Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヴァチカン市国観光+パリ移動。

ローマの中にある、世界で1番小さな国・ヴァチカン市国。
行って参りました。
普通にローマの中にあるのね。
歩いてると、城壁が突然現れて、そこからは別の国。
なんとも不思議。

ローマの中にあるからって、一応ちゃんとした国なわけだし、
パスポートとかのチェックがあるのかと思ったら!
ございませんでした。
さらぁ~っと入国完了。
美術館や聖堂なんかの建物の中に入るには
ちゃんとしたセキュリティーチェックはあるんだけど。

とりあえず、ヴァティカン美術館↓へ。

e0075832_339058.jpg
入るまでに
超ーーーーー!長い列。
1時間は待ったな・・・

スリ集団にご注意を!





ここは、インターネット予約が出来ないので、
地道に並びましょう。
昼過ぎには行列も少なくなってたとか書いてあったけど、
そんなコトないよぉ。°°(>д<)°°。
暑い中、並びましたよ、隊長。

こちらでも、バッチシ教科書に載ってるような絵がたくさん。
例えばコチラ↓。

e0075832_3392065.jpg
『アテネの学堂』。
ラファエッロの作品。

この絵の中に
自画像を入れちゃったって
話は聞いたコトあった。



なにぶん、写真も撮り放題だし、嬉しいぃΨ(`▽´)Ψ
と、思ってたらっ!
メインの絵のある部屋(ってか、礼拝堂)は撮影禁止だって~っ!

ココまで、自由に撮らしてくれてたくせに・・・

ちなみに、その『システィーナ礼拝堂』には、
ミケランジェロの『最後の審判』や『アダムの創造』なんかが
壁に描かれておりました。
まぁ、この礼拝堂はローマ法王の公的礼拝堂だって言うし、
入れるだけでも有り難いのかしらねぇ( ̄^ ̄?

そして、相変わらず貴重な絵や彫刻が多すぎて・・・
有難味が薄くなっちゃったわぁ・・・


そして、もう1つ。
『サン・ピエトロ大聖堂』↓。

e0075832_3395181.jpg
後に見える部分。
ちなみに、手前は回廊ね。

聖ペテロの墓の上に
建てられてるんだって。
へぇ~。
(↑反応がニブイ・・・)


この大聖堂、すごいよっ!!!
さすが、カトリックの総本山っ!!!
デカイ!豪華!!!
でも、キラキラと金が豪勢に使われてるのとは違って、
落ち着いている感じがしたわぁ~。
でも、すごいよ、本当にっ!!!

いやぁ、『すごい!』としか言えなくて申し訳ない。
でも、すごかったんだって。
(↑結局、『すごい』しか言ってないけど・・・)

コレ↓だけぢゃ、分かり辛いと思うけど、写真を1枚。

e0075832_3402115.jpg

デカイ!
豪華!
神秘的に造られてると、
ぴよまめは思う。





ぴよまめが、美術館に並び始めた時は、
大聖堂の列も、これまた激しく長かったんだけど、
美術館を見終わった後に見てみたら、列は減りに減って、
サラっと入るコトが出来ました。

良かった、良かった!


そんなヴァチカン市国観光も終了し、次なる地・パリへ移動。
今回、ぴよまめ初体験の1品。寝台列車でぇ~すΨ(`▽´)Ψ
車内はこんな↓感じ。
e0075832_3404231.jpg

カーテンで仕切られてるのかと思ったら、
しっかり個室になってた。最大3名ね。
洗面台とベッドがあって、とりあえずは生活出来そう。
椅子の部分にベッドが出現する仕組み。
鍵もかかるし、安心だわねぇ。

ちなみに、ぴよまめはどんな状況でも寝れるので、
電車の揺れや音なんか、全く気にならなぁ~い(≧∇≦)

ただねぇ・・・
食堂車のゴハンがイマイチだった。
メイン料理とデザートが2つから1つ選べたんだけど、
あとは全員同じメニュー。
しかも、1人€26と、少々高め。
なのに、味はそんなに美味しくはなく・・・

ドイツ鉄道の食堂車の方が断然良かったっ!




<電車>
Roma Termini
↓EN(18:40発 翌9:10着)
Paris Bercy
[PR]
Commented by えっちゃん at 2006-07-06 10:42 x
サン・ピエトロ大聖堂の建物の中すっごく綺麗だね。本当神秘的。天使が降りて来そうな光の入りかたしてるよね。
Commented by piyomame_type-r at 2006-07-07 07:13
→えっちゃんさま。
大聖堂の中は、本当に綺麗で神秘的でしたぁ~。『天使が降りてきそう』とは、本当にそんな感じです。そしてその表現、詩的で素敵♪
by piyomame_type-r | 2006-07-03 03:37 | せかい。 | Comments(2)