Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イギリス&フランス旅行③ ロンドン観光2日目。

もうねぇ~、本当にグッスリでしたよ。
主寝室を貸していただいちゃって・・・本当に申し訳ないっ。°°(>д<)°°。
しかもっ!朝ごはん食べさせてもらいましてーーーー!有難いっ!!!

さて。
人様に作っていただけるごはんの美味しさを再認識したトコロで観光開始ですっ!
今日はロンドン市内を楽しむのが目的。まずは、London Pass引換所↓へ。

e0075832_0214020.jpg
事前に英国政府官公庁のHP(←嬉しい日本語♪)で買っておくんだって。
お高いんだけど、1日券なら3ヶ所で利用すると元が取れる計算らしい。市内の名所を1日巡るんだったら買っておいた方がイイってコトで・・・ぴよダーが。


無事にロンドンパスを引き換えたところで、ダッシュで移動よっ!
目指すはBuckingham Palace!今日はChanging the Guard ↓の日なのぉ!!!

e0075832_125998.jpg
バッキンガム宮殿の衛兵交代は、1日おきにやってるんだって。へぇ~、毎日やってるのかと思った。
観光客向けのパフォーマンスなのかなぁ( ̄^ ̄?だとしたら、かなり良心的だよねぇ~。

ちなみに、開始は11:30。ぴよまめは30分前に着いたんだけど、すでにそれはそれはすごい人・・・


衛兵が出入りする門の近くとか、バッキンガム宮殿の敷地をしっかり見れる良い場所は
どのくらい前に来れば取れるんだろうか・・・1時間前でも遅そうな雰囲気。

根性なし・ぴよまめは、炎天下の中で1時間以上も前から並ぶことを拒否。
30分前でも頑張ったと褒めてほしいもんだよ。
今から良い場所は無理そうなので、グリーンパーク側から道路を挟んで鑑賞。

うん・・・・なんか・・・・・・・・・・・・・不完全燃焼(T◇T)

だって、セレモニー1時間くらいの間で、衛兵が見れるのはちょっとだけなのよ。
敷地内を見れる位置にいれば良いんだろうけど、そうぢゃないから音も聞こえないし。
騎馬隊が目の前を通ったのが奇跡みたいなもんだよ、本当に・・・
場所取り肝心だね。

まぁ、気を取り直して次行こう、次!天気も良いので、歩いて移動しましょうかね。

e0075832_1103751.jpg
Westminster Abbeyへ。英国王室の所有らしい。右側の建物は寺院ぢゃない・・・はず。

戴冠式とか王室行事が執り行われるトコロだよぉ~。最近では、ロイヤルウェディングね!


写真NG。音声ガイドを借りて見学するんだけど、全部聞いてたら時間がかかる・・・
詳しく説明してくれてるのは嬉しいんだけど、時間のない観光客なもので。
ダーウィン、ニュートンが埋葬されてたり、シェイクスピアの記念碑があったり。
(↑進化論を唱え、不可知論者だったダーウィンが埋葬されてるって面白いよね。)

こう言うっちゃアレだけど、結構見所がありまっせ!戴冠式に使う椅子は必見ね!

ここまで来たらお馴染みのBig Ben↓はすぐそこ。お隣さんみたいなもんよ。

e0075832_1125824.jpg
これぞイギリス!って感じの建造物だよね!いやいや、感動するわぁ~。
ちゃんとチャイム(?)も鳴るんだよ!!!

確か、国会議事堂も入れるんだよね?議会がお休みの夏限定らしいけど。


テムズ川方面から写真撮影しようとすると人が多くて大変だったよ・・・
どっか良い場所があったのかな?

国会議事堂見学をするわけぢゃないんで、写真をサササっと撮ったら移動でっせ。

e0075832_1255621.jpg
Tower of London
『ろんどんとう』って、ロンドン島だと思い込んでたんで、ロンドン塔だったと分かった時はビックリ。
船を使って島に渡らなくったって大丈夫なのさ☆

古くは要塞、監獄として。時には王の居城として使われてたこともあるらしく、用途は多彩だねぇ。
王室の守り神・ワタリガラスも飼われてたよぉ~。


なんと言っても!Yeoman Wardersと衛兵の申し送り的なのやってて!
バッキンガム宮殿で不完全燃焼したぴよまめに火が付いたっ!
本当に目の前にヨーマン・ウォーダーと赤い服×黒い帽子の衛兵がいるヾ(* ̄▽)ツ
最高ぉーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!

ちなみに、ヨーマン・ウォーダーは、軍隊のエリートしかなれないみたいよ。
しかも、ロンドン塔に住んでるらしい。気軽に写真撮影に応じてくれる優しいのだ♪
(↑有料だけど、音声ガイドありまーーーーす。)

武器展示室には甲冑があって、和な鎧が・・・徳川秀忠からもらったんだって。
すごーーーーぐ場違い感のあるテイストで面白いから、見てみてねぇ!

そして、The Crown Jewelsっ!別料金ぢゃないのねぇっ(≧∇≦)

e0075832_1262792.jpg
要は宝物館ですよ。王室所有の宝物が惜しげもなく飾られてるのっ!

残念なコトに(とは言え、納得の)写真撮影NG。ただねぇ~、写真撮る間も惜しい!ぜひ目に焼き付けないとっ!


戴冠式で実際に使われたスプーンとか、王冠↑、王杓、宝珠の3種の神器!
歴代の3種の神器が飾られたショーケース前は動く歩道で勝手に流される式。
止まってじっくり見れないのは残念だけど、いざとなったら何度も流されればね。

ただっ!(たぶん)エリザベス女王の王冠だけは別に飾られてて、
じーーーーーーーーっくり観察できたよぉ(≧∇≦)
現役の王冠で、英国議会開会式の時とか行事の度に使われてるんだって!ほぉ!
(↑使われてる時は見ることができないんだね、残念・・・)
はっきり言って、目の前の宝石が本物とは思えないほど絢爛豪華な品々(〃▽〃)

意外に充実したロンドン塔を出れば、すぐそこにTower Bridge↓。

e0075832_1292023.jpg
現役の跳ね橋で、HPに開閉時間が載ってるから、旅程に入れてもイイかもね!

塔と塔の上を結んでる部分を歩けるのと、地下のボイラー室を見学。昔は本当に使ってたらしいよ。


さてと・・・移動しますよ、テムズ川クルーズ↓で。優雅っΨ(`▽´)Ψ

e0075832_1352738.jpg
city cruises
今回はロンドン塔近く(Tower Pier)からビッグベンの下(Westminster Pier)まで、片道で30分くらい。
小粋なジョークを交えつつテムズ川観光案内してくれ・・・・・・・てたみたい。もち、英語。


夕暮れ時のテムズ川はキラキラしてて写真撮りにくかった綺麗でしたーーー。
(↑こうゆう時は諦めて風景を楽しむに限るのよ。)

さらに電車を乗り継いで夕飯食べに行きまっせ。
ぴよ友様が待っててくれてるのぉぉぉぉぉε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ

e0075832_142514.jpg
SEASHELL RESTAURANTでフィッシュ&チップス食べましょう!
前菜から2品、スモークサーモンと小魚フライ。ぴよまめは本日のスープも♪スープはかなりしっかりした量。何より小魚ウマイ!
メインのフィッシュ&チップスですけどね?選べるのよ!何がって?色々と!魚も選べる、フライの方法、付け合せの芋の調理法も選べるの!


ぴよまめは、タラ。ポテトはフレンチフライで!基本に忠実ね☆
この魚がねぇ、本当に美味しいのよぉっ!想像してたのと全然違うの!!!
身は肉厚で大きし、フワッフワ!衣はサクッサク!!!

満腹、満足でーーーーーーーーーーーーーーーすっΨ(`▽´)Ψ
あ。このお店、同じ建物の中にテイクアウト専門のお店もあって人気らしいよ。

ちなみに・・・
ウェストミンシター寺院、ロンドン塔、タワーブリッジ、テムズ川クルーズの料金は
ロンドンパスで賄いましたもので、ガッチリ元を取ったわよーーーΨ(`▽´)Ψ
[PR]
by piyomame_type-r | 2013-08-30 23:58 | せかい。 | Comments(0)