に生息してるの。
ちょっと感動した!
人工的に育てられたんじゃなくて、野生の蛍・・・美しいっす。

今年の蛍鑑賞は、もう終了しちゃってるので、また来年だね!
5月末~6月中旬頃の週末、開催しているみたいです☆

で!あんなにキレイだったので、せめても絵↓に残そうと決意!描いてみました。
e0075832_11472481.jpg

※夜空の星ではなく、川向こうの蛍です。(制作時間:2分)

イメージしてみてください。
真っ暗闇の中です。足元には川が流れてます。そして、前を向くとほらっ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・どう?イマイチ?
でも、こんな感じだったよ?ねぇ~。(←ぴよ友様に呼びかけ中・・・)


フルーツパークでは、その名の通り季節毎のフルーツ狩が楽しめるらしいです。
自分で採ったぶんだけ、お買い上げ方式らしいです。
お子さんがいる人には、イイよねぇ~。
こうゆうイベント好きなぴよまめにとっても、羨ましい施設でした~。
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-25 11:53 | にほん。 | Comments(8)
浜松と言えばうなぎ!そして、『うなぎパイ』っ!!!
工場↓見学が出来るというので、ウッキウキで連れて行ってもらうことに♪
e0075832_1733349.jpg

工場敷地内の駐車場は盛況。
休日だからか、家族連れも多かったわぁ~。

車を降りれば、甘ぁ~い香りがプーーーーーーーーーンってしてくる♪

まずは、受付用紙に必要事項を書いて提出。
(↑これだけで、OK。)
事前に予約すると、コンシェルジュが案内してくれるんだってぇ~。へぇ~。
もちろん、事前に予約しなくても見学ルートがあって、自由に見学できる。
所要時間は約40分ですって。

見学ルートは、そんなに長くなく、大きく分けて3つ。

 ① パイ生地が焼かれる工程
 ② 焼かれたうなぎパイを検品、包装、梱包する工程
 ③ うなぎパイの美味しさの秘密を紹介するビデオ上映

です。
うなぎパイの生地は、手作業なんだってぇ~。
生地を練って、重ねての作業を何度もするんだってさ。職人技だね☆
その後の焼く作業は、ベルトコンベアーに乗せられていく↓のだ・・・

e0075832_1673569.jpg
この焼かれるまでの時間、
意外に短くてビックリ!

小窓3つ分(50mくらい)で
焼きあがっちゃうんだよ!

なんか、クリスピークリームの
店内工場
を思い出すなぁ・・・


うなぎパイの秘密を紹介するビデオ上映には、『へぇ~、ほぉ~』って、
ついついうなりたくなる秘密が散りばめられておりましたよ。

と、こんなワクワクする内容に加え、お土産↓付きとはっ!

e0075832_16322530.jpg
ミニサイズの
うなぎパイ-ナッツ入り-

3枚入りの小袋を、
1人に1ついただけます。

太っ腹!


お土産付きの工場見学、いかがです?
これで無料という太っ腹企画になっておりますっ!!!

うなぎパイ原材料の高騰により、厳しい状況かとは思います。
しかぁ~しっ!ここは、ぜひ頑張っていただきたい!
ぴよまめ、応援してます(≧∇≦)

だって・・・
ぴよまめ、とぉ~っても楽しかったんだものっ!
超ーーーーーーーーーーーーーーーーーー満足でしたっ!!!
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-20 17:30 | にほん。 | Comments(4)

旅に出る。

ぴよまめ、旅に出る。
e0075832_14515623.jpg

正確に言うと、『旅に出てきた』なんです。

この↑写真も、帰りの新幹線を待っている時に撮ったもの。
だって、お土産(自分用)↓だって買っちゃったもの。

e0075832_14531654.jpg
じゃがりこ。

おみやげ用箱じゃがりこ
東海限定の手羽先味


箱の中に小袋が8つ
入ってます。


まだ食べてないんだけど・・・

手羽先味だけど、行ったのは名古屋ぢゃなくて、浜松に行ってきたんです。
2泊3日、ぴよ友様宅へのお泊りツアー。わーーーーいΨ(`▽´)Ψ

ぴよダーを家に残して出掛けたぴよまめ、それはそれは楽しかったです。
メインは、ぴよ友様達に会いに行くことだったんだけど、観光もちょっとしたので、
日記に書いちゃおうという魂胆です。うふ♪

そして、楽しんで帰って来たぴよまめが、1番ビックリしたこと・・・↓

e0075832_15183592.jpg
暑さに負けた、
バジル&パセリ。

水分不足のため、シナシナ。


『あぁ~ぁ、ぴよまめは植物を育てることは無理だわね・・・』と思った瞬間。
でも、この後お水をたくさんあげたら、次の日にはシャキっとしてたのよ。
植物って、すごいねぇ~。生きてるんだねぇ~。
これからは、ちゃんとお水をあげるからね☆
(↑・・・・・・・と言って、すでに水をあげるのを忘れてるぴよまめ。ひどいわね・・・)

というわけで、ぴよまめのたま日記-浜松観光編-をお送りします(≧∇≦)
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-18 15:24 | にほん。 | Comments(8)

エリーゼ。

四ツ谷の駅近くにある洋食屋さん『エリーゼ』↓へ。
e0075832_22384711.jpg

金曜日のPM7:00前に到着したんだけど、すでに満席。
そして、行列が出来始めてる・・・
ぴよまめ達が並んだあとも、どんどん人が来て列が長くなっていく・・・

うぅ~ん、人気なのね。

外で待っている間に、店員さんがメニューを持って来てくれて、注文する。
そうすると、店内のお客さんの回転をみて作ってくれるみたいで、
お店に入ってからの待ち時間が少なくてすむという素晴らしい仕組み。

A4サイズのメニュー表には、裏表にどれも美味しそうなメニューがたっぷり。
洋食好きのぴよまめさんは、目移りしちゃってなかなか決められない・・・
オムライス、メンチカツ、ハンバーグ、ビーフトマト・・・どれも美味しそう。
あぁ、悩むなぁ(T◇T)
(↑結局、最後の最後まで悩んだわよ・・・)

しかぁ~し!
『今日はデミグラスソースが食べたいっ!』という思いから、注文を決める・・・
店員さんが注文を聞いてくれたあとも、あれもこれも美味しそう♪と、ワクワク。
ちょっと待って、店内に入る・・・

カウンター席、テーブル席を合わせても20席ないくらいの広さ。
中の半分はキッチンって感じ。
カウンター席に座り、目の前には準備良くお皿↓が用意されてる。

e0075832_22391213.jpg
モリモリの千キャベツ。

お山の上にはパセリ。
お山の下には
ポテトサラダ♪


フワフワの千キャベツを眺めつつ、期待は高まる!
さぁ、ぴよまめの注文した『メンコロ定食』の登場でーーーーーーす!

e0075832_22392394.jpg
・メンチカツ
・かにクリームコロッケ
のセット。
各1つずつ。

そして♪
たっぷりのデミソース♡


写真に写ってるのは、メンチカツです。

写真もほどほどにして、さっそく食べるとっ!
うまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!
メンチカツから、ジュワっと肉汁ですよ~。
美味しくないわけがない!

かにクリームコロッケは・・・どっしりした感じ。
中身がつまってたよ。かなり、どっしり。
個人的には、コーンクリームコロッケの方が好きなので、『まぁまぁ』って感じ。

どちらにせよ、このデミソースと一緒に食べるとウマイのです!
ソースも良いけど、デミもイイねぇ~。
セットでごはん・味噌汁が付いて、850円。合格っΨ(`▽´)Ψ

メンチカツ・かにクリームコロッケ、1個ずつぢゃ足りないと思ってたけど、満腹。
テーブルに備え付けてある、お新香と一緒なら白米がすすむよぉ~。

あぁ、美味しかったぁ~。
また来たいなぁ~。
ぴよダーが夕飯いらない日があったら、エリーゼで食べるってのもイイね☆

ごちそうさまでしたぁ~。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でもね?
食べ終わったあと、ゆっくりする感じではないので、誰かと一緒に行くなら
その後の行動を考えておくほうが良いかも。




エリーゼ
 →  東京都新宿区四谷1-4-2
     峯村ビル1F
TEL) 03-3357-6004
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-10 14:06 | ごはん。 | Comments(8)

日本の夏②。

そもそも、『日本の夏』と題した日記を書いたのが約1年前!
まだまだ夏本番とはいかないけど、少しずつ夏に近付いている日本。

梅雨入りしたけど、気分はもう夏・・・そう、日本の夏!!!
e0075832_23313272.jpg

分かります?風鈴です。

銀座をプラプラ歩いてたら、発見しましたぁ~。
どこからともなくチリンチリン・・・って。
夏を涼しく過ごす知恵ですよね、音色で気分だけでも涼しくなる・・・と。

この風鈴は、風鈴売りのおじさん↓が運んで来てましたよ。

e0075832_23314338.jpg
肩に乗せて移動!

金魚売りもこんな感じ?
(↑違う?)


大きさも、柄も、形も、音色だって違う、色々な種類を取り揃えてます。
ミッキーの柄だってあったわよ!

今年の夏は、風情に風鈴なんていかがでしょ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、台風の前には家の中に非難させてね☆
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-09 12:26 | にほん。 | Comments(2)
ウルフギャング・パック カフェ』に行きました。
気付けばもう6月・・・アレから1年も経つんですねぇ( ̄^ ̄?
アッと言う間だったような、長かったような・・・なんて、思い出にひたりながら、
まずは、ビーーール↓!

e0075832_16382883.jpg
ここは、迷わず『Coors LIGHT』。

ここにぴよダーがいたら
『くぅ!これ、懐かしい!』
と、うなったはず。

そして、ぴよまめも
『あぁ、こんなんあったよねぇ~』
と、うなる。


料理だって、もちろんアメリカンさぁ~♪

どれもこれも美味しそうで、どれもこれも懐かしくって、ついつい頼んじゃいそう。
でも、そうも言ってられないので、厳選してみました。
もちろん、ぴよまめが独断と偏見で☆

e0075832_17121897.jpg
ブルーコーントルティーヤ。

EINSTEIN'Sで初めて出会い
その後は出会ったような、
出会ってないような・・・

味は普通なんだけどね。
色が黒いのよね。

アボガドディップと一緒に♪


e0075832_17163815.jpg
そして、もちろんイモ♡

反対意見がない限りイモ!
大好きです!

ブルーチーズソースが
かかっておりますのよ!

このクサさが大好きですっ!
熱々のうちに食べるのが◎!


e0075832_17183693.jpg
そして、バッファローウィング。

・・・・・・・ピリ辛。
うぅ~ん・・・
甘辛いのを想像してたので、
ちょっと残念だったなぁ~

こんなもんだっけか?


『ちょっと、ビール1杯』のつもりが、意外にガッツリ食べちゃった。
おほほほほ。

それにしても、美味しかったでございます。
それ以上に、なんだかあの雰囲気が懐かしいっていうかさぁ~
ランチのソフトドリンクはおかわりOKだったし。
ってか、おかわりする前にコップが大きくて飲みきれないし・・・みたいな。
そんな感じ。

また、アメリカ気分を味わいたくなったら行ってみよう。
雰囲気はアメリカでも、話されている言葉は日本語だし♪イイね。
(↑何よりも、ココがイイらしい。)
満足、満足。
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-06 17:28 | ごはん。 | Comments(6)

梅シロップを作る。

日本は早くも梅雨ですね。
今日の朝も雨がシトシト降ってましたよ。あぁ、イヤだ。
でも、水は大切なのです。雨も貴重なのです。なので、雨でイイのです。

とは言え、やっぱり雨の日は憂鬱なのよね。
特に休日の雨。
週末にまとめて家事をするぴよまめさんには辛い・・・
どこか出掛けるのも面倒・・・

せめても、家の中でイベントを・・・ってわけで、コレ↓を買ってみました。
e0075832_10455823.jpg

青梅です。
この季節になると、スーパーでよく見かける青梅と、手作りグッズ。

実は、何年も前から『梅シロップ』が作りたかったのぉ~っ!!!
青梅は、1年中出回っているわけではないので、チャンス期間が限られてるのだ!
そして今年、やっと、やっと、やっと!青梅の出回ってる季節に、
梅をゲットすることが出来ましたーーーーーーーーー。°°(>д<)°°。

スーパーの梅売り場で1人ニヤニヤしてると、ぴよダーが横から
『梅シロップぢゃなくて、梅酒にしなよ、梅酒。』と囁くではありませんか!
いや!ここは念願の梅シロップにしますっ!
そう宣言しても、梅酒への思いが消えないらしいので、急遽ぴよダーは梅酒作り。

作り方は簡単!

 ①梅を洗う
 ②梅の水分をふく
 ③梅のヘタを取る
 ④梅に2~3箇所穴を開ける

この下準備をして、容器に梅と氷砂糖を層にして入れる↓んです。

e0075832_1645228.jpg
なんとなく3層くらいに
なるように入れる。

適当でOK!

あぁ、美しい(〃▽〃)
と、自画自賛。

なんだか・・・
かわいく思えてきたわ♪


2リットル瓶を買って、梅・氷砂糖各1kgを入れようとしたんだけど全部入らず、
泣く泣くカワイイわが子梅をぴよダーに引き渡す。

まぁ、固体なんだもの、全部は入りませんよね。確かに・・・

それでも、縦に横に振って、ギューギューに入れたのがコチラ↓。
e0075832_16524232.jpg
ギューギューです・・・

こんなに詰め込んで
大丈夫なのだろうかと
心配になる・・・

まぁ、いいや。


最後に、お酢を入れて、蓋をして、あとは待つだけ。
2~3週間で出来上がるんですってぇ~!
このペースだと、今年の青梅の季節にもう1回作れそう♪

今回の梅シロップは『青梅×1kg、氷砂糖×1kg、酢×100cc』の分量でした。
あら、覚え易い♪

ぴよダーの梅酒は『青梅×1kg、氷砂糖×1kg、ホワイトリカー×1.8l』
これは、甘めの分量。
氷砂糖は、500gとかでも大丈夫なんだって!お好みで調整OKなのね☆
こちらは、最低でも3ヶ月くらいは熟成させるらしいです。
もちろん、熟成させればさせるほどウマイんだろうけど・・・

梅シロップ(梅酒)作りにハマると、青梅とか入れるお酒とか、
どんどんこだわりはじめるのかしらねぇ~?
皆さんも、いかがです?梅シロップ&梅酒(≧∇≦)
[PR]
by piyomame_type-r | 2008-06-05 17:11 | にほん。 | Comments(8)