Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スペイン旅行⑧ バルセロナ観光2日目。

バルセロナ観光2日目は、バス観光からスタート!ゲホ、ゲホ・・・

e0075832_17394427.jpg
目的地① モンジュイック展望台

展望台って言うの?ただの見晴らしが良い丘の上ってウワサもあり。
海方面と街方面が見渡せるんだよぉ~。天気がイマイチだなぁ~。


サグラダ・ファミリアは街の中にボコっと建ってるのが分かるねぇ~。
地中海には客船がズラリ。魅惑の響きだわぁ~、地中海♪

e0075832_185286.jpg
目的地② Hospital de Sant Pau

すでに病院機能は移転しちゃったらしいけど、数年前まで活躍してた病院なんだって。中も見学できるらしいよぉ~。


モンタネールっていう人の設計。当時はガウディより有名人だったんだって。
正面玄関で後ろを振り返ると、サグラダ・ファミリアが見えま~す。

e0075832_1945948.jpg
目的地③ Sagrada Família

最大の目的地よね!向かいの公園で写真撮影。
大きいから離れないと全形が写真に納まらない。この公園、イイ仕事してるわぁ~。


ちなみに・・・
市内観光バスツアーなんで、コロンブス記念塔とかスペイン広場にも行ったよ。
バスの中からチラーーーーーーっと見るだけなんだけどね(T◇T)
あと、グラシア通りを歩いたんで、チョコっと写真撮れたりはしたけど。
まぁ・・・どこもオマケ程度だわよね。メインは上記3ヶ所っす。

ただ、重要なのがサグラダ・ファミリアですよ!入場が出来る手はずなの!
しかも、入場制限のある塔に上るエレベーターチケット付きΨ(`▽´)Ψ
e0075832_19202420.jpg

あのねぇ・・・ビックリした!!!!
サグラダ・ファミリアって工事中だから、中は埃っぽくて暗いものかと。
ほら、日本人の彫刻家・・・だっけ?の人。
その人のドキュメント(だったかな?)を観た時、まさに工事現場だったの。
まぁ、観たのがかなり昔の話なんだけど。でも、絶対に埃っぽそうだった!

それが、こんなにも美しさに圧倒されるなんて!!!
本当に幻想的で息を飲む美しさだった!心臓がバクバクっすよ!!!
いつか完成したら、生きているうちに完成したら、絶対に再訪したい!

まぁ、内側はまだしも、外側は超工事中っぽさムンムンだけどね。

e0075832_0511516.jpg
塔に上ると遠くから見るだけぢゃ分からないディテールまで分かるね!
豊穣の作物だと思うんだけど、よく見るとタイルっぽいのでモザイク作品になってるんだね!
意外と鮮やかな色も使われてるんだなぁ~。


思った以上に満喫して、想像以上に時間をかけて見学終了。
いや・・・見学終了せざるを得ない状況っす!次の目的地↓に急げっ!!!

e0075832_1152553.jpg
Palau de la Música Catalana

ガイドツアーに参加しないと中には入れないってコトで、事前予約してみましたぁ~。時間が決められてるんで、ココまでダッシュでしたのよ。


気付けば外観の写真が・・・あんまりないねぇ(T◇T)
ココは、サン・パウ病院と同じモンタネールの設計。モデルニスモ建築だって。
リハーサル室で簡単なビデオ上映を観てから館内見学スタート。
(↑もちろん英語なんで、ぴよまめは写真撮影班として参加。)

e0075832_1231911.jpg
現役で使用されているコンサートホールなんだって!すごいよね!!!

ガイドブックの写真で見た通り、きらびやかで綺麗なのよぉ~。大ホール天井のステンドグラスはため息もんですってば。

ただ、なんかねぇ・・・すっごいゴテゴテしてるの、全体が。


金ピカ系の派手さとはまた違った派手さなのよ。そう、ゴテゴテしてるの。
彫刻もゴテゴテ、色使いもハデハデ。現代建築だったら趣味を疑うかも。

とは言え、豪華絢爛ですっごく綺麗だったのは確か。
ツアーに参加しないと中には入れないけど、参加しなくても入口から少し奥に
入っていけるから、時間があったら来ても良いんぢゃないかと思う。
外観だけでもゴテゴテ感は感じられるしね<( ̄▽ ̄)ゞ

カタルーニャ音楽堂の売店で小腹を満たしたら、すぐ移動っ!徒歩15分!

e0075832_12261132.jpg
Palau Güell

事前予約チケットは時間指定ないんだけど、閉館時間を考慮してダッシュで来たってワケ。じっくり見学したいもんね。
チケット購入のすごい行列を横目にサラっと入場。


よぉ~く見ると、凝った格子だったり、屋上に変なオブジェがあるんだけど、
パッと見た感じでは派手さもないし、行列がなかったら通り過ぎちゃうかも。
(↑この写真は最終入場時間過ぎてから撮ったんで、人がいないだけ。)

e0075832_12354741.jpg
外観の印象と同じで、中に入っても地味な印象。部屋の柱や格子、飾りに使われてる鉄材の黒と、木材の茶色。
色と言えば、装飾の金色と、少しのステンドグラスくらいぢゃないか?(←実際にはタイルとか色物あるよ。)
細部まで拘りが強くあって、さらに機能的にも考えられた建物なんだと思い知らされる。


入口は馬車が入って来た時、うるさくないように木材が使われてたり、
乗り降りし易いように台が備え付けられてたり。
馬車庫のなんて、防虫でセラミック素材が使われてるんだとかね!
変な形の柱も、実は強度を考えられてるデザインだとかね。

屋上にある不思議な形したカラフルな煙突も、素材に拘ってるんだよ!
(↑どっかの何かを再利用したんだって。)
(↑再利用品の方が機能性が高いってコトらしい。)

『ただの変な形の建築を造る人』ってイメージだったんだけど、違ったよ。
考え抜かれた機能性と、拘り抜かれたデザイン性。共に求めるのは大変かと。
ガウディの才能を理解したグエルと、一緒に造り上げた職人達。スゴイっす!

サロンを初め、どの部屋からも楽しめるパイプオルガンは、
定期的に音楽が流れるんで、ぜひ楽しみたいトコロΨ(`▽´)Ψ

さささ、閉館時間なんで、ゴハン↓食べに行こうかと。お腹すいたーーー!

e0075832_13472225.jpg
Les Quinze Nits』。
行列ができてたけど、2人だったからかツルっと入店。ラッキーだ!

やっぱり、1度はパエリア食べたいよねぇ♪
パエリアは注文してから出てくるまでに時間がかかるみたいなんで、前菜を1品。2人前からのパエリアを考えると1品で十分。


イカ墨パエリアが美味しいらしいけど、初心者なんで素直にミックスパエリア。
お肉も魚介も入ってて、食べ応えのある1品。まぁ、普通に美味しかったよ。
(↑飛び上がるほどの美味しさを求めたらダメだと思うけども。)

隣に座ってた陽気なアメリカ人夫婦とぴよダーが会話してたんで、
久しぶりに楽しい食事となりましたぁΨ(`▽´)Ψ
(↑海外の観光客が多いらしい、このお店。)

お店のあるレイアール広場にある街灯は、ガウディ初期の作品なんだって。
行列に並びつつ、見に行ったら良いんぢゃないかと思うよーーー。
(↑ぴよまめは・・・見損ねたけどね。)
(↑いや、なんとなくは見たんだけど、意識してなかったんだな。あはは。)

やっぱり、下調べは重要だね☆
[PR]
by piyomame_type-r | 2014-09-14 14:10 | せかい。 | Comments(0)