Piyomame in Japan!!!


by piyomame_type-r
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

香港&マカオ旅行⑤ マカオ観光2日目+移動+香港観光4日目。

昨日・・・
明日は早起きして、太極拳の現場を見に行くべしっ!鳥籠持った人もいるかなぁ~♪
なんて言いましたけど・・・起きたら9時過ぎてますがなっΣ( ̄□ ̄;

いやいやいや、一応もう少し早くに目覚めたんですよ。一応ね。
で、窓から見える公園で太極拳をやってる集団を見付け、テンション上がったんだけど、
ぴよダーが起きてないから、しょうがない・・・と思って、また寝ちゃってさぁ~。
結局、行動開始は10時過ぎですよぉ<( ̄▽ ̄)ゞ
再度起きた時には、公園に人はいませんでした・・・太極拳は朝の風物詩なんだね。

今日は、香港に戻るんで、貴重な食事から開始!

e0075832_16342039.jpg
Margaret's Cafe e Nata』。

こんなトコロにお店なんかあるの?って具合の裏路地に突如人だかりが。
行列でも回転が速いので、あんまり待たなくてOK。

注文→支払い→受取り方式。


e0075832_16393113.jpg
お目当ては、エッグタルト(MOP7.00)。

お店ではcustard tartってなってました。
人気商品だからか、次々に焼かれている様子。熱々トロトロをゲット♪


う、う、う、うみゃーーーーーーーーーーーーーーっ!!!

カスタードがトロトロで、タルト部分はサクサク!タルトって言うか、パイ生地!
お店で調理してくれるサンドイッチも美味しそうだったなぁ~。
もう少し早起きして、もう少しゆっくり朝食を堪能したかったよぉ(T◇T)

とりあえず時間も限られてるんで、サクっと食べて世界遺産巡りへ、ゴー!

e0075832_1551051.jpg

あのぉ・・・数々の歴史的にも貴重な建物たちをまとめて『マカオ歴史地区』って
世界遺産登録されてるわけですよ・・・

そのまとめられている数も多いわけで、計画的に回らないと大変ですよ・・・
なぜって?歴史地区自体はそこそこの広さで歩いて移動できると言えども、
それなりに離れてるし、坂が多いからですよ・・・暑い(T◇T)

まぁ、ガイドブックに書かれている通りに進むのがイイと思います。
(↑さすがだよ、ガイドブック!よく考えられたルートが載ってたよぉ。)

それでも迷った時には、上を見上げれば標識↓があるんで、ご参考に・・・

e0075832_17281436.jpg
まぁ、参考程度にしないと、結局迷うことになるんだけど。

1つのポールに、これだけの矢印標識があるのは、それだけ世界遺産登録されているトコロが多いって証拠。

広東語、ポルトガル語、英語併記です。


いやぁ~、暑い!雨だ雨だとブーブー言ってたけど、暑過ぎるのも辛い・・・
いやいや、雨よりは全然イイんだけど。

さて、さて。
本当はココで腹ごしらえしたいトコロなんだけど、香港に戻って行きたいトコロもあるし、
船の中で食べるおやつ用にエッグタルトを再度買って、早めの撤収ってコトになりました。
それでも、なんだかんだ言って14時くらいまで観光できたんだけどね。

あぁ、朝のスタート時間が悔やまれる・・・

マカオに来た時と同じように自動販売機でチケットを買い、待機→乗船。
程よい温度設定の船内で、香港に着くまで約1時間。・・・・・・・・・・・・・・・・・爆睡。

残り1泊も、最初と同じホテルにしたから、さすがに多少は土地勘がついたかな。
マカオに行ってる間(って言っても1泊だけど)、不要な荷物を預っててもらえたし♪

ちょっと一息ついたら、やっぱりゴハン食べに行かないとっ!今夜は忙しいわよぉ~!
まずは、金鐘駅(Admiralty Station)で乗り換えて佐敦駅(Jordan Station)へ。

お目当ては2つ!

e0075832_11562337.jpg
①『麥文記麺家』。

ぴよブロ様の旅行記で見かけ、これは食べたい!と思った雲呑麺が食べられるお店。ガイドブックにも載ってた。

ちなみに、この近くにもこれまたガイドブックで見かけた雲呑麺のお店が。


e0075832_1326381.jpg
お目当ての品、上湯雲呑麺(HKD24.00)。

ち、ち、ち、小さいっ!2杯は食べられるよっ!と思うほど。
海老コクが美味しいスープと、プリプリの海老雲呑が4個。

奥は、京都炸醤麺(HKD24.00)。海老スープ付。


おぉぉぉぉぉぉっ!美味しいぃぃぃぃぃぃぃっ!!!
海老味のスープ、めちゃウマ!グビグビいける、グビグビ。塩気がちょうど良い!
雲呑もプッリプリ!

ぴよダーの食べた京都炸醤麺は、ちょっとピリ辛のタレを絡めて食べる。
京都=北京らしいので、決して日本風ではございません。

九記牛腩とまた違った細麺。(←そもそもの製法は違うらしいけど・・・)
両方ともかなり歯応えのある麺なんだけど、太さが違うと全く違った印象になるのねぇ。
こっちの方が受け入れられ易いかも・・・かも。(←ぴよまめは両方共好き♪)

モリっと盛られているとは言え、手の平サイズの器だから足りません・・・
もう1杯!と、言いたいところだけど、せっかくだからお粥が食べたい!ってコトで移動。

その前に、まずはデザートだよねぇ~♪脳にも栄養を☆

e0075832_13552821.jpg
②『義順牛奶公司』。
マカオが本店のお店だけど、その本店は休業中らしいので、香港にて訪問。・・・リンクは別の支店が紹介されてるけど。

麥文記麺家の隣・澳洲牛奶公司も美味しいらしいけど、初志貫徹!


e0075832_11194991.jpg
馳名雙皮燉奶(HKD21.00)。要は、オーソドックスな牛乳プリン。温・冷を選べます。

温かいのも美味しいらしいけど、今回は冷たいので。どこまでもベタな感じ・・・

抜粋版だけど、日本語解説のメニューもアリ。


お店のおじちゃんも『これ、牛乳プリン。これ、コーヒープリン。温かい?冷たい?』と、
所々日本語を出してきてくれるので、何の問題もなく注文できましたがな。

この牛乳プリン、結構大きいサイズ。小食女子には、1つ食べられないんぢゃ・・・
上の膜?湯葉?みたいなトコロ、苦手な人いるよなぁ~、きっと。
そんなに硬くなかったから、ペロンって食べられたけどね。

牛印食器も売られてますので、ご自宅で牛乳プリン作って食べるのも良さそうだ。
ってか、ココのお店・・・『牛乳プリンの有名な食堂』って感じなんだね。
メニューは甘味だけぢゃなく、お粥とかゴハンものがたくさんあったわよぉ~!
その分、中国語メニューからお目当ての牛乳プリンを探すのは大変なんだけど・・・
(↑そこで、抜粋版のメニュー登場しますから・・・)

その後、男人街↓をプラプラ冷やかしつつ散歩し、銅鑼湾駅へ移動。

e0075832_14284954.jpg
夜も遅くなればなるほど、賑わいが増すんだって。

この日はまだ時間が早いからか、お客さんはパラパラ程度。お店も準備中だったり。

値段交渉とか面倒なタイプ・ぴよまめは、結局何も買わずに退散。


旅前半、晴れてればもっとゆっくり買い物をしに足をのばしたかったんだけど、残念。
(↑市場関係に行くんだったら、傘差しながらはちょっと行動し辛いもので・・・)

あとは、お土産をあれやこれやと購入して、ホテルに帰ってパッキング→就寝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ、お粥( ̄^ ̄?
まぁ、諸事情ございまして、本日は撤収!撤収ですっ!!!
(↑旅してると、疲れもたまってか、内乱勃発するコトあるのよ。あるでしょ???)
(↑いやいや、ぴよまめが悪いと言われればそうだけど・・・買い物は1人でするに限る!)
[PR]
by piyomame_type-r | 2010-09-24 15:56 | せかい。 | Comments(0)