Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ワシントンDC観光④。

昨日は快晴だったのに、今日は曇り空。
ってか、昨日だけ快晴だったのよね。あとは今の所毎日曇り空。
まぁ、雨に降られないだけでも有難いと思わないとよね。

さて、本日のぴよまめ観光コース(ぴよダーの要望編)↓です。

 ① ワシントン記念塔(整理券入手)
    ↓
 ② 造幣局
    ↓
 ③ ホロコースト記念博物館
    ↓
 ④ キャッスル・スミソニアン協会ビル(ランチ)
    ↓ 
 ⑤ 植物庭園
    ↓
 ⑥ 国会議事堂(リベンジ!)
    ↓
 ⑦ ワシントン記念塔(展望台)

です。
今までの日程に比べると、かなぁ~り余裕ある感じよね。

今日の1発目は、造幣局↓!

e0075832_11435494.jpg
正確に略すと
『印刷局』になるらしい。

お金以外も
印刷してるってコト
みたいよ。




造幣局もツアーの整理券が必要らしいんだけど、
オフシーズンの今は配布されてなくって、『行けばOK状態』。
ツアー見学は、1ドル札の印刷工程を見させてくれる。

おぉぉぉぉっ!!!こんなにも惜しみなく1ドル札がっ!!!

と、思うくらいに目の前で印刷されてた。
それもそのはず、1シートが4×8のお札シートが印刷されるんだけど、
これが1時間に8,000枚も印刷されるんだって!

その後にインクを乾燥させたり、裁断したりするらしいから、
最後の出荷までは、もう少し時間がかかるんだろうけど・・・

でも、すごい!
お金だってコトを忘れちゃうくらいだったわ。
ちなみに、撮影禁止な(んだと思う)ので、写真はありませぇ~ん。

ただ・・・
印刷機械を、上に設置されている見学用廊下から眺めるだけなので、
期待ハズレだったのよねぇ~。
(↑英語ガイドの内容が分かる人にはもっと楽しいかも。)

うぅ~ん・・・
ここでも英語の厚く・高く・頑丈な壁に打ちのめされるぴよまめ(T◇T)

でだ。
なぜに、今日の観光コースが『ぴよダーの要望編』なのかと言いますと、
本日の午後はぴよダーも一緒に観光したからなのです。

そんなわけで、ぴよまめは2度目の国会議事堂に行ったわけですね。
まぁ、優しいぴよまめ♪
(↑今度こそ!と思って、通訳してもらったらしいよ。)

それともう1つのリクエスト・ワシントンモニュメント↓。

e0075832_11581371.jpgジョージ・ワシントンの
偉業を称えて造られた。

石造建築物としては
全米1の高さだって。

DCでは、
この記念塔よりも
高い建造物はNG。

ってなわけで、
DCで1番高い建物。
ちなみに、約169m。

中の展望台は
エレベーターで昇れる!


本当は、青空だったら良かったんだけどねぇ・・・
まぁ、そうそう贅沢も言ってられないしね。

DCで1番高い建物ってだけあって、見晴らしがイイ!
隅々まで見れちゃう感じ!
入場にはこれまた整理券が必要なので、観光シーズンの場合は、
早めに行ってゲットするのが良いかと思われます。

30分ごとに時間指定されていて、好きな時間の整理券をもらえる。
もちろん、その時間の整理券が残ってればの話だけど。

ちなみに、オフシーズンだった今日は、余裕でゲットです!
しっかり朝1番に行ったからかもしれないけど☆
(↑朝1番ではなかったらしいよ。朝2番くらい・・・)

時間と整理券があれば、ぜひ昇ってみるとイイかも!
おすすめです!
もし、整理券入手出来なかったら、オールド・ポストオフィスタワーで我慢!
こっちでも、気分は楽しめるわよぉ~っ!!!

ワシントン記念塔、良かったよ!
ただねぇ・・・
ガラスが汚い!ってか、くすんでる!!!

ぜひ、綺麗にしていただきたい!

と、強く主張するぴよまめでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・眠い(T◇T)
[PR]
Commented by ヒロ at 2007-01-24 05:54 x
私もホロコースト博物館には行ったけど、かなり衝撃的だったわ。まだ私も20歳くらいだったし・・・・犠牲者の人たちの靴が山積みになっていてまだ臭いがあった記憶が・・・
Commented by piyomame_type-r at 2007-01-24 12:08
→ヒロさま。
はい、いかにも。
アンネの家に行った時も、ホロコーストの歴史に触れたんだけど、博物館ってのは規模が違うな・・・と、思いました。
当時のビデオが流されていたりしたんだけど、何とも言えないですよね。
犠牲者の人達の靴、ありました。独特の臭いと雰囲気が交じり合って、これまた何とも言えませんでした・・・
教科書で勉強するだけとは、ちょっと違いますよね。
by piyomame_type-r | 2007-01-18 11:08 | あめりか。 | Comments(2)