Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

福島観光①。

午前8時・・・・・福島に向けて出発ですっε=ε=ε=ヾ(* ̄▽)ツ
(↑予定通りに出発できるなんて、奇跡に近いよぉぉぉぉぉっ!)

まずは、喜多方を目指します!そう、喜多方と言えばラーメン♪
ランチに喜多方ラーメンを食べるべく、朝ゴハンも抜いて挑んだわけよ。

地震の影響で東北方面に向かう車は比較的少ないらしいけど・・・
渋滞なく目的地まで行けるのなら、昼ごろ到着する予定。

・・・・・・・・そう、それは予定と言うより、希望(T◇T)
(↑ガッツリ渋滞にハマったらしいよ。)

夜ゴハンの時間もあるし、喜多方に行ってもゆっくり観光できなそうだから、
1日目は急遽猪苗代観光としましょうか。

その前に、やっぱり腹ごしらえしたいよね・・・やっぱり、お蕎麦でしょう!
少し遅めのランチで『おおほり』↓へ。本当は2日目に行こうと思ってたんだぁ~。
e0075832_0453098.jpg

『え?こんな所にお店があるの?』というような民家の間にある小道を進むと出現!
車も結構停まってるぢゃない・・・

14時になろうというのに、満席でね。名前を書いてから待つことに。
(↑それでも、入れ替わりの時間だったらしく、20分程度の待ちだったけど。)
ココは、天ぷらも有名らしい・・・ってコトで注文したのは↓。

e0075832_032371.jpg
特上天盛りそば(1,790円)。

天盛りそばの天ぷらよりも量が多く、海老が豪華らしい!
確かに、尾頭付きの立派な海老ちゃん。


この天ぷらをぴよダーと分けつつ、ぴよまめは盛りそば(680円)を食べる。

すごい量だよ、天ぷら・・・
(↑そばが乗っているセイロが小さいわけぢゃないから・・・)
3人組のお客さんが1人ずつ特上天盛りそばを注文したら、
店員さんに『やめた方が無難』って指摘されてたのも納得だよぉ~。

ただ、天ぷらの量が多いと言っても、種類が多いだけみたい。
1種類の具材×1つの天ぷらしかなかったので、数人で分けて食べるのは難しいかも。
量はたっぷりあるんだけどねぇ(T◇T)

おそばはコシがあって、喉越し良いお蕎麦!
十割蕎麦らしいんだけど、色白。蕎麦の香りも強過ぎない・・・かな。
非常にお上品です。

たぁ~だっ!天ぷらはそこそこ衣がしっかりついてるから、量は食べられなかったよ・・・
(↑ぴよダーは気にすることなく食べてたんで、個人差があるんだけど。)

お腹空いてる時にガッツリ食べちゃったのが悪かったかな。
他のお蕎麦も美味しそうだったから、今度は違うのを食べてみたいなぁ~。


満腹になったところで、時間もないのでちょっと移動して五色沼へ行こうかと。
駐車場のあるビジターセンターから、1時間程度で端から端までトレッキングできるらしい。
(↑片道ね。帰りは、バスを使うと良いらしいよ。)

が!まだ雪の残る所もあるらしく、道がぬかるんでるらしいから、
ビジターセンター↓で情報収集して、スニーカーで十分行けるらしい近くの沼まで行こう!
e0075832_0324768.jpg

と、ビジターセンターを見学してたら・・・雨ですがなヽ(;゜Д゜)ノ
よ、よ、よ、良かった、ビジターセンターに立ち寄っておいて・・・

少し待っても雨はやまないし、結構寒くなってきたし、今日は沼散策は断念しよう!
(↑ヘタレ。)
結構良い時間だしね。お宿↓でゆっくりするのも良いと思うよ(≧∇≦)
e0075832_0333735.jpg

ペンション・プチポワ』(↑翌朝の写真だから晴れてるのよ。)
旅行サイトで非常ぉぉぉぉぉぉに評価の高いペンション。
そこまで評価が高いと『本当なのぉ?』と、疑ってしまったぴよまめを許してください。

本当に素敵なお宿でしたから。非の打ちどころがないと言いましょうか。
痒い所にグイグイ手が届いてる感じでねぇ~。

素敵なお宿過ぎて、本当はあんまり教えたくないだすよ(T◇T)
e0075832_043729.jpg

夜はフランス料理をコースで、朝はホカホカのパン。お腹がパンクしそう!
お風呂は2つ。それぞれに内風呂と露店風呂が付いてて、完全貸切タイプ。
時間制限はあるけど、貸切なんでのんびり入浴オッケー!

しかも!2つのお風呂、泉質が違うの!
ぴよまめは、ツルツルお肌になる方が好きよぉ~♪美肌、美肌(≧∇≦)

料理もお風呂も、サービスも花丸!ぜひまた泊まりに来たいお宿でしたぁ~。
[PR]
by piyomame_type-r | 2011-05-03 23:41 | にほん。 | Comments(0)